「ランチのNoism」#20 浅海侑加さんの巻

メール取材日:2022/06/20(Mon.)

Noism×鼓童『鬼』新潟公演を次週に控えたこのタイミングでの「ランチのNoism」、区切りの20回目は、Noism2 リハーサル監督・浅海侑加さんのご登場回をお送り致します。初回(2020年2月)の金森さんと井関さんから始まって、これで一巡という意味でも区切りの回となります。さてさてどのようなランチを拝見できますでしょうか。それではいきましょう。

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

若き研修生カンパニーNoism2を率いる立場にも等しく昼はやって来る!「ランチのNoism」♪

*まずはランチのお写真から。

 *ん? これはまた度々見てきた感じの画像ですけれど、デジャヴではないですよね、浅海さん。

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 浅海さん「茹で卵とお味噌汁です」

 *この説明だけでは、まだまだデジャヴ気分から脱するには足りない感じが否めませんけれど…。(汗)

2 誰が作りましたか。普通、作るのにどれくらい時間をかけていますか。(or 主にどこで買ってくるのですか。)

 浅海さん「自分で準備します。 茹で卵を作るのが下手だったのですが、最近やっと上手く作れるようになりました!茹で時間は12分派です。お味噌汁は、簡単なものを。(イトー)ヨーカ堂で売っている具が何種類かあるもので、朝の気分で選びます」

 *茹で卵、なかなか侮れないんですよね。殻が綺麗に剥けないだけじゃなくて、地球の「断層図」になぞらえるならば、一番外側の「地殻」(=殻)のみならず、ときに「上部マントル」くらいまでが層をなして剥がれてきてしまうといった残念なことも起きちゃったりする訳で…。茹でた後、ちゃんと冷やしてるんですよ。冷やしてるんですけどね。いざ食べようという段になって直面する、あの絶望的なくらい為す術もない感じといったら、もうそれって卵の質によるんですかね。まったく「ぴえん」な訳です。
 で、そんな茹で卵ですけれど、浅海さんはハードボイルドの「12分派」とのことで、それって、確かかつての鳥羽絢美さん(第9回)と同じ茹で時間ですね。黄身はオレンジ色ではなく、完全に黄色になるくらいかと。

 -私は井本星那さんの回(第6回)以来、「熱湯に入れて5分、火を止めて5分置いてからの冷水」という「井本メソッド」を忠実に実践している半熟卵派なのですが、浅海さんは半熟卵などは好まれないということでしょうか。

 浅海さん「茹で卵として食べる時は、固茹でがいいです。タコライスみたいに、混ぜて食べる時は半熟がいいですね」

 *おお、食べ方によって、茹で方を変える!その手がありましたか。なるほど、なるほど。私の頭が固茹でだったみたいですね。(笑)
 あと、お味噌汁にもあまり時間はかけないのですね。

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 浅海さん「ランチ休憩でもリハーサルの事や考え事で頭を忙しくしがちなので、最近はしっかり「お昼休憩」を感じるようにしています。素直に美味しいと感じたり、コーヒーを飲んでホッとするように」

 *感じ方を切り替えることで、同じ時空にいながらにして、周囲の時間の質を変えてしまうってことですかね。望ましい「ランチ・ブレイク」の在り方と言ってよいかと。素敵です、浅海さん。

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 浅海さん「塩です!茹で卵に何かしらはつけたいですね」

爽やかに塩を振る♪

 *そうきましたか。私も職場の机の抽斗に常備していますよ、同じくボトル入りのやつを。

5 毎日、ランチで食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 浅海さん「決めてはいません。コンビニのおにぎりだったりサラダなどを買う時もあります。カップのお味噌汁を買うときは、何故か「なめこ」を選んでしまう…。おにぎりを作って持って行く日もあります。お気に入りの「まぜまぜくん」がある時はおにぎりです!」

 *脳内BGMが一瞬にして井上陽水『なぜか上海』になってしまうなど、「何故か『なめこ』」って部分も深層心理的に随分そそられるのですが、それ以上に興味を掻き立てられるワードが出て参りましたよ。それは勿論「まぜまぜくん」!初めて耳にしたんですけれど、私。
 で、浅海さんはそこのところを察して画像も寄せてくださいました。どうぞご覧ください。

 *漁師の「賄い」風イラスト入りの「まぜまぜくん」、長崎で海産物加工品の販売をする「ヤマジョウ」さんというところの商品で、なんでも「まぜる佃煮」なのだとか。HPによりますと、具材と調味たれとに分かれた食べきりサイズで「簡単手作りの即席佃煮」とあり、一般的な混ぜ込みタイプのおにぎり用ふりかけではなさそうな様子。にぎられている際の画像からも、存在感のある具材の様子が伝わってきます。

 -食感とか、お気に入りポイントなどを教えてください。また、西日本の方ではよく知られた商品なのでしょうか。そのあたりも是非。

 浅海さん「食べ応えがすごいです!特にイワシなんかはご覧のとおりそのまんま入っているし、調味たれの味も美味しいのでぜひ食べてほしいです!地元今治のスーパーで母が見かけ、送ってもらったのがきっかけです。新潟ではまだ見つけたことがないです」

 *な~る。浅海さんこだわりの一品(逸品)なのですね。メモ、メモメモメモ!

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 浅海さん「変わりません」

 *力強いお返事いただきました。簡潔にして、強い意志を感じます。納得です。

7 いつもどなたと一緒に食べていますか。

 浅海さん穣さん佐和さんの隣のテーブルで、向かいに(山田)勇気さんがいます」

8 主にどんなことを話しながら食べていますか。

 浅海さん「最近はグルテンフリーのパン屋さんの事や、ドラマの話など」

 *Noismの重鎮さんたちの会話、聞き耳たてたいですねぇ。グルテンフリーのパン屋さんも気になりますが、ここではドラマの方を訊ねたいなと。だって、Noismの重鎮さんたちが好きなドラマですよ。気になって仕方ないじゃないですか。

 -話題にのぼったドラマにはどのようなものがありますか。穣さん、佐和子さんも一緒だとすると韓国のドラマとかでしょうか。具体的にいくつか教えてください。あと、これまでの浅海さんお気に入りドラマなども教えてください。

 浅海さん「韓国系では、『愛の不時着』『梨泰院クラス』は話題になり、見ました!他にまだ見ていない韓国ドラマも気になります。私が好きなのはAmazonプライムの『ブラウン神父』や『ミス・マープル』といった、推理小説系の物も好きです!」

 *韓国ドラマ、ハマる人多いですよね。穣さんと佐和子さん、勇気さんと浅海さんまで揃って虜にしてしまうとは!ハマった経験のない身には驚きです。「恐るべし!韓国ドラマ」って感じです!

9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 浅海さん「おかず交換はしません。セナちゃん(=井本星那さん)がたまにオススメの飴をくれるんですけど(生姜や梅の…)嬉しいし美味しい!」

 *「おかず交換」は、この「ランチのNoism」が始まった頃(2020年2月)には既に、「コロナ禍」で慎むべき振る舞いとされてしまっていたのですが、その昔は微笑ましい光景だった訳です。で、今、それに代わる交流アイテムとしての「飴」(大阪のおばちゃんの「飴ちゃん」を含む)、その重要性を増しているのではないでしょうか。そんなふうにも思えます。で、井本さんが持って来られる飴は和物も多い模様ですね。

10 いつもおいしそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 浅海さん「あまり皆のお昼をチェックした事ないのですが…。劇場に降りた時、楽屋前で目にする制作の上杉さんのお弁当箱が気になります!
 また2メンバーはおにぎりが多い印象ですが、お弁当箱を持ってきている時は気になりますね」

 *「お弁当箱」に反応するようですね、浅海さん。その気持ちはわかります。で、出て来た名前が制作の上杉(晴香)さんとは!Noism Company Niigataを支える「縁の下の力持ち」とも言うべき方。しかしこの企画でご紹介するのはちと難しそうですねぇ。(ですよね、上杉さん。)(う~む。でも、上杉さんさえよろしければ、なんちゃって。)

 浅海さん「料理上手は佐和さんです!!! 庄島姉妹(=庄島さくらさん庄島すみれさん)のスロバキア料理も食べてみたいです!
 ひかる(=坪田光さん)の誕生日にパン型をプレゼントしたのですが、使いこなしてるようで…。こちらも食べたいですね〜」

 *そう語る浅海さんもお料理は得意という評判を耳にしていますよ。どうですか、そのあたり。

 浅海さん「個人的な事ですが…、お菓子作りではタルトが多いです。タルト生地はいつも同じレシピですが、カスタードを入れたり、ダマンドにしたり…。他にも色々チャレンジしたいです!!」

もはやパティスリーかと!

 *本格的ですね!浅海さん。おっと、続いてはパンですね。

もはやブーランジェリーかと!

 浅海さん「パン作りも好きですが、発酵が難しいです。。。」

 *浅海さん、やはり評判通りの腕前とお見受けしました。

 -手作りのお菓子やパンをメンバーに持っていくことなどはありますか。もし、あるようでしたら、反響の大きかったものにどんなものがあったか、そしてその際の具体的な様子などを教えてください。

 浅海さん「ケーキはメンバー何人かと一緒に食べたことはありますが、パンはまだないです。りお(=三好綾音さん)がにっこり笑顔で『おいし〜〜〜い』って言って食べてくれるのが一番印象に残っています!!!」

 *三好さんもしっかりお料理をされる方ですし、そんな三好さんからにっこり笑顔の『おいし~~~い』を引き出したなら印象に残ったとしても何の不思議もないですよね。
 そして、例えば、今後、坪田さんとの間に「パン交流」なども始まりそうな予感すらありますし、そうなったらそうなったで、またやりとりの様子など教えて貰えたら、などと思っています。
 何はともあれ、浅海さん、ランチもそれ以外の様々なお話しも、どれもご馳走様でした。

浅海さんからもメッセージを頂戴しました。どうぞ。

サポーターズの皆さまへのメッセージ

「サポーターズの皆様。いつもご支援ありがとうございます。私自身客席側にいる事が多くなり、声を掛けていただいたり、また感想なども直接お聞きできる機会も増え、とても嬉しいです。踊りを見て頂くだけに限らず、皆さまとメンバーとが交流できる時間がもっと増えることを楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願い致します」

ということで、Noism2 リハーサル監督・浅海侑加さんのランチはここまで。様々な画像を含め、お昼ご飯に止まらず、ご紹介頂いた浅海さん、感謝しています。

そしてここまで20回に渡ってお届けして参りました連載企画「ランチのNoism」ですが、冒頭にも書いた通り、今回、現メンバー一巡が完結したということで、しばらくお休みとさせて頂きます。ご登場頂いたNoismメンバーの皆さま、これまでご馳走様でした。

で、来るべき9月からの新シーズンには、新たな連載企画をスタートさせるべく、只今鋭意準備中です。こちらで少し予告をさせて頂きますと、新たに始まる企画はそのタイトルを「纏(まと)うNoism」とし、基本、毎月、Noism1メンバーひとりずつご登場いただき、「衣裳」を切り口に、舞台で観ているだけではわからない人となりに迫ろうとするものになります。どんな逸話が飛び出してくることでしょうか。まずはこうして新しい連載企画を無事に予告できたことを嬉しく思います。皆さま、「乞うご期待!」ということで、9月をお待ちください!

そんなこんなで、「ランチのNoism」第20回目はここまでです。今回もお相手はshinでした。ではまた再開(再会)の日まで。

(shin)

「ランチのNoism」#19:樋浦瞳さんの巻

メール取材日:2022/5/20(Fri.)

今回、現Noism1メンバーのトリを飾るかたちでご紹介しますランチは地元・新潟出身の樋浦瞳(あきら)さん。で、このところのあの「流れ」(?)は今回も途切れることなく続くのでしょうか。そんな興味も持ちながら覗いてみたいと思います。

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

地元で躍動する若き舞踊家にりゅーとぴあの昼が来た!「ランチのNoism」♪

*まずはランチのお写真から。

またしても中央でツヤツヤ光るのはあの「物体」!

 *やはりあの「流れ」は途切れていませんでした!で、この画像に占めるその位置、これがホントの「玉座」なのかもしれませんね。(笑)そして、それこそがツボとちゃんと心得て、両の掌でのご紹介とは!…樋浦さん、ニクいです。

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 樋浦さん「揚げ茄子のお味噌汁、納豆、友美さん(=中村友美さん)のゆで卵の黄身です」

 *「ランチのNoism」第17回・坪田光さんの巻に端を発するあの「物体」を巡る「流れ」、…確か、近くにいたときとか、話し合いが持たれたりしてとかで、中村さんから樋浦さんに「それ」が移動するというお話でしたよね。でも、中村さんによれば、主な移動先は坪田さんだった筈。もし、この日、「それ」が樋浦さんのところに来ていなかったなら、お味噌汁と納豆だけだったってことですか。少な過ぎじゃありませんか、それ。

 -ゆで卵、自分で持って来ようと思ったりはしませんか。

 樋浦さん「卵は夜によく食べるので、昼間は自分では用意していないですね。でもたまに貰えると贅沢な気持ちになって嬉しいです」

 *それ、わかります。その気持ち。この日は「ランチのNoism」取材日ってことで、坪田さんが譲ってくれたのかもしれませんね。うん、きっと、そうだ。

 -じゃあ、納豆についても訊かなきゃじゃないですか。納豆はよく混ぜる派ですか。それともあまり混ぜない派ですか。(←何て質問だ?と自分でツッコむ、ツッコむ。)

 樋浦さん「そんなに混ぜ方にこだわりはありませんが、ぼーっとしているとずっと混ぜ続けてることがあります」(笑)

 *私はあまり混ぜない派なので、樋浦さんはどうかなぁと、つい訊いちゃいました。(汗)

 2 誰が作りましたか。普通、作るのにどれくらい時間をかけていますか。(or 主にどこで買ってくるのですか。)

 樋浦さん「お昼は平日は作ってはいません。お味噌汁はフリーズドライのものを買います。家の近くの清水フードか、原信で購入します」

 *この響き、休日は違うってことじゃないですか。だから、訊いちゃいましたよ、休日のこと。そしたら、…

 樋浦さん「休日は大量に食べたいので、野菜もお肉もどっさり使って料理します。この前のオフは甘いものが食べたくて、オレオを使ってチーズケーキを作りました。計算しませんでしたが、とんでもないカロリーだったと思います…」

 *で、そのとき作られたオレオのチーズケーキ画像も送ってくださいましたので、ご覧ください。

樋浦さん作オレオのチーズケーキ♪

 *樋浦さん、どうも有難うございます♪

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 樋浦さん「お昼休憩は気持ちを切り替えてほっとひと息つくことを大切にしています。 温かいものを飲むと心が落ち着きます」

何を思う?
そんなコギト・エルゴ・スム的画像

 *な~る。食べることや食べるものに力点が置かれていないんですね、樋浦さんのランチタイム。その点はよく伝わってくるのです。くるのですけれども、それにしても、量が少ないんじゃないかと思う訳で。(個人の感想です。)

 -あと、樋浦さんにとって、心を落ち着かせる効果がある「温かいもの」とはどんな飲み物ですか。

 樋浦さん「昼間はコーヒーですね。洸太くん(=中尾洸太さん)と一緒に自販機へ散歩するときもあります。たまに県民会館の自販機でカフェオレやココアを買ったりもしますね」

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 樋浦さん「星那さん(=井本星那さん)から誕生日にいただいたお椀は欠かせません!木が優しい色で、形もかわいいお椀なのです」

 *確かに1枚目のランチ画像中、木目(もくめ)もフォルムも美しく、目を惹く素敵な器があるなぁと。えっ、嘘だって?あの「物体」しか見てなかったじゃないかって?そ、そんなことありません。ちゃんと見てましたって、ハイ。(汗)センス、いいなぁって、ハイ。(汗)ああいうの、欲しいなって、ハイ。(汗)

5 毎日、ランチで食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 樋浦さん「食べるものは大体一緒ですが、お味噌汁の具は毎日違うものを選びます。 あとは日によってナッツやビスケットなどを食べます。固いものをガリガリ噛んでいる時間が好きです」

 *「固いものをガリガリ…」の時間が好きとは!そっち方面のお答えはこれまで誰からも聞かれなかった類いのものですね。そのあたり、樋浦さん独特の感性が表われていると感じましたが、「それもありかも」とも思いました。

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 樋浦さん「公演の時は普段のものに加えて、お菓子を食べたりします。いただいた差し入れもたくさん食べてしまいます。ありがとうございます!」

 *やっぱり、余計にパワー要るでしょうからね、公演の時には。お菓子っていうの、わかりますね。そして、最後のエクスクラメーション・マーク(感嘆符)付きの「ありがとうございます!」、きっと効果絶大だと思いますよ。人の心の掴み方、心得てらっしゃいますね、樋浦さん。

7 いつもどなたと一緒に食べていますか。

 樋浦さん「最近はジョフさん(=ジョフォア・ポプラヴスキーさん)、友美さん(=中村友美さん)、光くん(=坪田光さん)と一緒に食べています」

坪田さん撮影なのでしょうかね。
いかにも仲良さそうです。

8 主にどんなことを話しながら食べていますか。

 樋浦さん「ジョフさんの家のウサギがかわいい話を聞いたり、光くんと美味しそうなごはんや甘いもののお店の話をします。今度一緒にクレープ食べ放題のお店に行く予定です!」

 *若い頃って、面白いくらい沢山食べられたりしますよね。で、食べた後、もの凄く苦しくなるっていうのも必須の経験かと。若い頃しか出来ないし。でも、クレープって、あのホイップクリームを考えると、ハードル高そうですから、「俺の胃袋は宇宙だ」って決め台詞を吐くフードファイター化が必要ですね、きっと。(って、草彅剛さん主演のドラマ『フードファイト』(2000)というのがありました。←古っ。(汗))

9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 樋浦さん「たまに友美さんからゆで卵の黄身や、バナナをもらいます。 ジョフさんがいつも美味しそうなお菓子をもっているので、たまに恵んでもらいます」

 *そうなんだ。ジョフォアさん、ちょっと意外ですけど。ふ~む、そうなんですね、美味しそうなお菓子を持っているジョフォアさん。そのあたりを訊ねてみましたら、…

 樋浦さん「新作のグミやキャンディをよくもらいます。この間、家へ遊びに行ったときはジョフが作ったバナナケーキをもらいました!美味しかったです」

 *グミは前回の中村友美さんの回でも登場してきた品でしたね。メンバー内での人気が高いお菓子とお見受けしました。

10 いつもおいしそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 樋浦さん「光くんは家でパンやシュークリームを密かに作っていますが、まだ持ってきてくれていないので今後をとても楽しみにしています。
侑加さん(=浅海侑加さん)の作るティラミスはとても美味しいです!!」

 *樋浦さんの願い、坪田さんに届きますように。一緒にお祈りしています。
そして、浅海さん、キタァ!実は、来月の「ランチのNoism」に登場してくださるのが、現Noism2リハーサル監督の浅海さんで、その回を以て、この連載企画はしばしお休みとなります。そんな大トリの浅海さんランチが楽しみになる発言、樋浦さんからいただきました。それも含めまして、樋浦さん、どうもご馳走様でした。

今回も最後は樋浦さんからのメッセージで締め括りましょう。

■サポーターズの皆様へのメッセージ

「いつもあたたかいご声援をありがとうございます。本番のとき以外でも、劇場でお会いした際に声をかけていただけることがとても嬉しいです。今後も一生懸命、稽古に励みます」

りゅーとぴあ2Fにて

そう言って頂けると、お声がけすることも迷惑ではないのだなとわかり、安心できます。樋浦さん、どうも有難うございました。ってことで、今回はここまで。
で、メンバーが一巡する次回は当面のラストってことになりますから、ちょっと淋しい気持ちもありますが、まあそれはそれとして、是非楽しみに待っていてください。今回もお相手はshinでした。それではまた。

(shin)

「ランチのNoism」#18:中村友美さんの巻

メール取材日:2022/3/22(Tue.)& 4/12(Tue.)

前回の坪田光さんの回にて、既に様々な期待感を掻き立てられて、この人の登場回を待っていたって方も多いのではないでしょうか。こうして続けてお送りできることを嬉しく思います。何しろ、犬でもあるまいし、いつまでも「待てっ!」っていうお預け状態を引っ張る訳にもいきませんからね。犬ならよだれが落ちてくる状況かと。なので、「よしっ!」のコマンドで(←犬じゃないってば!)お預け解除といきましょう。それでは「ランチのNoism」第18回・中村友美さんの回をお楽しみください。

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

「好き嫌い」が激しかろうが何だろうが、誰にも等しく昼は来る!「ランチのNoism」♪

*先ずはランチのお写真から。

!!!

 *こっ、これはっ…!このハンパない「破壊感」ときたらっ…!
そして奥に見えるあの「物体」こそ、前回もくまちゃんマグと一緒に登場していたアレに違いありません!

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 中村さん「卵の白身とチキンです。チキンはあまり好きじゃないのでマヨネーズは必須です。チキンは食べきれないのでランチタイムと次の休憩に分けて食べます」

 *見かけによらず、前回、「謎キャラ」として急浮上を遂げた中村さん(失礼!)、ランチに「好きじゃない」ものを持って来られているとか、もう今回も最初からバリバリかっ飛ばしてくださっています。それだけでも充分に謎なのに、謎は他にも。勿論、それは必須とされるマヨネーズなんですけど。あ~、ええっとぉ、確か、前回、主役を食ってしまう勢いでスポットライトを浴びたのは、中村さんが卵の黄身は「食べられない」って話だった筈。確かに今回も坪田さんへの「移動」が行われたのだろうことはくまちゃんマグから確認できます。で、そうだからこそ、マヨネーズが謎なんですよ。マヨネーズが…。だって、マヨネーズ、原料は卵の黄身ですよ、君。う~む、もう、謎、深まる一方なんですけど。なので、そのあたり、中村さんに直接ぶつけてみることに。

 -卵の「黄身」も「マヨネーズ化」してしまえば、大丈夫ということなんでしょうか。僭越ですが、私の場合、栗は苦手なのですけれど、モンブランは好きです。そんなふうに、「それとこれは別」って感じなのでしょうか。

 中村さん「同じく、『それとこれは別』という感覚です。因みに卵焼きのように白身と黄身をミックスするものは美味しく食べられるので、黄身単体が苦手です」

 *なんでも、この日のゆで卵はセブンイレブンでのお買い上げ品だったそうですが、白身に関して、中村さん、「茹で加減にこだわりはありません。白身はラーメン屋さんの白身や、おでんのお汁で味がついたものが好きです」と教えてくれました。

2 誰が作りましたか。普通、作るのにどれくらい時間をかけていますか。(or 主にどこで買ってくるのですか。)

 中村さん「セブンイレブンで買います。サラダチキンは前日に食べやすくカットします」

 *このお答えに謎はなし…、いや、ありました、あります、中村さん。だって、チキンあまり好きじゃないんですよね。それをランチにするっていう発想がまだ謎のままです。そこはあとで確かめましょう。

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 中村さん「簡単さと、満腹感です。お腹が空くと集中できません。(お腹が騒がしくなるので)」

 *でも、それがチキンとなるあたり、簡単さと満腹感の説明はついても、でもまだ納得いかないものが残りますけど…。

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 中村さん「グミ…小さなhappinessです。毎日1パック以上は必ず食べています。食欲がなくてもグミは食べることができるので非常用にも」

 *「happiness」という英字表記には実感が籠もっていますね。でも、ランチのときだけではないとしても、グミを「毎日1パック以上」って、なかなかの分量だったりしません?それでお腹が騒がしくなったりしないかとちょっと心配になっちゃたりもして。あと、グミはグミでも好き嫌いはあるんじゃないかと思い、訊いてみたところ、「グレープ味が好きです。さけるグミは苦手でした」と、中村さん。

 -あと、前回、コンビニの棚に並ぶお菓子の新商品に目がないとのお話がありましたが、最近の当たり商品にはどんなものがありますか。

 中村さん「アップルのグミです。噛みごたえがあって好きです」

 *やはり、グミ来ましたか。画像も添えて教えて頂きました。

「立体」(3D)+DELICIOUSで「4D」とは洒落が効いてますね♪


 *これくらいの量のパックなら、「毎日1パック以上」も楽勝かも、ですね。…但し、好きならば、ってことですけど…。

 -前回、「好き嫌いが激しい」(坪田さん)とされましたが、ランチに限らず、大好きな食べ物と絶対に無理なものを少し教えてください。

 中村さん「時々しか食べませんが、ラザニアやグラタン、ドリアなどが好きです。絶対に無理なものは海鮮の貝類です。小さい頃に家族で潮干狩りに行って、動いているアサリを見てダメになり、他の貝類も苦手になりました」

 *そうですか。好きなものには共通項がありますねぇ。で、「生きている姿」見たら食べられなくなっちゃったってのは、苦手なものあるあるですよね、うん。また何かのきっかけで食べられるようになるといいですね。
話をランチに戻して、次の質問へいきましょう。

5 毎日、ランチで食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 中村さん「全く同じです。ここ数年のランチはずっとおにぎりでしたが、完全に飽きてしまったので今はチキンを試し中です。手軽さと筋肉に良さそうだなと思い、チキン」

 *そうでしたか。故あってのお試し期間中だったんですね。やっと、チキンの謎は解明に至りましたが、更に、たたみかけてくるのが中村さんの真骨頂。おにぎりに「完全に飽きてしまった」って状態がまったく想像つきません。しかも、前回、坪田さんが「外せない」と言っていたアイテムなんですよ、おにぎり。

 -ええっと、その、おにぎりに「完全に飽きてしまった」というのは、具を変えてもどうしようもないところまで来てしまったということでしょうか。

 中村さん「はい。中身の具というよりも、炊き立てではないお米に美味しさを感じ難くなってしまった感じです。小さな炊飯器を劇場に持参しようかと考えたくらいです」

 *そこらへん、中村さん、えっと、…そう、楽し過ぎます♪

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 中村さん「食べられる時はおにぎりを。(これからはチキンになるのかな?)
しかし食欲が落ちるので、胃に入れやすいスポーツゼリーや飲むヨーグルトなどの固形以外やフルーツに置き換える事もあります。勿論グミも」

 *グミはいいでしょう。チキンも。でも、ここで、またおにぎりって、中村さん。一体全体…、そう言いかけて、ハッとさせられました。人間なんてものはそんなに統一性のある存在じゃないんだってことに。そして人の好みとかになれば尚更ですよね。これまでの「謎キャラ」呼ばわり、大変失礼致しました。むしろ、人間という存在の不可解さを身を以て示して頂いていたのですね。もう、ちょっとやそっとの謎くらいにはビクともしないようになりたいです、ハイ。

7 いつもどなたと一緒に食べていますか。

 中村さん「ジョフさん(=ジョフォア・ポプラヴスキーさん)、ひかるくん(=坪田光さん)、あきらくん(=樋浦瞳さん)、時々こうたくん(=中尾洸太さん)(彼は食事というよりお喋りメインですが)」

 *上にあげたのは、中尾さんを含む「時々」画像なんですね。中尾さんはランチ時はひとりで珈琲だけで済ませる事が多いってことでしたからね。

8 主にどんなことを話しながら食べていますか。

 中村さん「晩御飯何を食べようとか、痩せた太った、誰の字が綺麗か対決も時々」

 *おっと、「痩せた太った」の件は差し障りがありそうなので置いておくとして、「誰の字が綺麗か対決」とは、またまた新しい話題の提供、あざ~す、中村さん。どんな感じで執り行われるんでしょうかねぇ、この「対決」。気になったので、訊いちゃいましたよ。

 -それ、どんなふうに競うのでしょうか。そして勝者は主に誰ですか。

 中村さん「ノートか、ホワイトボードに書きます。“ありがとう”や“ごはん食べたい”など誰かの思いつきの文字です。綺麗な字を書くのは、こうたくんやあきらくんです」

 *ううむ、私、「日ペンの美子ちゃん」(←古っ!)とかやらない限り、勝利には縁がなさそうです。ぴえん。でも、綺麗な字を書く人って良いですよね、うん。ホント、羨ましい。

9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 中村さん「卵の黄身を食べてもらいます。主にひかるくんですが、時々あきらくんも。剥いた時に近くにいる方に渡しますが、同時にいるとその2人で話し合いが始まります」


 *この日の話し合いの結果は、坪田さんへの「移動」に落ち着いた訳ですね。

 中村さん「他には、私のグミを狙う人が時々手を差し伸べてきます」

 *「魔の手」が伸びてくるんですね、グミ目当ての。訊いてみましょうか、そのあたり。

 -中村さんのグミを狙うのは誰ですか。

 中村さん「主にあきらくん。時々こうたくん、ひかるくん、かりんちゃん(=杉野可林さん)です」

手の中にグミ、の樋浦さん

 *そうなんですね。でも、この画像には「犯行」的なにおいは全くしませんね。逆に「飴ちゃんやろか?」的な「あげた」&「貰った」感が濃厚で、和気藹々画像の一枚として受け取りました。

10 いつもおいしそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 中村さん「よく穣さん佐和さんのランチのいい匂いがします。先日、りおさん(=三好綾音さん)が、かやく御飯のおにぎりを作ってくれて、すごく美味しかったです!」

*って、中村さん、おにぎりには「完全に飽きてしまった」んじゃなかったんかい!?(って、吉本新喜劇風に!)
ん~、もう最後まで「お約束」のようにおにぎりでオチをつけて、私たちを煙に巻いてくるあたり、さすがは大阪の方の話芸と感服致しました。中村さん、前回から続いたとても楽しいランチのお話、どうもご馳走様でした。

今回も最後は中村さんからいただいたメッセージをお読みください。

■サポーターズの皆さんへのメッセージ

「いつもNoismを応援してくださり、ありがとうございます。皆様の応援、サポートが私達の力になり、共に高みを目指し続けることができます。
このような世の中ですが、また劇場でお会いできる日を楽しみに、励んで参ります。これからも応援をよろしくお願いします」

という訳で今回はここまでです。前回からの「謎キャラ」転じて、随所に「面白くてなんぼ」の精神が窺えるチャーミングな「愛されキャラ」中村さんとそのランチ、お楽しみ頂けていましたら幸いです。さてさて、次はどのような個性派ランチが登場することでしょうか。どうぞお楽しみに。今回もお相手はshinでした。ではまた次回。

(shin)

「ランチのNoism」#17:坪田光さんの巻

メール取材日:2022/3/12(Sat.)

新潟市界隈でもめっきり寒気は緩み、冬用の厚いコートもどうやら着納めの3月半ば。まあ、北国の習いとして、心のどこかで、また寒さがぶり返すのを用心し、クリーニングに出すのは待つとしても、確実に日差しは冬のそれではなくなりましたよね、このところ。そんな心も体も動き出したくなるような季節変わりのワクワク期に、「ランチのNoism」第17回をお送りします。今回登場してくださるのは坪田光さん。どんなランチを召し上がっていることでしょうか。それでは覗きに行ってみますかね。

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

春の舞踊家は腹が減る。りゅーとぴあに春とそれから昼が来た!「ランチのNoism」♪

 *まずはランチのお写真から。

画像1(シンプル画像)

 *で、更にもう一枚。ど~ん!

画像2(謎画像)

 *…って、「ん?ん?」って感じの「謎物体」登場なんですけど…。

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 坪田さん「玄米に小豆と塩を入れて炊いた酵素玄米のおにぎりと納豆とお味噌汁です」

 *はい、はい。それ、「画像1」ってことですよね。で、オシャレなくまちゃんマグカップの中身はお茶や珈琲じゃなくて、お味噌汁なんだ。で、「画像2」に登場の気になる「謎物体」についてはこの後、明らかになる予定ですから、とりあえず、そちらは放置で、お味噌汁について訊いてみました。

 -持参されるお味噌汁も自分で作ったものを持って来られるのでしょうか。それとも、インスタントで召し上がっているのでしょうか。

 坪田さん「インスタントです。写真はしじみ風味のお味噌汁です」

 *ってことで、こんな画像も頂きましたよ。

「マルコメマルコメマルコメマルコメ、マルコ~メみっそ♪」
ってやつですね。

 *好きな具材についてもお訊ねしたところ、「豚汁が好き」だそうで、なんでも、「ツアーに行った時などはコンビニで必ずおにぎりとカップの豚汁にします」とのこと。手軽にパワーが得られそうですもんね、豚汁。

2 誰が作りましたか。普通、作るのにどれくらい時間をかけていますか。

 坪田さん「自分で作っています。おにぎりは朝ごはんを作るついでにちゃちゃっと握っちゃいます」

 *私、「酵素玄米」っていうのが初耳だったので、どんなものか、ちょっとお訊ねして、教えて頂きました。

 -「酵素玄米」って、炊いてから寝かしておくのですか。基本的な事柄をもう少し教えてください。

 坪田さん「普段自分がしているのは、玄米を2日前から水に浸して炊く前に塩と小豆をいれています。炊いたら後は毎日食べる時に混ぜるくらいですね。日に日にもちもちになっていくんですけど、自分は3日間くらいで食べ終わっちゃいます。玄米さえあれば割と手間もかからず簡単にできます」

 *で、親切な坪田さん、「酵素玄米 in 炊飯器」画像まで撮ってくださいました。こんな感じです。

 *やはり寝かせながら、3日間かけて食べているんですね。新しい「食」の世界、勉強になりました。

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 坪田さん「安さとお手軽さが最重要事項です。でもちゃんと栄養も摂りたいとも思っています」

 *「酵素玄米」を召し上がっているのは、栄養価重視ってことの表れなんですね。そして「安さ」は最重要事項ですよね、ランチってことなら。坪田さん、正直な方。そんな全く飾り気のないお答え、好感度高いです♪

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 坪田さん「おにぎりです。自分はしっかり食べたい派なので毎日ちゃんと用意しています」

 *玄米のおにぎりですし、それこそよく噛んで「しっかり」食べる感じのランチですね。

5 毎日、ランチで食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 坪田さん「毎日同じメニューです。でも最初の頃は白米に具を詰めたおにぎりだったのですが、いつからか玄米にハマっていました」

 *身体への関心に導かれていった先に玄米があったのでしょうね。それ、わかる気がします、うん。

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 坪田さん「おにぎりのお米の柔らかさが変わります。
本番前は緊張して食べるのがしんどくなるので、ご飯を炊く時にギリギリお粥にならないくらいまでお水を入れてすごく柔らかいおにぎりを作ります」

 *「お粥」一歩手前のおにぎりですか!にぎるのも難しそうですけれど、何より、胃への負担は禁物なんですね、本番前。

7 いつもどなたと一緒に食べていますか。

 坪田さん「その時々なのですがテーブルに集まったメンバーと食べています。大体はあきらくん(=樋浦瞳さん)と、ともみ(=中村友美さん)と、ジョフ(=ジョフォア・ポプラヴスキーさん)が周りにいます」

 *仲良さそうなのが伝わってきます♪きっと撮影はジョフォアさんなんですね。
坪田さんはまだ食べる前みたいで、その点、申し訳ないです。

8 主にどんなことを話しながら食べていますか。

 坪田さん「いつも食べ物の話になります。美味しいお店の事や週末に何を食べるかについてなどを話しています」

 *おお、若き舞踊家は「週末」に何を食べたくなるのでしょうか。訊いてみましたところ、坪田さん「お肉です!がっつりした物を好みます」と即答。
更に、「以前、『月刊にいがた』(2022年1月号)の「古町通信」の取材でも行かせて頂いた笑美寿亭(えびすてい)が本当に大好きです」と教えてくださいました。リンク先(『日刊にいがた』)では、美味しそうなお料理に「恵比須顔」を浮かべる坪田さん画像を見ることができます。要チェックってことで。

 9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 坪田さん「ともみがゆで卵を毎日食べているのですが、白身が好きで黄身が食べられないそうなので、いつも黄身だけをくれます。あと、ともみが苦手と思った物もよくくれます」

 *あの「謎物体」の正体と出所がこれではっきりしましたね。

これがあの「謎物体」のアップ画像!
やはり、正体はアレ…

 *これ見たら、「きみだけに、ただ、きみだけに…」って、昔の少年隊の歌(『君だけに』(1987))が浮かんで来ちゃいました、私。(←字が違う、字が!)(汗)

 -この「インパクト大」な黄身について、もう少しお訊ねします。ランチタイムに中村さんが分解したものをくれるのですか。

 坪田さん「そうです。写真の通り分解した物を卵の殻をお皿にして差し出してきます」

 *なんとぉ!そんなことがランチタイムに行われているとは!(笑)

 *そして、この剥かれた黄身のツヤツヤ画像を見て、「中村さん、凄いなぁ」と思うのは、
 (1)その丁寧な剥き方だけじゃなくて、
 (2)見たところ、完全に半熟に茹でてあるという点だったりもします。
でも、白身の部分を食べるんなら、半熟と固ゆでとではあんまり違いがないのでは、とか思ってしまったりして。あと、貰ってくれる(坪田さんのような)人がいない場面では、黄身はどうしてるんだろうか、とか、もう完全に余計なお世話なんですけれど、好奇心が掻き立てられて仕方ありません。今度、中村さんのランチのときに、追求してみなきゃな、とか思ってます、そのあたり。(笑)

 *他にも、お答えの中の中村さんに関する部分について、もう少し訊かずにはいられない事柄がありましたので、それだけは、ここでご紹介させて頂きます。

 -中村さんから貰ったことのある、彼女の「苦手な食べ物」とは、具体的にどんなものでしょうか。

 坪田さん「ともみは好き嫌いが激しいタイプなのに、コンビニのおかしで新発売などを見るとすぐ買う人なので、不得意に当たるとすぐにくれます。他には、あんこでこしあんだと思って買ったら粒あんだから食べられないとかあります」

 中村さん、「こしあん」派!私と同じだ。でも、私は「粒あん」もいただきますよ。って、そこかい。そこじゃないでしょ。
もとい。チャーミングですね、中村さん。そして何より自然な良い関係性が伝わってきますね、坪田さんと中村さんの。そこですよね、ハイ。

 *おっと、本題の坪田さんのランチから逸れまくってますので、戻ります、戻ります。

 -ご自分では「ゆで卵」は持って来られないのでしょうか。(って、戻る先がそこ!?…)

 坪田さん「そうですね。ゆで卵は茹でたてが美味しいと思ってるので、ランチに持っていこうと思って自分で茹でても、すぐ食べて無くなっちゃいますね。でも朝ごはんに卵焼きを焼いた時などはおにぎりの具も卵焼きになります」

 *ゆで卵なら朝食べちゃっても構わないくらいに、もう、中村さんから坪田さんへの「黄身」の移動がキチンとランチタイム・ルーティンとして出来上がっているのだろうと推察されますね。ワトソン君。(笑)

10 いつもおいしそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 坪田さん「やっぱり、さわさん(=井関佐和子さん)がパンを作ってくるのはすごいと思います。自分も先日ちょうどオーブンを手に入れたので、いろいろ作るのにチャレンジしようと思います」

 *あっ、インスタのストーリーでオーブンの画像見ましたよ、見ました。クッキー焼いてましたよね、確か。で、レシピにある砂糖の分量に驚かれていましたっけ。「食」への興味・関心も旺盛と見え、もう様々なチャレンジを始めてらっしゃいますね、坪田さん。諸々、どうもご馳走様でした。

本日もラストは坪田さんからのメッセージです。

■サポーターズの皆さんへのメッセージ

「いつも支えていただきありがとうございます。
これからも毎日精進して良いパフォーマンスを出来るよう努力していきます」

ということで、今日はここまで。坪田さん(と中村さん)の個性がよ~く見えてきた感のある、今回の「ランチのNoism」、如何だったでしょうか。恐らく、次(第18回)は中村さんの回となる筈。そこでは攻守を入れ替えて、反転攻勢に出る中村さんをご紹介できたりして。今から待ち遠しい限りです。是非お楽しみに。今回もお相手は shin でした。それではまた次回♪

【追記】引き続き、「ランチのNoism」#18:中村友美さんの巻をお楽しみください。

(shin)

「ランチのNoism」#16:庄島すみれさんの巻

メール取材日:2022/2/16(Wed.)

さあ、またまたやってきました「ランチのNoism」、今回が16回目。もうひとつの連載企画「私がダンスを始めた頃」の時と同様、前回の庄島さくらさんにつづいて、「庄島シスターズ」お姉さんのすみれさんランチをお届けします。さくらさんの回で色々ツッコミを入れてしまってましたから、ちょっぴりやりづらさもありますけれど、それはそれ。今回も好奇心の赴くままに深掘りさせて貰いたいなぁとか思ってます。ってことで、ではでは、行ってみますか。じゃじゃん、はじまり、はじまり♪

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

りゅーとぴあ・スタジオB、春休み突入前の舞踊家たちに昼がきた♪「ランチのNoism」!(…因みに今は春休み中とのことです。)

*まずはランチのお写真から

前回のさくらさん同様、シンプルにして機能性重視、
考えて食べる系のランチですね、コレ。

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 すみれさん「サラダチキンとブロッコリー、ゆで卵です」

 *これはまた量少なめで、身体のことを考えた機能性重視のランチですね。ドレッシングのかかったサラダチキンのブロックがとても美味しそうですねぇ♪

2 誰が作りましたか。普通、作るのにどれくらい時間をかけていますか。

 すみれさん「妹のさくら(=庄島さくらさん)と一緒に作っています。休みの日にスーパーでまとめ買いをして、時間がある時に作り置きをしています」

 *「スーパー」というのは、さくらさんによると、やはりイトーヨーカドー(丸大新潟店)ということでしたけれど、大袈裟に言えば、Noismメンバーの体組成に大きく関わるこちらの食品売り場(1F)、お手頃価格のお弁当やらお寿司やらも随分充実していて、あれこれと目移りしちゃうんですよね。県外からNoismを観に来られた方も、お時間があるようなときには足を運ばれたりしてみても面白いかも。ばったりメンバーと会ったり、なんてこともあるかもですし。りゅーとぴあからですと、徒歩15分で着きます。おっと、話し逸れ過ぎ、逸れ過ぎ。急いで立て直し、急いで立て直し、と…。(汗)で、前回のさくらさんのときから訊きたかったスロバキアにいた頃のこと訊いちゃいましょう。

 -スロバキアにおられた頃のランチも今と似た内容だったのでしょうか。
 すみれさん「スロバキアにいた時も似たようなランチでしたが、野菜をもっと食べていました。とても安かったので。特にセロリにはまっていて何も付けずボリボリ食べてました」(笑)

 *おっと、セロリですか!なんとそれもボリボリですか!もう一瞬にして脳内で、かつてのSMAP『セロリ』(1997)(作詞:山崎まさよし)の歌詞がぐるぐるリピート再生されちゃうのがイナメマセン。育ってきた環境の違いってやっぱり大きいですね、うん。(笑)

 -ランチに限らず、スロバキアの方がよく口にされる「ご当地食材・料理」などがあれば教えてください。
 すみれさん「カプスニツァという酢キャベツのスープやハルシュキというジャガイモでできたニョッキのような物に羊のチーズと玉ねぎとベーコンが入っている料理などが有名です。スロバキア人は食事の最初にスープを飲む習慣があるのでスープ料理は沢山あります!その中でもカプスニツァにサワークリームを入れて食べるのが大好きでした!」

 *そしてその(ちょっと言いにくい)カプスニツァですが、すみれさんから画像も送っていただきました。では皆さん、ご覧ください。カプスニツァ、どぉ~ん。サワークリーム、どぉ~ん。おまけに麦酒もどぉ~ん。

カプスニツァとサワークリーム
スロバキア料理、お初です♪

 *これはもう絶対に美味しいやつでしょう。ハード系のパンに合いそうですね。そしてその後ろの飲料(麦酒)にも合うこと、間違いありませんし。(笑)で、スロバキア料理、お初でしたので、もう少し訊いちゃいました。

 -スロバキアで食べていたもので、日本では手に入らなくなったようなものなんかもあったりしますか。
 すみれさん「よくチーズや生ハムなど大好きで食べていたのですが、日本では少し値段が高いと感じてしまい、食べる機会は減ったかなと思います。日本人からしたらスロバキアのチーズやハムの安さにはびっくりすると思います」(笑)

 *現地でびっくりしてみたいです!びっくりはしてみたいんですが、これ、「ランチのNoism」だけに、ランチの話で進めなきゃですね、ハイ。

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 すみれさん「タンパク質は摂るようにしています。ビタミンも摂りたいので、なるべく野菜や果物も食べられる時は食べるようにしています」

 *そのビタミンについて訊ねましたところ、「ビタミンCはサプリメントも利用しています。普段の食事で足りていないなと思うものはサプリメントの力を借りています」とのことでした。

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 すみれさん「こだわりは特にありませんが、最近はまっているのは、『境界』高知公演で高知を訪れた際に買った柚子こしょう風味の甘酢をサラダチキンや野菜にかけて食べることです」

 *この日のサラダチキン画像にかかっているドレッシングがそれでしょうかねぇ。だとしたら、艶々してて美味しそうなんですけど。

5 毎日、食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 すみれさん「最近はサラダチキン、ゆで卵は必ず食べています。野菜や果物をその日によって変えたりしています」

 *そうそう、ゆで卵についても訊きたいことあったんでした。我慢は体に悪いので早速訊いちゃいますか。

 -ゆで卵はハードボイルド派ですか。それとも半熟派ですか。
 すみれさん「ずっと半熟派だったのですが、最近は固茹でも好きになってきました!卵の黄身の味をしっかり感じられる気がします」(笑)

 *想定もしていなかった丁寧なお答え、頂きました。にしても、しっかり味わって食べられているとしたら、ゆで卵も本望というものでしょうね。(笑)

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 すみれさん「基本的には公演のある日もランチの内容はあまり変わりません」

 *そうなんですね。変えないこと、一択なんですね。公演日であるにせよ、ないにせよ、基本、舞踊家がランチに求めるものは「変化」ではないということは理解できてきましたから、私どもも、ハイ。

7 いつもどなたと一緒にランチタイムを過ごしていますか。

 すみれさん「いつも妹のさくらと一緒にランチを食べています」

 *一緒に作って、一緒に食べる。仲良しなんですよね、ホント。そしてお互いによくわかっているから、落ち着くんですよね、きっと。食事の相手にはそういうのって大事ですね。

8 主にどんなことを話していますか。

 すみれさん「公演やリハーサルの事なども話しますが、大体は他愛もない話をしています」

 *他愛もない話、聞き耳立ててみたいです。

9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 すみれさん「あまりおかずの交換はしませんが、星那ちゃん(=井本星那さん)が飴やチョコレートをくれる事があり、疲れている時など本当にこの一口が嬉しすぎて元気が出ます」

 *スイーツの効果、偉大ですよね。血糖値の上昇が疲労回復に繋がるだけでなく、脳内にセロトニンが作られることで、リラックスできるのだそう。でも、「一口」でやめることが難しかったりするのが玉に瑕ですけれどね。強い意志が必要な訳で…。(汗)

10 いつも美味しそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 すみれさん「割とメンバーのみんなは、軽めのランチの印象なんですが、私は休みの日以外はあまりお米を食べないので、ランチにおにぎりなど持って来てるメンバーを見ると美味しそうだなーと密かに思っています」(笑)

 *ホントにみんな「軽め」なんですよね。大丈夫か?ってくらいに。この「ランチのNoism」を始める前には、みんな、あれだけガンガン躍っているのだから、もっとガッツリ食べてるのかと思っていた訳でしたけれど。今はもうスッカリ認識も新たになりました。でも、せっかくの「こめどころ」新潟ですからね、お米も「密かに」召し上がってくださいね。

最後に、すみれさんから頂いたメッセージをお読みください。

サポーターズの皆さまへのメッセージ

「いつもNoismを応援してくださり、ありがとうございます。サポーターズの皆さまのおかげでリハーサルや公演に専念することが出来ています。
公演で皆さまの心に響く踊りをお届けできるように精進して参りますので、これからも応援よろしくお願いします」

この度は、前回のさくらさんに続き、すみれさんランチをご紹介することで、おふたりのまた別の日の「タンパク質+ビタミン」ランチを覗かせて頂くかたちになりました。ご馳走様でした。しかしそれに止まらず、すみれさんにはランチ以外の質問にも、丁寧なお答えを頂き、本当に感謝しかありません。どうも有難うございました。ってことで、「ランチのNoism」第16回はここまで。今回もお相手は shin でした。次回をお楽しみに。

(shin)

Noism0 / Noism1《境界》東京公演 

稲田奈緒美(舞踊研究・評論)

 2019年からゲスト振付家を招いて催しているダブルビル公演。芸術監督による色を鮮明に打ち出すことで、カンパニーとしての個性を獲得してきたNoismが、いわば外から血を入れることで、多様な視点を獲得し、新たな可能性を見出す機会となっている。今回招かれたのは、山田うんであった。
 
 山田は、圧倒的な身体能力と豊かな感性を持つメンバーで構成するカンパニー、Co.山田うんを主宰しており、その点ではNoism芸術監督の金森穣と等しい。ストイックにダンスを追求する点は同じだが、Noism作品は構築的でエッジの効いたものが多いのに対し、山田うんの作品から受ける印象は対照的である。山田はよりほんわか、ふんわりと包み込んでダンサーの個性を活かしつつ、身体的、芸術的な要求を高め、最大限引き出そうとするのだ。その山田が、今回初めてNoism1のメンバーに振り付けた。プログラムにある金森の文章によると、創作途中でキーワードを山田に尋ねたところ「境界」があがり、偶然にも金森と重なったことから、今回の公演タイトルが決まったそうだ。個性も創作方法も全く異なる二人の振付家が挙げた「境界」をテーマに、この公演が構想された。

 一作目は山田うんの演出、振付による『Endless Opening』。第1章から第4章まで分かれており、幕があがると、カラフルな布で作られたシャツとパンツに、柔らかな薄布を花弁のように散らした上衣を羽織ったダンサーたちが、やわらかく、流れるように踊り始める。色の組み合わせはそれぞれ異なるが、男女の区別はない。体形や性別による役割、民族的な差異ではなく、それぞれに色、個性が異なるだけなのだ。そんなジェンダーを揺さぶる小さな仕掛けは、山田の作品に珍しくない。群舞になり、ソロになり、グループに分かれと自在に構成を変えながら、音楽を浴び、光を受けて軽やかに踊るダンサーたちの心地よさが、客席まで伝わってくる。但し、それだけでは面白くない。山田は、動きと動きのあいだの粘りや余韻を振付にいかし、何気ないステップを繋ぐかに見せて、意表を突く。それらがごく自然にダンサーの身体から生まれており、動きの余韻が空気に溶け込んで、フォーメーションやステップの変化によってダンサーとダンサーの関係性が緩んでいくようである。ダンサーたちのからだがおだやかに、やわらかく開かれていくことで生まれるダンスが、自らの身体と空間という境界を、自らの身体と他者の身体という境界を、浸潤していくようである。


 山田は創作のために新潟で滞在した折のことを、以下のようにプログラムに記している。「信濃川のほとりを歩くと、水面を蹴る光、厚い白雲、草の匂いを感じながらその全てが心地よく新鮮で、私に創造する力を与えてくれました」。山田が信濃川のほとりで感じた、光や音や風の有機的な動き、生まれ、消えゆくときの余韻のようなものがインスピレーションを与えたようだ。それがダンスという表現に生まれ変わることで、物理的な境界としての身体、それを囲む空間、自己と他者という境界が、やわらかく浸食しあいながら溶けていくようであった。親和することで、境界がゆるみ、互いに浸潤していくのだ。


 ところが第3楽章になると、ダンサーたちの動きは止まり、一人一人が運んできた台車をのぞき込む姿でフリーズする。台車はベッドになり、棺になって、それをのぞき込んだ体勢のまま動かないダンサーの身体が、死と決別の悲しみ、苦悩、鎮魂を現出する。台車の中に収められ、隠された死と、それを上からのぞき込む生々しい肉体。生と死の境界は断絶されているのか。いや、この境界さえもこのシーンではやわらかく浸潤し合う。そして台車の上に横たわるダンサーたちの身体が、今度は胎児のように縮こまり、種子のように凝縮したところから、揺らぎ、もがくことによって新たな命として誕生していく。そうして生まれ変わったダンサーたちは、両腕にまとってきた薄布の花弁のような袖を脱ぎ、手向けるように台車において、舞台の奥へ向かって台車を押して進んでいく。その姿から色彩が消えて黒いシルエットのみになったとき、台車とダンサーのあいだに幕が降り、幕によって隔てられた明るい空間が再び現れる。

 第4章は、再びあかるく軽やかな音楽に乗って、ダンサーたちは一人で、デュオで、アンサンブルで踊っていく。そのダンスは、他者と共に動くことによって身体という境界を拡張していくようである。最後は全員がひとかたまりとなって踊るのだが、それは一糸乱れぬ群舞が美しい、というある種のダンスの価値観とは異なるものである。個を消して合わせようとするのではなく、個と個が境界を侵食し合うことで緩やかな塊となって動く生命体のようであった。

Noism1『Endless Opening』
撮影:篠山紀信

 心地よい動きや美しいアンサンブルといった、一見ウェルメイドなダンス作品のようでありながら、山田らしいユーモアや痛み、挑戦や揺らぎ、踊る喜びを巧みに配した作品。ダンスによってからだを、個を、生を開き続けていくことで、死と喪失に向き合い、受け入れていく。そんな山田の思いに、信濃川の陽光とNoism1のダンサーたちが応え、観客に伝えてくれた。

 後半は、金森穣の演出、振付で、Noism0の3人が出演する『Near Far Here』。真っ暗な舞台上に、白いプリーツの打掛のような衣装を纏った井関佐和子が一瞬現れ、暗転。再び白い衣装の井関が現れると、まるで空間移動をしたかのように立ち位置が変わっている。再び暗転から一瞬の明滅で現れる。それを繰り返しながら後方へと移動し、照明がつくと白いオブジェのような井関の前に、黒い衣装の金森が影のように重なっている。やがて動き出した二人が徐々に別れると、矩形の枠が現れ、山田勇気と金森が鏡に映った実体と影のように同調し、重なりながら動き、別れていく。バロック音楽の峻厳で美しい響きが舞台を満たす中で、3人の身体が重なり、離れ、ぶつかり、引き寄せ合いながら踊っていく。

Noism0『Near Far Here』
撮影:篠山紀信

 やがてスクリーンが上方から降ろされると、3人の影が映し出され、影が踊り始める。さっきまで目の前で踊っていた3人が映し出されていると思いきや、微妙なずれから予め撮影された映像と、今起こっているダンスの影で構成されていることがわかってくる。今、ここで、目の前で起こっているリアルな現象と思い込んでいることが、じつは今、ここではない時間と場所で起こったことであり、その判別が困難であることを示す。次に山田が透明のひし形プレートを持って現れ、それをあいだに挟んだまま、触れ合うことのないまま井関と踊る。手を伸ばせばすぐに届きそうでありながら、決して到達することのないその距離は、私たちの日常を彷彿とさせる。さらにスクリーンが上部から降りてくると、鏡を重ねたように映像がコピーされながら奥へ奥へと、無限に反復していく。それはコピーと反復によって作られた、ここから遠くへと引き延ばされていく、目の眩むような時間である。このように様々な象徴的な仕掛けによって、様々な遠近を見せながら、3人は別々に、あるいはデュオで踊っていく。ここにいる自分と他者、ここにいるはずが幻影であった他者、近くにいるのに触れることはできない距離などが、次々と呼び寄せられ、それらを隔てている境界が身体によって検証されていくかのようだ。

Noism0『Near Far Here』
撮影:篠山紀信

 様々な思いを投影しながら井関と金森がデュオで踊っていると、パーセルのオペラ『Dido and Aeneas』から「remember me」という歌詞が切なく響く哀歌が流れ、静かに幕が降りる。生が死によって引き離されるかのような静けさが漂うが、再び幕が上がると舞台一面に赤い紙吹雪が積もっている。ヘンデルの『オンブラ・マイ・フ』が天上から降り注ぎ始めると、三人が舞台へ進み出て挨拶をする。通常は作品と切り離されたカーテンコールが、ここでは死から再生という境界、舞台と客席という境界を超える演出になっているようだ。客電が点くと、赤い紙吹雪が客席にも降ってくる。血潮のように赤い紙吹雪が劇場中に舞うことで、観客である私たちにも境界を超えるための息が吹き込まれるように。

Noism0『Near Far Here』
撮影:篠山紀信

 今回は山田作品、金森作品ともに、新型コロナウィルスの世界的な蔓延という現状を含めた別離や鎮魂を経て、救いや希望へと向かう意思を感じさせた。鋭敏な感性の持ち主である振付家、ダンサー、スタッフらが自ずと時代を映し出したのだろう。山田は、ダンサーの身体によって、身体という境界を浸潤し、親和しようとする。対して金森は、境界についての世界を立ち上げ、物語るために、ダンサーの身体とその動きは様々な象徴や記号として変化しながら立ち現れる。二人の振付家とダンサーたちによる、身体の、人と人の、時間と空間の、リアルとバーチャルの様々な境界に関する思索が、全く異なるアプローチによって表現されることで、身体を媒体とするダンスの豊かさと可能性を噛みしめる充実した公演であった。

(2021.12.24(金)/東京芸術劇場〈プレイハウス〉)

PROFILE | いなた なおみ
幼少よりバレエを習い始め、様々なジャンルのダンスを経験する。早稲田大学第一文学部卒業後、社会人を経て、早稲田大学大学院文学研究科修士課程、後期博士課程に進み舞踊史、舞踊理論を研究する。博士(文学)。現在、桜美林大学芸術文化学群演劇・ダンス専修准教授。バレエ、コンテンポラリーダンス、舞踏、コミュニティダンス、アートマネジメントなど理論と実践、芸術文化と社会を結ぶ研究、評論、教育に携わっている。

「ランチのNoism」#15:庄島さくらさんの巻

メール取材日:2022/1/19(Wed.)

新しい年「寅年」も、はや1月下旬。昨年夏以来の「ご無沙汰」ではありますが、ここに「ランチのNoism」第15回をお送りする運びとなりました。本当にお待たせしました。今回ご登場くださいますのは『境界』ダブルビル公演の『Endless Opening』で華々しくNoismデビューを飾った庄島シスターズの妹さん、庄島さくらさんです。海外はスロバキアのバレエ団で長く活躍されてきたさくらさん。その彼女のお昼ごはんとか、もう興味しかない訳です。ウズウズウズウズ、ってな具合で一刻も早く覗いてみるしかありませんよね。では、いってみましょう!

♫ふぁいてぃん・ぴーす・あん・ろけんろぉぉぉ…♪

稽古に励む舞踊家は腹が減る。りゅーとぴあに昼がきた♪「ランチのNoism」!

*まずはランチのお写真から

おおぉっとぉ、瑞々しさはそのまま美味しさ♪って画像、きましたぁ!

1 今日のランチを簡単に説明してください。

 さくらさん「りゅーとぴあ6階展望ラウンジにある旬菜柳葉亭のサラダです。ランチを持ってこなかった日は、ここで食べる時があります。いろんなお野菜やタンパク質がとれるのでオススメです」

 *なるほど、なるほど。野菜とタンパク質重視のランチなのですね。この日は「柔らかくて美味しいです!」(さくらさん)というサラダチキンとお豆がタンパク質担当、そこに野菜がブロッコリーにカリフラワー、パプリカ、ミニトマト、人参スライス、そして水菜でしょうか。彩りも鮮やかでホントに美味しそう♪
 そして同じセットが画像奥にもありますから、そちらは(庄島)すみれさんのランチとお見受けしました。ですよね、間違いなく。

2 他にはどんなランチになることが多いのですか。

 さくらさん「普段はスーパーで、すぐに食べられる物を買ったり、休みの日にまとめてゆで卵を作って持って行きます」

 *「ランチのNoism」をやってますと、「スーパー」というワードが出てくるときにはかなりの確率で「あそこ」ではないかというお店が浮かんでくるようになりました。皆さんもそうですよね。で、訊いちゃいました。するとやはりそうでした。メンバー代々御用達のイトーヨーカドーさん!受け継がれていってるんですね、生活スタイル。既に「Noism的」と呼んでもよいほどに。(笑)

はいはい、タンパク質重視型ランチって訳ですね。

 *こちらは別の日のランチなのだそうですが、タンパク質は「ランチのNoism」定番のゆで卵と魚肉ソーセージですね。そこに蜜柑と。やはり「タンパク質シフト」のランチですね。
 魚肉ソーセージからちょっと話は逸れますが、このところ、「練り物」系に共通する高タンパク質という要素、とみに注目が増している感じですよね。NHKの個性的でニッチな人気番組『みんなで筋肉体操』の「筋肉指導」で有名になった近畿大学の谷本道哉准教授、彼のイチオシがカニカマだったりします。高タンパクで低脂質、筋肉作りの「最強食材」なんだとか。で、彼、谷本さんは余計な塩分を落とすために水洗いして食べているっていう徹底振りみたいですけれど…。そんなふうに「筋肉」界隈では「練り物」系、侮れないってのがもう常識みたいです。
 あっ、話を魚肉ソーセージに戻しますと、最近、魚肉ソーセージのフィルム、剥きやすい商品が多くなったの知ってます?画像にも「1秒オープン!」ってありますよね。ソーセージがフィルムに一部削られたりしたのなんてもう過去の話。ホントにスルスル気持ちよく剥けるんですよ。先ず、一発、「歯でガブッ!」なんて必要はなくなりました。技術革新の波を感じます。(笑)おっと、ニッチ過ぎる蛇足でしたね、スミマセン。(汗)

3 ランチでいつも重視しているのはどんなことですか。

 さくらさん「重くなりすぎないものを食べます。休みの日は作ってみたかった料理を作ったり、ケーキを焼いたりします」

 *おおおおおっ!これはもう「パティスリーSHOJIMA」的な!ゼッタイ美味しいヤツですね。わかります、わかります。一目見るだけでもうわかっちゃうヤツです。こうなるともう訊くしかないじゃないですか、ケーキ作りのことなんかも。

 -得意なケーキはどんなケーキですか。
 さくらさん「バナナブレットをよく作ります。アレンジもしやすいので、オートミールを使ったりナッツやチョコレートをトッピングしたりします」

 -すみれさんと一緒に作るのですか。役割分担とかあるんですか。
 さくらさん「ひとりで作る時もありますが、すみれと一緒に作る時が多いです。特に役割分担を決めたりはしませんが、1人が分量を計っていたら、もう1人が材料を混ぜたりと自然と役割が決まります」

 *呼吸もぴったりにケーキ作りを進めていく休日のおふたりの絵が浮かんできます、浮かんできます。
 ここでまた、ランチの質問に戻りますね。

4 「これだけは外せない」というこだわりの品はありますか。

 さくらさん「こだわりではないのですが、フルーツをよく持っていきます。元気がでるので」

 *「青いリンゴ」(と言っても、野口五郎さんではありません。古っ!)、王林(と言っても、「ちゃん」付けで呼ばれるアイドルさんではありません。)でしょうかね。私も好きなんですよ、王林。ジューシーで。って私の話はいいか。そう、フルーツ、蜜柑だったり、林檎だったりって訳です。バナナの日もあることでしょうね、Noismメンバーなだけに。おっと、脱線し過ぎですね。スミマセン。
 にしましても、このお写真、さくらさんの力の抜け具合がとてもいい感じです♪きっとすみれさん撮影なんでしょうね。今回のさくらさんの「ランチのNoism」において、随所にその存在感を感じさせるすみれさん。これもNoismなだけに、操り操られの「黒衣」的存在だったりしてとか、戯れにでも考えちゃったりして…。(笑)

5 毎日、食べるものは大体決まっている方ですか。それとも毎日変えようと考える方ですか。

 さくらさん「大体決まっています。休みの日に買い物や調理をするので、一週間同じメニューだったりします」

 *意味合いとしては、舞踊のため、身体に必要なものを摂取するっていうランチなのですね。これまでもそういうメンバー多かったので、私たちの認識も変わりました。理解できます、今は。食事を楽しむって要素は舞踊家のランチに希薄なのだと。

6 公演がある時とない時ではランチの内容を変えますか。どう変えますか。

 さくらさん「あまり変わらないです。その日のコンディションで量などは調節します」

 *こちらに関しましても、舞台に立つときには「変えない」ことが重要なのだという理解に立っています、今は。

7 いつもどなたと一緒にランチタイムを過ごしていますか。

 さくらさん「ランチを一緒にして持ち歩いているので、すみれ(=庄島すみれさん)と一緒に食べています。そこへ、よく星那ちゃん(=井本星那さん)があそびにきてくれたり、通りかかった人とそのまま話しこんだりしています」

 *そういえば、以前に、上に出て来たりゅーとぴあ6F・旬彩柳葉亭で3人一緒で寛いで食事されているところをお見かけしたのを思い出しました。仲の良さが伝わってくる光景だったと記憶しております。
 あと、さくらさんとすみれさんの食の好みなんかはどうなのかなぁと思ってお訊ねしたところ、「食の好みは似ていると思います。ちなみに、ふたりとも嫌いな食べ物はありません」(さくらさん)とのお答えでした。おふたりならそうですよね。なるほど、なるほど。

8 主にどんなことを話していますか。

 さくらさん「他愛もないおしゃべりをしています。新潟のオススメスポットや食べ物の話しをしたり」

 *今度、メンバー皆さんの、皆さんによる「新潟のオススメスポットや食べ物」、教えてください。m(_ _)m
海外や故郷との違いなんかも交えてお願いしたいと思いますね、是非。

9 おかずの交換などしたりすることはありますか。誰とどんなものを交換しますか。

 さくらさん「交換ではないのですが、メンバーが地元のお土産を持ってきてくれたり、ナッツや飴をめぐんでくれます」

 *メンバーの「地元のお土産」ってどんなものなんでしょうかねぇ。で、いくつか教えて貰っちゃいました。

 さくらさん「愛媛出身の侑加ちゃん(=浅海侑加さん)や洸太(=中尾洸太さん)からはダンボールいっぱいの美味しいみかん。星那ちゃんは、私が一度食べて気に入ってしまったフィナンシェを買って帰ってきてくれます。私達は地元福岡のお菓子『博多通りもん』を皆に買って帰りました」

 こちらですね、「博多通りもん」。前に食べたことがありますが、美味しかった記憶が蘇ってきました♪

10 いつも美味しそうなお弁当を作ってくるのは誰ですか。料理上手だと思うメンバーは誰ですか。

 さくらさん「皆それぞれ美味しそうなものを食べています。ランチタイムになると良い香りがしてきます」

 *「ランチブレイク」、やっぱり気持ち的には重要ですものね。でも、それを挟んでも身体的には連続性が求められるのが舞踊家の皆さんなんですよね。そんな感じで、一区切りを入れながらも、キッチリ繋がりを保とうとしている意識が窺えるさくらさんのランチ、どうもご馳走様でした。

さくらさんからもメッセージを頂きましたので、どうぞ。

サポーターズの皆さまへのメッセージ

「いつも温かい応援や、劇場に足を運んでいただきありがとうございます。
私達が日々のトレーニングやリハーサルに専念でき、それを披露できる場があるのは皆様の応援があるからこそだと思っています。
心に残る舞台をお届けできるよう日々精進してまいります」

さくらさん、色々と丁寧にお答え頂き、どうも有難うございました。この先、すみれさんの登場回には、役どころを入れ替えて、「黒衣」としての存在感も楽しみにしております。それでは今回の「ランチのNoism」はこのへんで。お相手は shin でした。ではまた次回をお楽しみに。

(shin)

「私がダンスを始めた頃」⑳ 樋浦瞳

 小さい頃から、じっとしていることが苦手でした。暇さえあれば兄と妹と、犬と猫と、ひたすら走り回っていました。

 私が踊りを始めたのは、母が近所のモダンダンス教室に連れていってくれたことがきっかけです。その教室では、小さい子のクラスは先生と遊ぶことが主な内容でした。ボール遊び、バドミントン、フラフープ、大縄跳び、マットと平均台でアスレチックを作って跳び越えたり、床にチョークで好きな模様をかいてケンケンパをしたり……。

 様々な遊びの中でも一番楽しかったのが、変身遊びでした。先生が言ったお題に次々変身していくのですが、私は「カエル」や「うさぎ」や「カンガルー」と言われると、顔を輝かせて狂ったように跳びまわっていたそうです。この身体の歓びが、私が踊る原点だと思います。

 その後、大学進学のために地元の新潟から関東へ移り、筑波大学の舞踊研究室で学びました。そこで様々な身体表現の在り方を知り、日本における芸術と社会との関わり方について、問題意識をもつようになりました。
 その頃から自分が舞踊とどのように関わっていきたいのか考えるようになりました。
 研究者や教師の道へ進む友人が多かったのですが、人生で元気に身体を動かせる時間は限られているので、まずは自分自身が踊ることでどこまでいけるのか挑戦してみようと思い立ちました。

 踊っているときは何にでもなれて、どこへでも行けて、何者でもなくなれて、どこでもない場所へ行けます。
 これが、自分が舞踊に惹かれ続ける理由です。
 舞台の上から、作品とお客さんを無限に旅へ連れていける踊り手になりたいです。

(ひうらあきら・1995年新潟県生まれ)

「私がダンスを始めた頃」⑲ 中村友美

 まだつかまり立ちの頃、読経に合わせて母の肩を支えに縦ノリで踊り出した0歳児。初ダンス。

 幼少期は、何かに成り切るのが好きでした。特別な力を持っている、変身出来ると本気で信じ込んでいるような子でした。変な子です。

 そして8歳でクラシックバレエを始めました。母の昔の夢がバレリーナだったので、私がそれを叶えたかったのがきっかけです。しかし、文武両道出来なければ辞めることを条件に。

 時は過ぎ、高校卒業、大学に入学。プロへのチャンスを探すが良いご縁がなく。夢を追い続けるのか、新卒として周りの友達同様に一般の就職をするのか悩んでいました。
 そんな中、練習中に足を骨折。足が動かせないなら腕をトレーニング。次は腕が腱鞘炎。もう片腕は打撲。
 ”踊れない”。バレエを始めて十数年の中で、初めての経験。踊れない辛さ、苦しみを初めて心の底から感じました。踊れる日常が当たり前だったので、”踊りたい”という感情がこんなにも強くあることにこの時初めて気付きました。

 これがこの道に’覚悟’を決めた瞬間でした。一度きりの人生、周りと同じ道に進まなくても良い。上手じゃなくても、リスキーだけど出来るとこまで、気がすむまで自分に賭けて挑戦するぞ、と。

 後に、コンテンポラリーバレエに出会い、クラシックバレエでは出来ない表現や、身体の可能性を感じました。
 クラシックバレエ以外の舞踊も挑戦したい、知りたいと思い受けたのがNoismオーディション 。そして、今に至ります。

 これからも自分の進む道に、挑戦、変化を恐れず。日頃の感謝を舞台にのせて。

(なかむらともみ・1997年大阪府生まれ)

「私がダンスを始めた頃」⑱ 坪田光

 5歳のときにミュージカルを始めました。母が若い頃通っていたスタジオに、とりあえず1年だけでも通わせたいという母の想いで連れていかれました。


 そのスタジオにはダンススクールとミュージカルスクールがあり、年に1回舞台がありました。初舞台では、出番が終わり舞台袖で母に「照明があたって楽しかった」と言ったそうです。公演後ミュージカルを続けることを決めて、ダンスも少しずつアフリカンステップ、タップダンス、ジャズダンス、hiphopなどを始めていきました。


 しかしミュージカルクラスの中で月に1度のバレエクラスがとても嫌いで、ずっと、なぜ綺麗にしなければいけないのか、なぜピチッとしたタイツを履かなければいけないのかなどと思いながらバレエレッスンを受けていました。
 

 時が経ち、ミュージカルスクールは中学3年生で卒団という決まりだったので、卒団前にはダンスを続けることを決意。そのとき、先生に「ダンスを続けるならバレエを始めなさい」と言われ、渋々バレエを始めました。しかし、これが自分の転機で、自分の身体の変化が楽しくなり、みるみるバレエが大好きになっていました。高校2年生のとき、男性のバレエの先生から指導を受けた方が良いと紹介していただき、バレエ教室に通うことになりました。そして高校3年の進路を考える時期に、バレエのコンクールに出てみないかと声をかけていただき、がむしゃらに挑戦してみたところ、スカラーシップをいただき、アメリカのJoffrey Academyに2年間留学しました。今まで自分がプロのダンサーになりたいとも、なれるとも思っていませんでしたが、そこで素敵なダンサーの方々に出会い、ダンサーになりたいと強く思うようになっていました。

 
 振り返ってみると、私は様々な方に出会い、刺激を受け、導かれてここにいます。全てのことに感謝を忘れず、頑張っていきます。

(つぼたひかる・1999年兵庫県生まれ)