Noism1×みなとぴあプロジェクションマッピング&金森さんゲスト登壇「交わす言葉のチカラ ライブセッション」に行ってきました!

Noism1『砕波』×みなとぴあプロジェクションマッピング

日時:9月15日(金)19:00
会場:新潟市歴史博物館みなとぴあ 本館前特設ステージ 無料
http://noism.jp/npe/noism1_hikari2017/

ステージ前の芝生広場は18:00開場。
お天気に恵まれ、みなとぴあに17:30頃に到着すると、既にshinさんたちや一般の方たちが並んで開場を待っています。私は列の最後尾へ。

正面の特設ステージはそこそこ高さがあり、あまり前に座ると見上げる形になって、かえってよく見えなさそう。。ということで、「やや前寄り」のあたりにshinさんたちと座りました。
そうこうしているうちに、次々と見知った顔の人たちが集まり、一画を陣取りました。

18:30から、みなとぴあプロジェクションマッピング開始。この時間はもう暗くなっているのですね。
そして19:00、篠田昭新潟市長の挨拶のあと、いよいよNoism1登場です!

演目は『砕波』!!
9/1に開催された「開港5都市 景観まちづくり会議2017 新潟大会」開会式でNoism1が踊った作品です。
プロジェクションマッピングのために少しアレンジされていますが、ほとんど変わりません。
とは言え、周りの環境が違うので(なんと言っても野外ですし、見る方は椅子ではなく芝生の上に敷物)、雰囲気が全く違います。

もちろん照明はありますが、暗闇に黒い衣裳なので、後ろ向きにユラユラ揺れる姿など、怖さも伴って見えたりします。さながら夜の海。
でも、基本カッコイイですね~♪
群舞での激しい踊りの後に、井関さんが登場し、白い衣裳で女神さまのようです。
うっとりします。

『砕波』、たっぷり堪能させていただきました。
2回も観られるなんて、しあわせ♪

終わった後はブラボーの嵐!
陣取った仲間たちの歓声が夜空に響きました。

★ツイッターより:
・みなとぴあ「光の饗宴」でのNoism1「砕波」 屋外かつ水辺の会場と、作品とがピシッと噛み合う。見易くもこのカンパニーの凄みを伝える演目としてレパトリーになってほしい。ざわついていた客席が水を打ったように静まり、井関さんの舞踊に「あの人誰?」と語り合うカップルもいた

・みなとぴあでの「光の饗宴」関連イベントへ。プロジェクションマッピングは大迫力で面白いけど、やっぱり Noismは凄いな~。樽砧とか笛とか和風の音楽に合わせたパフォーマンスに、映像とのコラボ、お見事です。

・堪能した。沁みた。潤った。元気もらった‼︎

★いぽぽぽぱんぱさんがブログで詳細ご紹介:
https://ameblo.jp/ipopopopanpa/entry-12311412070.html

そして、幸せな気持ちを胸に、翌日は、金森さんがゲスト登壇するイベント、
◆「交わす言葉のチカラ ライブセッション」に行ってきました!

日時:9月16日(土)13:30-(13:00開場)
会場:新潟県民会館〈小ホール〉入場無料
主催:NPO法人新潟ねっと
http://noism.jp/livesession_20170916/

このライブは、引きこもり支援の福祉イベントです。金森さんの知人で、建築家・ライターを経て社会福祉士として活動している村山賢さん運営の「新潟ねっと」が企画しました。
金森さんが福祉関係のトークイベントに出るのは初めてではないでしょうか(金森さんは第二部に登壇します)。
開始前の客席には金森さん、井関さん、山田さん、Noism1&2メンバー全員の姿も。

定刻になると、ステージに村山賢さんとゲストの成宮アイコさんが登場し、イベント開催の経緯・目的を説明。そのあと第一部、成宮アイコさんの自作詩朗読×青山祐己さん歌・ピアノのライブセッションが始まります。
成宮さんの朗読は魂の叫びです。青山さんの歌・ピアノも成宮さんの絶叫朗読にぴったりとマッチしていて、激しくも優しさのあるお二人のライブセッションでした。

資料によると、成宮さんは強迫神経症、社会不安障害患者で、幼少時から家庭環境や人との関わりに恵まれず、ずっと生きづらい思いをしてきたそうです。19歳の時「こわれ者の祭典」に足を運んだことがきっかけで自らも活動を開始。活動当初は怖くて舞台に上がれず舞台袖で朗読。観客の顔を見て朗読できるようになるまで5年ほどかかったそうです。
それから10年ほどたった今、この日初めて成宮さんのライブを見た金森さんも感嘆するほどの朗読舞台人となり、福祉イベント等で活躍しています。

第二部はいよいよ金森さん登場。
「舞踊家・芸術監督 金森穣×社会福祉士 村山賢」と題したトークセッションです。
金森さんと村山さんは7年ほど前に、村山さんがライターとしてNoismの本を書いたことがきっかけで知り合いました。
村山さんはこのイベントを企画するにあたり、社会福祉士の対極にいる人として、金森さんに対談を依頼したそうです。村山さん自身、10年前にうつ病を患い、2年間ほど引きこもり状態だったそうですが、今は元気で多様な活動をしています。

トークセッションは、「若かりし頃」、「言葉について」、「生きづらさについて」、「病気」、「最近これ気になるわ~」、「「生きる」を迷っている若者たちへ」、をテーマに、進行役でもある村山さん独特のブラックユーモア(?)を交えつつ、一応和やか(?)に対談は進みました。

大変おもしろく興味深いお話ばかりで、編集してYouTubeで公開するかもしれないそうなので、どうぞお楽しみに。
たくさんのお話の中から、他のテーマとも関連する、「「生きる」を迷っている若者たちへ」の、金森さんからのメッセージをお伝えします。

若かりし頃、金森さんはダンスを学ぶため、17才で渡欧しますが、言葉が全く通じず、友人もできず、学校では笑われ、ひどい孤独感に苛まれ、3ヶ月ほど引きこもり状態になったことがあるそうです。
何もできず、身体を動かす気力もなく、部屋で横たわっているだけの自己否定の日々。「死」も考えたそうです。

悩ましい、そんなある日、金森さんに神秘が訪れます。
身体が呼び起こした大いなる神秘でしょうか。
自分の苦しい気持ちや感情とは関わりなく、心臓は鼓動し、脈は拍動している。
その心臓や脈拍の動きを強く感じたのだそうです。
自分は生きている。生かされている。
もちろん、その動きをを自分で止めることはできる。
けれど、そうではない。自分は生かされている、大きな何かによって生かされている。

目に見えない力により、金森さんは、自分は生きていていいのだ、生きなければならないと得心したのだそうです。

それからの金森さんは、言葉がわからなくても、仲間がいなくても、人に笑われても、全く動じず稽古に励んだそうです。
そうすると不思議なもので、周りが助けてくれたり、友人ができたり、学校で認められたりしていったのだそうです。

あの孤独の3ヶ月間があったからこそ、今の自分があると金森さんは話されました。
親からも友人からも隔絶された日々。
今であれば、ラインやSNS、ネット等で簡単に繋がり、孤独は癒されただろうが、そういうものはまだなかった。

現在ではいじめの温床にもなる、そういったツールを、当時の自分は欲していたし、もしあれば救われただろう。
でも、それでは今の自分はない。
そういうものがまだ無い時代、ギリギリ孤独でいたことが、今から思えばよかったと言える。

その時、その瞬間に悩みや苦しみを解決、解消しようと思わないこと。
生きてさえいればなんとかなるし、遠回りをしてよかったと思える時がきっと来る。
自己否定している自分自身を受け入れ、人のことは気にしない。
他者との比較は無意味。

という感動的なお話でした。

引きこもりの人たちに限らず、若者に限らず、人間は誰でもいつでもいつまでも、悩み苦しみはつきもの。
苦しい瞬間にとらわれず、長い目で人生を考えていきたいと思いました。

イベントはこのあと休憩をはさみ、第三部は当事者のお話となりますが、私はここで失礼させていただきました。
どうもありがとうございました。

感動の2日間が終わり、今月末9月29日(金)から、NIDFいよいよ開幕です!
貴重な機会を、どうぞお見逃しなく!
(fullmoon)

Noism1『砕波』、「かわみなと」新潟を描く   @開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会・全体会議Ⅰ

2017年9月1日(金)、夏に別れを告げたかのような涼しいここ数日から一転、
鱗雲が浮かぶ、秋めく高い空ながら、気持ちよい暑さが戻ってきた新潟市中央区は、
萬代橋のほとり、新潟日報メディアシップ2Fの日報ホール。

来年度(再来年)に開港150周年を迎える新潟市で、
「開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会」が開かれ、
その全体会議Iにおいて、他の4都市からの来訪を歓迎する意味合いから、
新潟市が誇る「文化資産」Noismによる新作『砕波(さいは)』がこの日披露されました。

開会時間14時の約1時間前に着いてみると、
既に見知った顔が開場を待っているのが目に飛び込んできました。
その後、一緒に並んでいる間も、開場して席に着いてからも、
みんなの顔は内心の期待値を反映してみるみる上気していきます。

予定時刻ちょうどに開会が宣言されると、
新潟大会実行委員長の挨拶、
篠田昭・新潟市長の挨拶を経て、
十数分後、Noismの特別パフォーマンスが始まりました。

先ず、5分弱、スライドを使って、Noismがどのような舞踊団であるのか駆け足で紹介され、
それが投影されていた電動スクリーンが上方に片付けられると、
照明が消え、両脇から人が入ってくる気配。

ホール前方のスペースに、飾り気のない簡素な照明が入ると、
黒いジャケットと黒いパンツに身を包んだ9人が凛々しい立ち姿で一列に並んでいます。
女性5名、男性4名、井関さんを除いたNoism1メンバーと準メンバーです。

聞こえてくる波の音に合わせて、左右に緩やかに体を揺らせる同調性と
それを乱すかのようにひとりから発しては拡がるまた別の動き。
しかし、やがてそれもまた全体に吞み込まれていきます。
それはまるで、凪いだ海と静かに寄せる波。
更に時折、タイトル通りに砕ける波の激しさも見せます。
過去「裏日本」と呼ばれもした暗い海(日本海)を表象する滑り出しです。

音は変わり、樽砧へ、やがて太鼓へ。
更に箏と笛(或いは笙)の楽へと引き継がれていきます。
それは新潟を取り込んで、純日本風。
対する9人、ジャケットを脱ぎ去り、黒のタンクトップやTシャツ姿になってからも、
そのダンスは一貫して、概ねとてもソリッドです。
しかし、常に硬質な日本海の波のようであるだけでなく、
途中、港町で暮らす人を描いているようでもあり、
着物を着た女性の粋、「しゃなりしゃなり」を思わせるユーモラスさなども顔を覗かせるなど、
その変幻自在振りに目は釘付けになるより他ありません。

とりわけ、「よさこい」風に、「はっ!」とか「よっ!」という掛け声を発しながら
激しく踊られた「和」テイスト濃厚の群舞はNoismでも珍しい光景だったと思います。

開港5都市中、唯一日本海に面した港湾都市「新潟」がNoism流に可視化されていきます。
Noismを目にするのは初めてだった(かもしれない)他の4都市から来られた方々同様に、
Noismを見慣れている筈の私たちにとっても、
それは「新潟」を踊る、目新しいNoismを目撃する貴重な時間だったと言えます。

9人がその体を床に横たえ静止すると、今度は、下手側から白い衣裳の井関さんの登場です。
井関さんのソロパートはそれまでとは対称的に、光が射すように、とても優美な印象で、
精霊を思わせるその手足のしなやかな長さが見つめる者の目をことごとく射貫いていきました。

それを再生と見るか、開かれる新たな一頁と見るか、
井関さんから生命力が伝播したかのように、横たわっていた9人は順次立ち上がり、
井関さんの方は下手に退場します。
冒頭と同じ波の音が聞こえるなか、9人がやはり冒頭と同じ一列を作ると、
照明が落ち、約15分の作品が終わりました。

客席からは、大きな拍手と「ブラボー!」の掛け声、
更に井関さんにブーケが手渡されるなど、
観る者全てに大きな印象を残してNoismの特別パフォーマンスは締め括られました。
直前に篠田・新潟市長がその挨拶で触れた「新潟の文化発信力」、
それを先頭に立って引っ張るNoismの面目躍如たるところを示せたものと思います。

そして、上にも書きましたが、いつも様々な「遠い世界」を見せてくれるNoismが、
この日は、私たちにとって身近過ぎて、意識にものぼらない「新潟」を題材に、
新作を見せてくれた訳ですから、それはとても貴重で誇らしい時間だったと言えるでしょう。
****  ****  ****  ****  ****  ****

この日のお目当てだったNoism『砕波』の後の全体会議Ⅰでは、
まず、参加5都市からの活動報告が行われ、
休憩を挟んで、卜部厚志氏(新潟大学)と野内隆裕氏(路地連新潟)を講師に迎えた
基調講演「砂丘のある港町・新潟~ブラタモリ新潟を深く掘る」があり、
予定された17時まで、日本最大級の砂丘の街・「かわみなと」新潟について、
存分に愉しい学びの時間を過ごすことが出来ました。
しかし、そちらは私の手に余る内容ですし、
このブログの趣旨からも外れますしで、
「それはまた、別のお話」ということにさせていただきたいと存じます。m(__)m
(shin)

Noism1特別パフォーマンス 新作『砕波』 +公演情報 追加 「みなとぴあプロジェクションマッピング×Noism1」

9月1日(金)14:00~開催の新潟市のイベント、「開港5都市 景観まちづくり会議2017 新潟大会」にNoism1が出演!
全体会議の開会式で新作『砕波』を披露します。
(定員に達したため申込受付は終了しました。)

①Noism1パフォーマンスは開会式のあと、すぐの予定(10~15分程度)。
②全体会議は15:30頃に休憩を予定。
③駐車場はありません。
http://noism.jp/n1pf_kaikou5_2017/

新作『砕波』楽しみです!

そして、8/29に新しい公演情報が公式発表されました!
追加掲載いたします。

◆Noism1×みなとぴあプロジェクションマッピング

演出振付:金森穣
出演:Noism1

日時:9月15日(金)19:00
会場:新潟市歴史博物館みなとぴあ 本館前特設ステージ
入場無料・申込不要
問い合わせ:新潟市役所コールセンターtel.025-243-4894

Noism1がプロジェクションマッピングに驚きの初登場!
上演は19時からですが、ごく短いパフォーマンスのようです。遅刻厳禁。
プロジェクションマッピング自体は18:30開始、21時まで。
http://noism.jp/npe/noism1_hikari2017/

そして、金森さんが登壇するトークイベント。

◆「交わす言葉のチカラ ライブセッション」
日時:9月16日(土)13:30-(13:00開場)
会場:新潟県民会館〈小ホール〉
入場無料、先着300名。事前予約不要。直接会場へ。
主催:NPO法人新潟ねっと
http://noism.jp/livesession_20170916/

NIDF新潟インターナショナルダンスフェスティバルも近づいてきましたね。
9月29日(金)19:00 韓国 大邱市立舞踊団
10月8日(日)15:00 シンガポール T.H.E.ダンスカンパニー
10月15日(日)17:30 中国・香港 城市当代舞踊団
※各公演終了後にアフタートークあり。各舞踊団芸術監督×金森穣
http://artscouncil-niigata.jp/nidf/

どうぞお見逃しなく!

閑話休題:

音楽 福島諭、映像 遠藤龍 他によるライブ開催!
◆Reflect the Glimmering Breath
[音楽・映像・立体によって形作られる、ライブアート・イベント]

福島諭+福島麗秋(音楽)、遠藤龍(映像)、高橋悠+高橋香苗(立体)
日時:8月27日(日)17:30開演
会場:ギャラリー蔵織(新潟市中央区西堀前通1)
料金:前売・予約2,500円/当日:3,000円
主催:fish scores
後援:日本電子音楽協会
チケット予約・問い合わせ:080-1082-1874(福島)

「かすかに光る 呼吸 を反響させよ」と題したライブ。音楽はどのように生まれるのか。どのように定着するのか。問いかけ、見つめ直します。
http://www.shimaf.com/rgb/

加藤千明 ソロダンスパフォーマンス「充」
日時:9月9日(土)16:00、19:00/10日(日)14:00、17:00 ※全4回
会場:砂丘館 蔵ギャラリー
料金:1,500円(学生1,000円)
申込:砂丘館025-222-2676

元Noism研修生の加藤千明さん。元Noism1所属の中野綾子さんとダンスユニット「四ツ屋ハウス」を展開中。東京でヨガインストラクターとしても活動しています。
https://www.sakyukan.jp/2017/08/5614

どのイベントも、どうぞお運びくださいね♪
(fullmoon)

Noism特別パフォーマンス@「レオナール・フジタとモデルたち」展

新潟らしい空模様のなか、そしてお盆のど真ん中ではありますが、行って参りましたNoismの今夜限りの特別パフォーマンス!!

受付を済ませてロビーにて開場を待っていると、サポーターズ会員の皆さんが次々と。「お久しぶりです」と挨拶を交わし、一夜限りのパフォーマンスへの期待や次回の公演の話題などで盛り上がり、あっという間に開場の時間となりました。

今回、先着70名とのことでしたが、上回る応募があり、立ち見席後ろに更に追加があった模様です。

一度閉館となった美術館の中に再び入場。

会場となったのは、フランスからやってきた4点の壁画の前でした。

【構図】「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」【争闘】「争闘Ⅰ」「争闘Ⅱ」

これらの壁画は、いずれも2点組で対をなすと考えられ、1点が縦横3mという大作であり、横に長く会場の中でも開けたスペースに展示されています。

 

今回のパフォーマンスのタイトルは『DoGoD』

最初に現れたのはフジタを想わせる「男」

次に現れたのは「女」

女はフジタが生きた時代のモードなファッションを想わせるような服を纏っている。

「男」と「女」は女であり、男であり、プライドも力も優勢も混迷し、その出会いから別れまでフジタの人生をイメージさせた。

そして壁画の世界をリンクさせてくる男女の舞踊。

乳白色の肌を想わせる衣装で舞踊家達の動きの一つひとつに魅了される。

『DoG』 『GoD』 二つの言葉

イメージは無限大に広がる。

確固たるNoismの身体性をもって表現されたフジタの世界。

絵画を自由に楽しむ時間のように、本日のパフォーマンスを噛みしめています。

フジタも天界から眺め観て、満足していたに違いない(^^)♪

 

開演までの時間、隣の席の方が公演情報のフライヤーを見ながら、「次回作って、この人たちの代表作なんでしょう~」と話していました。

そうです!次回公演は新潟インターナショナルダンスフェスティバル[NIDF2017]にてNoism代表作の『NINA』がお目見えします!!2017.12.15(金)~17(日)の全3日間。東アジアツアーを経ての新潟凱旋公演となります。

埼玉では2018.2.17(土)~18(日)

詳細はNoismホームページにてご確認ください。

http://noism.jp/npelist/

また、217.9.1(金)には、開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会Noism特別パフォーマンスが!https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/tokei/keikannituite/keikan/kaiko5toshi2017.html

お見逃しなく!

 

aco

 

 

 

 

 

 

 

中川賢さん、「故郷に錦を飾る」富山県射水市・高周波文化ホールの巻

2017年8月11日(金)、祝日「山の日」の富山県射水市、高周波文化ホール。
この日、富山県芸術文化協会等が主催し、開催された芸術鑑賞・洋舞公演は、
中川賢さんが当地の和田朝子舞踊研究所出身ということで実現した1日限りの特別公演。

予定された16時を少しまわり、和田朝子舞踊研究所による第1部が始まる頃には、大ホール(1220席)の客席は満席。
やがて聞き覚えのある華麗な楽の音が響き、緞帳が上がります。最初の演目は『チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲』。名曲に合わせたクラシックバレエ・スタイルの、華やかで美しい作品でした。もう一人前のバレリーナといった趣の女性たちに混じって、まだ幼いプチバレリーナちゃんたちが元気一杯に登場してくるのを見ていると、ついつい保護者目線になってしまい、目尻が下がり、頬が緩んでくるのを禁じ得ませんでした。

続く2番目の演目は『握手の魔法』。「けんかしてても大丈夫 握手しようよ」と、子どもたちの純真さ・溌剌さが眩しい作品だったのですが、大勢の女の子のなかに唯一人、半ズボンをはいた男の子が含まれていました。一旦、その子を目に留めると、幼い日の中川さんもこんなふうだったのかしら、と勝手に想像してしまい、微笑ましくて、そこからはもうその子の姿を追うことになっていました。

その後も、今回の公演ポスター&チラシにその画像が用いられた、下村由理恵さん、柳下規夫さんら5人による大人テイストの意欲作『金糸雀(カナリア) 最後に見る夢は…』に至るまで、第1部和田朝子舞踊研究所パートは全7作品、様々なタイプの舞踊作品が並ぶ充実したラインナップで、どの作品にも場内から大きな拍手が送られていました。

*****  *****  *****  *****  *****  *****

20分間の休憩をはさんで、第2部、Noism1(8名)による『Painted Desert』です。「高周波文化ホール」という名前とは関係ないのでしょうが、りゅーとぴあで観るときより音圧が高いように感じられる音響が、会場全体に、休憩前とは全く違う空気感を作り出すと、闇のなか、滑るように緞帳が上がっていきます。
第1部の出演者の家族、親戚縁者、友人、知人も多く含まれていたのだろう会場は、安心して自らを委ねることができるメロディが不在で、代わりに発せられる途切れることのないノイズの渦中で繰り広げられる舞踊に接し、最初、少しそわそわしている感もありましたが、Noism1のメンバーたちがその突出した身体性でねじ伏せていきます。白1色と影だけによる抑圧的、静的な時間が続いたあと、舞台が次々美しい色を纏うようになる頃には、観客たちも揃って自らを作品に同調させることが完了していたようです。

本作のクライマックス、池ケ谷さんと中川さんのお互いコンタクトのみを頼りにした盲目のパドドゥと、その後、目を開いてからのコンタクトなしのパドドゥが、この大きな会場の後方の席でもキチンと見えていたのならいいのですが、そのあたり、どうだったでしょうか。しかし、たとえそれらが判別し難かったにせよ、ふたつの身体が発する緊張感に圧倒されて、客席はみじろきもせず、固唾を飲んで見入るより他ないようでした。

ラスト、池ケ谷さんが口の動きのみでゆっくりとタイトルを伝えると、スルスル下りてくる緞帳。終演。一瞬の静寂の後、鳴りやまぬ大きな拍手。そしてカーテンコール。メンバーから手招きされて、振付家・山田勇気さんが舞台に上がると、喝采は一段大きなものとなりました。

また、客席からは「ブラボー!」の声のほかに、「さとしさ~ん!」という黄色い声も聞かれます。「さすが中川さんの故郷だ」などと感心し、納得していると、今度は舞台上手袖から赤の洋装の女性が大きな花束を手に満面の笑顔で登場し、舞台中央に進み出て、中川さんにそれを手渡しました。若き日の中川さんを指導されていた和田朝子さんです。中川さんがハグを返してまた大きな拍手。「半ズボン」の少年(恐らく)の立派過ぎる凱旋に対して会場中から送られた拍手は心のこもった温かいものでした。「ちょっと遠かったけれど、心温まる、とてもいい舞台だった」、そんな思いを胸に会場を後にしました。 (shin)

8/9(水) NHK-BSプレミアム『京都異界中継』 ご覧になりましたか

2017年8月9日(水)19時からNHK-BSプレミアムで放送された『京都異界中継』

「あなたの知らないもう一つの京都」がある。
夏の夜、京都の街にある「異界」への入り口から
4時間に渡って生中継。
貴船神社、伏見稲荷大社、名だたる伝説の地から送る!

そう銘打たれた NHK-BS この夏屈指の大型企画「スーパープレミアム」、
みなさん、ご覧になりましたか。

放送に先立って井関さんがSNSで、その登場を知らせてくれた3つの時刻、
19時23分、20時45分、そして22時00分をターゲットにしながら、
この日取り上げられた多様な怪異譚「百物語」を追うことで、
歴史が幾重にも折りたたまれた「古都」京都の奥深さを楽しみました。

**********************
以下、ネタバレを含みますので、
この後、録画で番組をご覧になるという方は
ご覧になってからお読み頂きたいと思います。
**********************

以下に、Noism関連パートについて記します。
その一。まず、予告された時間を若干遅れた19時29分、伏見稲荷大社からの中継。
百物語の第七話「柱の穴より 児(ちご)の手がまねくこと」(平安「今昔物語集」より)
女優の中嶋朋子さんが「夜な夜なひらひらひらと手招きする」と語るその奥、
赤い鳥居の間から、スッと直線的に伸ばされた不気味な上向きの右手による手招き。
語りの進行に合わせて、自然な色合いからやがて青みがかった緑色に染まるのは下向きの左手。
「矢を一本ぶすりと穴に突き入れた」の件に至り、
こわばる苦悶のその手は右手だったはずが、やがて左手に入れ替わっています。
なんとも表情豊かな井関さんの手、そして腕。

その二。20時46分、「白狐の住む山」のタイトルからの伏見稲荷大社、再び。
第四十八話「ある男 女狐の化けた美女と会うこと」(鎌倉「古今著聞集」より)
左右に分かれる千本鳥居の手前、赤い衣裳の井関さんと白い面を付けた吉﨑さんが
妖しく絡み、ふわりと妖しく回ります。
「おつきあいすれば、あなたは死にます」と言い出す女。
「あなたの代わりにわたくしが死ねばそれで済むこと」とも。そして女は扇をねだる。
ーーー逢瀬の顛末。広げた扇の下の狐の亡骸、法華経、そして一度だけ夢に現れて消えた女。
夢と現(うつつ)、そのあわいをたゆたう摩訶不思議な感覚。
ラスト、吉﨑さんの面を外し、自ら付ける井関さん。
語りを終えた中嶋朋子さんの背後に留まる井関さんの白い面が
妖しい雰囲気を醸し出したまま締め括られました。

その三。22時00分、「戦国リアル残酷」というタイトルから三たびの伏見稲荷大社。
第八十四話「伏見稲荷炎上」(室町「経覚私要鈔」「応仁記」)
語りは文楽の豊竹咲甫太夫(とよたけさきほだゆう)さん。
このパートの井関さんと吉﨑さんですが、
ちょっと見では、見知ったはずの「人」の身体とは捉え難い、
均整を欠いた禍々しさが目を撃つ姿で登場してきます。
まず、右側の鳥居の奥から、面を付け、黒い布の下に赤い衣裳、剥き出しの両足。
やや体を縮ませた前屈みの姿勢だというだけでなく、
全身のプロポーション中、頭部の存在感が突出した、
異様で、アンバランスな身体で踊る井関さん。
代わって今度は、左の鳥居奥から、やはり面を付け、如何にも偉丈夫な立ち姿ながら、
動きにどこか異様なぎこちなさを漂わせた吉﨑さんが現れます。
ほどなく、彼が体を回転させると、
その動きの異様さは面を後ろ頭に付けていたからだとわかります。
一方、カメラが再度、井関さんを捉えます。すると、「えええっ!?」
ろくろ首のお化けのように首が伸びて、頭部が上方にあがっていくではありませんか。
時を置かず、伸びた首の下にもうひとつ、笑みを浮かべた井関さんの頭部が現れ、
ふたつの頭部が並んで、こちらも種明かし。
伸びた首は井関さんの右腕、上方に移動した頭部はその先にあったことがわかります。
けれん味たっぷりに「異形」が可視化されるパートでした。

以上、井関さんと吉﨑さんの登場シーンは合わせても10分程度の短いものでしたが、
3つが3つとも肌合いを異にするパフォーマンスだったことで、大いに楽しめましたし、
4時間の生中継のなかで、際だって「異界」を見せてくれていたように思いました。
私は、特に3番目(第八十四話)、「異形」が生々しく顕現する様にゾッとさせられました。
みなさんはどうご覧になりましたか。 (shin)

8/13(日)夜 Noism1 特別パフォーマンス!

皆様、申し込まれましたか?
お盆の夜、美術館での一夜限りのNoism1特別パフォーマンス!
藤田嗣治の展覧会「レオナール・フジタとモデルたち」展の会場で、フジタの絵画から着想を得た創作パフォーマンスが開催されます♪

Noism1特別パフォーマンス
日時:2017.8.13(日)18:45開演
会場:新潟県立万代島美術館〈展示室〉

入場料:
当日有効の展覧会観覧券が必要です。
[当日券]一般:1,200円、大高生:1,000円、中学生以下:無料
要事前申込(先着70名)

お申込み:
7/28(金)より受付開始(先着70名)
万代島美術館に電話で申し込み:025-290-6655

◆NIDF2017
大邱市立舞踊団(韓国) / T.H.E ダンスカンパニー(シンガポール)/城市当代舞踊団(中国)

各公演 一般:4,000円、U25:3,200円
単券、セット券、好評発売中!
http://artscouncil-niigata.jp/nidf/

Noism1 『NINA』のチケット発売は10/15(先行10/13)になります。

◆開港5都市景観まちづくり会議 2017新潟大会
Noism特別パフォーマンス

パフォーマンスについての正式発表はまだですが、全体会議のプログラムの中で開催される予定です。

日時:9月1日(金)14:00~17:00
会場:新潟日報メディアシップ2階 日報ホール(新潟市中央区万代3)
定員:先着200人
http://www.nii-port.com/

全体会議は講師を迎えて、「砂丘のある港町・新潟~ブラタモリ新潟を深く掘る」をテーマに講演・パネルディスカッションが行われるそうです。
ここにNoismがどう絡むのかわかりませんが、全体会議への参加申込は受付中です。

申込:新潟市まちづくり推進課
TEL 025-226-2716 FAX 025-229-5190
machisui@city.niigata.lg.jp

さて、夏休みもそろそろ終わり、Noism 14thシーズン、8月から始動!
8/11 Noism1富山公演、8/13 Noism1万代島美術館パフォーマンスと公演が続きます。
楽しみです♪
(fullmoon)

会員の皆様に、Noism1富山公演&NIDF2017のチラシをお送りしました

暑中お見舞い申し上げます

りゅーとぴあは改修中で休館、そしてNoismも夏休み中。
ですが、着々と準備は進んでいます。
公演情報等は当ホームページのメニュー欄からも、どうぞご覧くださいね♪

閑話休題:

Noism2『よるのち』演出振付の平原慎太郎さんと彼のカンパニーOrganWorksの砂丘館での、 歴史的24時間公演、無事終了しました。
私は残念ながら全部は見られませんでしたが、かなりがんばりましたよ。
24時間中、完全休憩は2時間×2回のみという過酷な耐久ライブ。
1時間ごとに内容の濃い、多様な公演が続きます。
公演と公演の間の小休憩のときも平原さんやメンバーがどこかで踊っています。
出演者&完走された方々&砂丘館の皆さんに拍手!

出演者には、『箱入り娘』でニート役だった元Noism1の佐藤琢哉さんもいて、ますますお元気そうでしたし、Noism1準メンバーとなる、Noism2の鳥羽絢美さんもお手伝い協力していました♪

さて、24時間公演の折込チラシの中に、9/9,10 砂丘館での、「加藤千明ソロダンスパフォーマンス」の予告チラシがありました!
加藤さんは元Noismの準メンバーで、元Noismメンバーの中野綾子さんと二人でこれまでいろいろなパフォーマンスをしてきました。
公演は8月上旬予約開始(砂丘館)のようです。ぜひどうぞ。

では皆様、楽しい夏をお過ごしくださいね♪
(fullmoon)

Noism2『よるのち』楽日、1日2公演を満喫

2017年6月25日(日)、Noism2特別公演『よるのち』楽日。
この日は早くから購入していた18:00の回に加えて、
頑張って20:00の回の当日券も手に入れ、2回観てきました。
否、観る側が「頑張って…」などと書いたりするのは、
ホントにおこがましいくらい、大熱演の2公演でした。

前日(中日)18:00の回を観て帰路に着く私の心に、
何か後ろ髪を引かれるような思いが残ってしまっていたのです。
その正体とは、あれだけの舞台を1時間後にもう一度上演するなら、
「本当の『よる』」の時刻に『よるのち』を観てみたい、という血の騒ぎ。
同時に、20:00の回を見ようと入場していく人たちへの嫉妬心に似た気持ち。
それは、私だけでなく、多くの人に共通するものだったようです。
楽日、2公演の客席には、同じ顔ぶれが何人も見受けられたことが
如実にそれを物語っていました。
平原慎太郎さんと若き8人の「吸血鬼」に
嬉々として自らの血を差し出そうとする
まさに「被吸血鬼」の群れと言えそうです。(笑)

さて、話は少し脇へ逸れますが、
数多の「吸血鬼」もの映画が描いてきた、最も恐ろしい場面といえば、
いたいけで疑いを知らぬ美少女を捉えたカットに
背後から「吸血鬼」がフレームインしてくる場面と言い切って
間違いないでしょう。
そのシーンを成立させているのは、情報のギャップです。
「誰が『吸血鬼』なのか」という情報に辿り着けずにいる少女を、
とりあえず情報を手にし得る立場にある観客が見詰めることで、
そこにサスペンスが生まれることに説明は不要でしょう。

今回の『よるのち』の観客についてはどうでしょうか。
選んだ席によって見える場面もあれば、見えない場面もある。
それがかなり重要な鍵を握る場面であったとしてもです。
それこそまさに情報のギャップ。
私たち観客も、安穏として観ていられなかった筈です。
つまり、作品世界の時空が、私たちの現実世界を巻き込み、
浸食して拡がっていたのだと言えます。
私たちは作品の後半、鳥羽絢美さんが操る「妖力」の類いに
しっかり捉えられてしまっていたのではないでしょうか。
そのため、何度も進んで自らの血を差し出そうと
あの洋館に通い詰めた(或いは、通い詰めたくなった)のです。

初夏の怪奇譚。
全5公演中の4回、
彼女たちが示した、研修生カンパニーという以上の
見事なパフォーマンスを心ゆくまで堪能しました。
(細かいことですが、楽日20:00からの公演を観て、
早い回と遅い回とでは、カーテンの使い方が
違っていることも確認できましたし。)

しかし、あの「吸血鬼」たちであれば、
「またすぐにでも血を差し出したい」と、
なかなか血のたぎりが鎮まらないのは私だけではない筈です。(笑)
再演は難しいかも、ですけど。 (shin)

Noism2『よるのち』中日、「さ、噛むまでよ。噛むだけ。」

2017年6月24日(土)、Noism2特別公演『よるのち』中日は2公演の日。
前日に続いて私の2度目の鑑賞は、18:00からの早い回でした。
初日の舞台を観て、私に書き得る大概のことは既に書いてしまっているため、
今日は短めに。

(この投稿は、初日のコメント欄に載せていたものを、読みやすさに配慮して、
若干の加筆・修正を施したうえで、独立した投稿に改めたものです。
その点、お断りしておきます。)

前日はド正面、議場の「36番」椅子席に座ったのですが、
この日は角度を付けて、正面上手側最前列のクッション席を選びました。
すぐ前を、鳥羽さん、西岡さん、秋山さん、西澤さんはじめ若い身体が
空気を震わせながら妖しく舞い踊るのを直視できる席です。
臨場感たっぷりに、大迫力で舞台を満喫できる点で、ここ、お勧めです。

8人の若手舞踊家揃って、大熱演の『よるのち』。
2回目の鑑賞となるこの日は、
片山夏波さんのダンスに目を奪われました。
目の動き、表情を含めて、
まさに何かが降りてきて憑依し、彼女の肉体を借りて踊っている、
そうとしか思えないような凄みに溢れていました。
そして、ラスト、彼女が見せる象徴的な「噛む」行為は、
驚愕で、身震いがするほどです。

『よるのち』、この雰囲気たっぷりの舞台に向き合うのに、
何も難しいことを考える必要はありません。
作品中間部の鳥羽絢美さんの台詞「さ、噛むまでよ。噛むだけ」が
そのあたりを端的に表してくれているとも言えます。
身構えることなく、ただ見詰めるのみです。
私たち観客は目で「吸血」するのでしょう。
(もっとも、舞台での「吸血」行為は「噛む」かたちでは行われていませんでした。
それではどうやるのかというと、
冒頭の秋山さんの語りに表れる仕草からほぼ一貫して、・・・
おっと、それは書けません。見てのお楽しみということで。)

・・・しかし、そもそも観客は「吸血」する側でしょうか、
それとも、される側でしょうか。
PCの前でこれを打っている私は、
見終わるや否や、次が待ち遠しい気分になりました。
どうやら、「吸血」されて、
「一瞬の痛みだけを受け、実感なるものが作る世界から逃れる」(平原さんによる台本)
気分を味わい、「次の痛み」が待ち遠しくなってしまったのでしょう。

ご覧になられたみなさんはどんな印象をお持ちでしょうか。
コメント欄にてご紹介頂けましたら幸いです。
残すは、楽日の2公演。
未見の方は是非ともお見逃しなく。 (shin)