『Duplex』埼玉公演3日目ソワレ(2/27)感想(サポーター 公演感想)

☆Noism0 / Noism1 『Duplex』(2021/2/27@彩の国さいたま芸術劇場〈小ホール〉)

一昨日に続き、「Noism0 /Noism1『Duplex』」埼玉公演3日目を観ました。 いつもですと、土曜日は合唱団の練習があるのですが、非常事態宣言で中止となり、幸いにも埼玉公演2回目を観ることができました。

最初は、森優貴さん「Das Zimmer」です。「群像劇」ですが、断章ごとに異なるダンサーにスポットがあたり、それぞれ見せ場があるのは観客として嬉しいですね。

先日はこの密室空間を「洋館」と書きましたが、今回は学校生活のように感じました。衣装も制服のようにも見えますし。

男女ペアの「ハグ」が印象的でした。密着せず持ち上げていないのに女性が浮いています。不思議な美しさがありました。

ラストの渡部さんのソロは、これまで周囲に合わせていた彼女が、自立し、もがきつつも前に歩もうとしています。井本さんの代演で相当なプレッシャーを感じていたかもしれませんが、見事でした。

「残影の庭」については、初演の京都公演と新潟・埼玉公演を観て気づいたことについて書きます。

まず、京都の初演を観た時は「あまり踊らないなあ!」というのが第一印象でした。それが新潟・埼玉公演では、静寂な世界観はそのままに踊りに満ちていて、その感じ方の違いに驚きました!

どうしてでしょうか。

第一に京都では「秋庭歌一具」のうち「秋庭歌」が雅楽のみだった、のがあると思います。舞踊家のいない舞台(庭)が「不在感」「残影感」を醸し出しますが、舞踊のみの公演でどうするのだろう?という疑問もありました。まさかの曲ごとカットには驚きました。

また、京都では共演した伶楽舎の影響も大きいです。雅楽は演奏家の立ち居振る舞いが「静」そのもの。武満徹の曲でさえも空間が動かない印象がありました。観客にも少なからず影響を与えていると思います。

舞台装置についても書きます。

新潟・埼玉公演では壁に備え付けだった灯篭は、京都公演では天井からぶら下がり、上下に可動式でした。 雅楽と舞踊の結界のようでもあり、また逆に極彩色の雅楽と淡色のNoismを結びつける効果もあったと思います。

新潟・埼玉公演でひらひらと落ちてきた落葉は、京都公演ではバサッと落ちてきたのも印象的でした。ベジャール「M」の桜吹雪と落ち方が一緒のようにみえました。

この落葉については、第一部の最後の曲目で声明を唱う僧侶たちが「散華(さんげ)」を巻いたのもあり、Noismの落葉が「散華」のようだったのも奇跡的でした(果たして金森さんは狙っていたのでしょうか?)

以上、思いついたままにつらつらと書いてしまい、非常に読みにくい文章になってしまいました。 何かしら公演や作品を感じる手助けになれば幸いです。

(かずぼ)

ロームシアター京都開館5周年記念事業『雅楽〜現代舞踊との出会い』、行ってきました!

2021年1月10日(土)、京都はすっきりした青空が広がっていました。
会場のロームシアター京都、設計は前川國男です。新潟市美術館と共通する意匠を目にしつつ、メインホールへ向かいます。

エタノールで手指消毒、QRコードから京都市新型コロナあんしん追跡サービスへの登録を行いました。劇場での公演鑑賞にあたっての諸注意は、供される安心の証左でもあります。
サーマルカメラの視線を感じつつ入場、パンフレットを一部いただきました。
https://rohmtheatrekyoto.jp/lp/gagaku/

第一部は 開館5周年を寿ぐ雅楽演奏です。
正直なところ、雅楽はほとんど聴いたことがなかったので楽曲の終わりが……不思議な印象でした。場の空気に馴染み切るように音が消え、奏者の方々が居住まいを正す。”観客”としてこれを聴いていいのか、誰に捧げられた音色なのだろうかと。しかし、とても貴重な機会でした。
休憩をはさんで、第二部『残影の庭 –Traces Garden』です。武満徹作曲の「秋庭歌一具」は伶楽舎による生演奏。紗のように透ける羽織をゆらがせて滑るように進み、軽やかに鮮烈に踊るNoism0は、雅楽の3つの管楽器と象徴的に呼応しているようでした。
上腕や腿を水平に振り上げるような特徴的な振り。金森さんの動きの中に舞楽の動作を見、歴史上蓄積されてきた様々な身体知の発露を目にした思いでした。
静寂から立ち顕れ、静寂に還る秋のうつろいを余韻として、劇場をあとにしました。


『残影の庭 –Traces Garden』は、このあと『Duplex』の新潟公演、埼玉公演にて上演されます。https://noism.jp/npe/duplex/

(のい)