「私がダンスを始めた頃」⑤ 鳥羽絢美

私が舞踊を始めたきっかけは姉でした。姉がすることは何でも自分もするものだと思っていた私は、姉がバレエを始めると当たり前のように真似をして、ちゃっかりバレエを始めました。

それに加え、当時、ディズニープリンセスやキラキラしたものが大好きだったようで、クラスで着るレオタードや、舞台衣裳にも惹かれていたようです。

初めて舞台に立ち、幼いながらに照明に当たりながら踊ることが好きだと感じました。今でも母に「絢美は昔から照明が好きだったからね〜」とよく言われます。もちろん、照明の下で踊ることができる本番の舞台は、今も変わらずとても興奮します。

余談ですが、自分が踊ったNoism作品の照明で一番好きなのは『NINA―物質化する生け贄』の『hidden glass』というシーンの照明です。黒幕裏に待機し、音楽が鳴り、黒幕が上がった時に見えた真っ暗闇の客席、シンプル且つ力強く美しい照明、舞踊家たちのシルエットに、私はとてもゾクゾクし、高揚し、今までにないほど興奮したことを覚えています。

ダンスを始めた頃に話を戻しますが、中学3年生の頃、仙台に住んでいた私は、父の転勤で東京の高校へ進学することになりました。どの高校にするか探していた時、バレエではなくコンテンポラリーダンスを授業のカリキュラムに含んだ高校があることを知りました。

今思えば、普通科の高校へ行くか、舞踊専攻がある高校へ行くか悩み、後者を選んだ瞬間が、これから先の未来も舞踊家として踊っていきたいと覚悟を決めた時だったのだと思います。そしてその高校の先生との出会いをきっかけにNoismを知り、今へと繋がっていきます。

私の両親は、私がやりたいことをいつも応援してくれますが、それと同時に「自分の行動や、選んだ道、自分が決めたことにちゃんと最後まで責任を持ちなさい」と言います。自分が選んできたこと、これから選ぶことにしっかり向き合い、責任を持ち、これからも舞踊家として精進していきたいと思います。

(とばあやみ・1995年静岡県生まれ)

「「私がダンスを始めた頃」⑤ 鳥羽絢美」への3件のフィードバック

  1. 公式Noism Web Siteのプロフィールによりますと、
    鳥羽さんがクラシックバレエをはじめたのも3歳。
    やはり!
    そして、高校進学期に既にある種の覚悟(の萌芽)を
    胸に抱いていたのですね。
    あのキリリとした目力の強さに窺い知ることが出来そうです。
    応援しております。
    (shin)

  2. 好きなことを職業にする。
    覚悟と ご縁と責任。
    まさしくその通りですね。
    これからもがんばってください!
    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      鳥羽さんの文章で触れられている
      「覚悟+縁+責任」、
      この3点で人生は動いていくんですね。
      ご指摘の通りです。
      読み返して、実感し、
      実感して、また読み返しました。
      (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA