「柳都会」#15、平田オリザがやってくる!

Noism1&2劇的舞踊『ラ・バヤデール―幻の国』公式情報更新!

そして、4月23日(土)開催の柳都会には脚本の平田オリザ氏が登場!

詳細は当HP「Noism公演情報」欄に掲載。「リンク」欄からはNoism公式ウェブサイト、Noism公式ツイッター等に行けますので、ぜひご覧ください!

4/9(土)東京 国立新美術館での金森さんと宮前さんの対談に合わせるかのように、4/5(火)正午から、NHK BSプレミアムで「三宅一生デザインノココチ」再々々放送が決定しましたね。いろいろ楽しみです♪

そして、昨日新聞折り込みの「市報にいがた」によると、BeSeTo演劇祭が(金森さんの誘致により、東京ではなく)新潟市で10月開催!東アジア文化都市間の交流事業も昨年に引き続き実施するということで、ますます楽しみです♪どんどん応援していきましょう!!

閑話休題:「談ス」3人組、全国公演中。おなじみの平原慎太郎さんが出演します。新潟公演もうすぐ、3/17(木)19:00 りゅーとぴあ劇場。

(fullmoon)

さわさわ会横浜懇親会写真 『バヤデール』兵庫公演

先月21日のさわさわ会横浜懇親会の写真です♪
花束の代わりに横浜中華街の焼き大甘栗を佐和子さんに渡しているのが斎藤正行会長です。

 

『カルメン』熱がまだ冷めやらぬ今日この頃ですが、『ラ・バヤデールー幻の国』兵庫公演(公演日7/8,9)は、主催の兵庫県立芸術文化センターの会員先行予約が3/12開始ということで、案内やチラシが出ています(一般発売は4/17)!

「古代インドを舞台に、舞姫ニキヤと戦士ソロルの悲恋を描いたバレエの名作『ラ・バヤデール』から、劇作家・演出家の平田オリザが翻案、Noismのためにオリジナル戯曲を書きおろします。舞台と時代を架空の国に移して描き出される物語は、単なる愛憎のドラマを超えて、今我々が生きる現代社会に通じる問題を問いかけます。」

楽しみですね!!

閑話休題:
サポーターズ会報28号に金森さんの対談者として登場した、作曲家・演奏家の福島諭さんが出演する公演のご案内です。
表紙写真等を撮影した遠藤龍さんも映像で登場します。

《 ゾンビ音楽 と 夜空の律管 》
日時:3月15日(火) 開場 18時30分 / 開演 19時00分
会場:砂丘館 (旧日本銀行新潟支店長役宅)新潟市中央区西大畑町5218-1
出演:安野太郎(ゾンビ音楽)
福島諭 (PC) 福島麗秋 (尺八) 田口雅之 (PC)
映像:遠藤龍
入場料:1,500円(要予約)
詳細はこちら

東京から来るゾンビ音楽の安野さんを迎え、新潟勢の面々が出演します。
(fullmoon)