Noism1新作公演チケット発売開始!

本日、Noism1 近代童話劇シリーズvol.2 『マッチ売りの話』+『passacaglia』 新潟公演、埼玉公演、 チケット一般発売開始です! http://www.ryutopia.or.jp/schedule/noism/170120s.html

新潟公演初日1/20(金)、埼玉公演全日程(2/9~12)、売れ行きいいです♪ お早めにどうぞ!

そして昨日は、新潟日報5面、なんと全面で、11/1に開催されたNoism出前授業の記事が掲載されました! 新潟日報リーダーズ倶楽部主催、新潟日報社・新潟日報事業社の企画です。11/2の新潟日報に掲載された、新潟市北区の早通中学校での金森さん講演の詳細報道です。

「県内の企業・学校・団体などのトップが終結し、新潟を元気にする活動を展開する新潟日報リーダーズ倶楽部(75団体)。初の出前授業として、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 舞踊部門芸術監督を務める金森穣さんが新潟市北区の早通中学校へ。新潟の次代を担う中学生にこれまでの歩みやこれからの夢を語りました。」

私も聴きたかったなあ♪   (fullmoon)

 

「さわさわ会」新潟懇親会のご案内

今日11月3日は井関佐和子さんの誕生日です♪ 佐和子さん、おめでとうございます!

一昨年11月3日 創設の「舞踊家 井関佐和子を応援する会~さわさわ会~」も3年目となりました。

★「さわさわ会」総会・懇親会・佐和子さん誕生会のご案内

日時:2016年11月13日(日) 18:45~19:00 総会(受付開始18:30) 19:00~20:30 懇親会・誕生会(会費5,000円)

会場:燕三条イタリアンBit 3F(新潟市中央区新島町通1ノ町1977)

申込:11月7日(月)までに、電話、メールで事務局へお申し込みください。

井関さんは懇親会・誕生会から参加されます。 当日は新入会員、年会費納入も受付いたします。会員ではない方もお誘い合わせてどうぞご入会、ご来場ください。 佐和子さんと一緒に楽しいひとときを過ごしましょう。

お問い合わせ・参加申込先 さわさわ会事務局:090-8615-9942 メール:info.sawasawa@gmail.com

皆様、どうぞご参加ください♪http://www.sawasawa-kai.com/

井関さんはメディアでも活躍中!

●10月24日発売『GQ JAPAN』12月号の特集「SIX PACK SEXY」に登場。「ザ・腹筋美女16人」として、佐和子さんの美しくセクシーな写真が掲載されています。http://gqjapan.jp/magazine/backnumber/20161020/gq-vol163

●10月25日発売『月刊新潟 Komachi』12月号の特集「はじめてみよう グルテンフリー生活」に登場。井関さんが取り組んでいる「グルテンフリー」という食生活について語っています。こちらには佐和子さんの美しくおだやかな表情の写真が掲載されています。week.co.jp/newest/ko/ pic.twitter.com/FU4mBDbmSL

そして、昨日11月2日は、新潟日報28面に金森さんが登場! 新潟市北区の早通中学校での講演の様子が掲載されました。 詳しい講演の内容は11月下旬に新潟日報の紙面にて大きく紹介される予定とのこと。楽しみです。

さて、10月31日は、シネ・ウインド「躍る旅人」&山田勇気×三宅監督トークイベントに行ってきました! 「躍る旅人」は、能楽師・津村禮次郎を追ったドキュメンタリー映画で、だいたい3部構成になっています。 第1部の共演作品映像集に山田勇気さん、小㞍健太さん、平原慎太郎さん、元Noism2の山崎文香さんほか、舞踊家や俳優さんたちが登場します。 2部は津村さんの来歴、3部はバリ舞踊との共演映像となっています。

トークに登壇した山田勇気さんは、津村さんと共演した時の印象などを話されました。三宅流監督は静かで穏やかな雰囲気の人。 シネ・ウインドでの上映は明日までです。

さてさて、前のブログでNoism2公演初日チケット残り2枚と書きましたが、座席増があったらしく、残席わずかながらまだチケットあります。他の日も大好評発売中!

12/16(金)19:00  12/17(土)17:00  12/18(日)13:30、17:00 ※全4回、毎回金森芸術監督と山田勇気さんによるアフタートークもあります。http://noism.jp/npe/noism2_teiki_2016/

ぜひどうぞ!   (fullmoon)

静岡公演 最終日、行ってきました & さわさわ会静岡懇親会 & 月刊にいがた情報

7月23,24日、バヤデール静岡公演に行ってきました!会場のグランシップ・SPAC静岡芸術劇場がある東静岡駅は、静岡駅の一つ東寄りの駅。構内にはバヤデールの看板がありました♪

untitled

駅を出るとすぐグランシップがあります。shinさんも写真アップしていましたね。静岡芸術劇場はこの建物の一番奥にあります。

untitled

静岡公演2日目、満員御礼となった千秋楽の舞台。宮前さん、田根さんの姿もお見かけしました。さすがは最終日です。

開演の前に、大沢真幸さんのプレトークがありました。バヤデールの見どころということで、内容解説をしてくださいました。

そして開演。今日も本当にすばらしい!!もう観ていてドーパミンが出まくりです。今回は5列目(前日は3階席)で観ました。静岡芸術劇場の座席は前の席の人の頭が全く邪魔にならないようになっていて、これは感激です! どこの劇場に行っても前の人のせいでよく見えなかったりすることがありますよね(私の後ろの人、すみません)。ところが静岡芸術劇場はそういうことはありません。すばらしい会場です!

ということで、広々とした視界でたっぷりと堪能させていただきました。しあわせ♪

ミラン、バートル、ポーヤン、俳優さんたちはもとより、どの役のメンバーも一人一人がすばらしく、生き生きと輝いていました。このメンバーが揃っていたからこそ実現したバヤデールであり、まさに感動の舞台!!

幕が下り、拍手と歓声の嵐、そしてスタンディングオベーション。新潟公演にも勝るどよめきがうれしい♪

終演後のアーティストトークはまず最初に金森監督が登場し、司会の大岡淳さんと、平田オリザ脚本についての経緯、言語を用いるということについて、発語における身体の専門性(SPAC)、Noismの社会化(大衆化ではない)、舞踊も言語と同じように何かを伝えることができる、というようなお話をしていると、俳優の貴島さん、奥野さん、たきいさんが登場。

舞踊家と同じ舞台に立ってのご感想を一人ずつ話されました。貴島さんは、舞踊家のエネルギーと対峙するためには言語だけでは無理で、舞台に立つ身体がどういうものでなければならないか、身体自体の存在感が必要と話されました。

奥野さんは、舞踊家たちが自分自身の可能性を追求し続ける厳しい姿を見て、自分の原点に立ち帰る思いがしたそうです。エネルギーを最大にしなければならない、プリミティブで原始的なエネルギー、鈴木忠志氏に叩きこまれた、これ以上やると空中分解してしまうギリギリまでやるという教え、そして何かを演じるのに無駄な演技でそれらしくするのではなく、呼吸を深くして言葉だけをしっかり発話することを指導されたこと、等を話されました。

たきいさんは、稽古を始める前は、舞踊家たちは発話しないということで、どうなるか不安だったそうですが、最初に一緒に合わせてすぐ、舞踊家たちは言葉ではない言語をもっているとわかり、セリフがなくても大丈夫と安心したそうです。自分のセリフについては自分で言って傷つくセリフが多かったそうです。

金森さんによると、平田オリザさん的な「ええ、まあ」とか「はい」というセリフはすべて省いたそうです。そのほか、新潟公演に比べて、セリフや振りがシンプルになっていきました。

この作品は記憶と慰霊がテーマであり、世代間の記憶の共有や、ある種の慰霊を表すことができるのが舞台芸術ではないかというお話でした。

また、金森さんは演劇にもとても興味があり、今度は半々(舞踊家10名、俳優10名)で創作してみたいとも話されました。

NoismとSPACは分野は違えど日本で二つしかない公立劇場専属プロ集団であり、今後も交流を深め、新潟と静岡で育まれている文化を、これからも世界に発信していくという共通認識でアフタートークは締めくくられました。

そのあとは、さわさわ会静岡懇親会!劇場2階のカフェシンデレラで開催。佐和子さんおつかれさまでした!

齋藤正行会長から「世界のお茶コンクール金賞受賞」の静岡茶と「こころを込めて」という静岡茶が花束の代わりに渡されます(参加者には笹団子も)。

untitled

バヤデール、ほんと大金賞です。佐和子さんと和やかに話したり、サインをしてもらったり、写真を撮ったりと楽しいひとときでした♪

佐和子さんのブログ更新されましたね。長い長いツアー、本当におつかれさまでした。http://www.niigata-nippo.co.jp/blog/iseki/

翌日新潟に帰り、バヤデール興奮が冷めやらぬ私に、月刊にいがたの情報が・・・143ページNoismメンバーリレーコラムによると、「Noismでの3年の活動を終え台湾に戻るリンさん。」と書いてあります。ショック。。リンさんやめちゃうの!?  「穣さんを目標に振付家という夢に向かって頑張ります。」というリンさんのコメントもあります。 残念ですが、ますますのご活躍を期待しています。

そして、バヤデール鳥取公演情報も! 9月24日(土)16:00開演予定、 チケット:8月3日(水)発売予定、会場:米子市文化ホール、問合せ:BeSeTo演劇祭 問い合わせ窓口(鳥の劇場内)tel.0857-84-3268

鳥取公演にはリンさんも出演するみたいです♪ (fullmoon)

サポーターズ会報29号 & さわさわ会会報誌vol.3発送しました! プレス向け公開リハーサル写真 !

両誌とも、会員の皆様宛に6/11に発送しました。発送作業をしてくださった皆さん、どうもありがとうございました ! そろそろ会員の皆様のお手元に届いているのではないかと思います。

サポーターズ会報の内容は、金森監督と舞踊評論家 山野博大氏の対談、及び山野さんの特別寄稿、『カルメン』再演公演についての浦野芳子さん特別寄稿と会員感想、舞踊家(Noism1メンバー)の『バヤデール』メッセージ、そしてシリーズの「私がダンスを始めた頃」(吉崎裕哉)&バレエミストレス日誌(真下恵)、他となっています。

さわさわ会会報誌の内容は、なんと、金森さんから佐和子さんへの質問、そして、『箱入り娘』、『愛と精霊の家』、『カルメン』再演、各公演に対しての佐和子さんの想いが掲載されています。

両誌とも素敵な写真が満載!会員の皆様には公演に先駆けて郵送いたしました。『バヤデール』公演各会場では、この豪華会報&会報誌が無料折込配布される予定です!どうぞお楽しみに♪

会報作成は会員の皆様の年会費によって支えられています。ご入会&ご更新、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここからは、いよいよ間近に迫りました『ラ・バヤデール-幻の国』、先日のプレス向け公開リハーサルの写真です!本番まで写真は見たくないという方はご注意くださいね。

まずは一番最初。年老いたムラカミの登場。
バヤデール写真

愛し合うミラン(ニキヤ)とバートル(ソロル)。
バヤデール写真2 089

フイシェン(ガムザッティ)とミラン、そして謎の侍女ポーヤン。
バヤデール写真3  123

反乱軍の馬族と帝国陸軍のメンガイ族。左後方は大僧正ガルシン。
バヤデール写真4 143

このあとミランの死、そして・・・・物語は続きます。

公開リハーサルのあと、囲み取材で質問に応える金森監督。
バヤデール写真5 222

写真はほんの一部です。あっと驚く劇的舞踊が繰り広げられます。美しく贅沢な舞台をどうぞお楽しみに!! (fullmoon)

『バヤデール』プレス向け公開リハーサルに行ってきました!

なんと、第一幕全篇を見せていただきました!約1時間。とにかくすごい!すばらしい!!早く次が見たい!!!

5月の会員向け公開リハーサルでは、このあとの第2幕、「影の王国」のあたりを見せてもらったので、繋がり具合はなんとなくわかりますが、そういうことでは全くありません。とにかくもうびっくりです。

バヤデールであってバヤデールではありません。導入からして違います。まさに劇的舞踊!『ホフマン』、『カルメン』を経て、その次を行く第3弾にふさわしい作品です。全くの新作ではなく、古典バレエ『バヤデール』そのものでもない、「歴史を踏まえ、今を考える」という金森監督の言葉に大納得です。

皆様ぜひぜひご覧くださいね。全国ツアーでよかった!

とりいそぎ、興奮状態ですみません。写真、詳細はまたのちほど。(fullmoon)

『ラ・バヤデール ―幻の国』チラシとハガキを発送しました!

先日、NoismサポーターズUnofficialと、さわさわ会の会員宛にバヤデールチラシとハガキを発送しました。サポーターズ会員には4/23の柳都会チラシも同封しました。近日中にお手元に届くと思います。どうぞお楽しみに♪

さて、舞踊評論サイト「The Dance Times」の執筆ライター山野博大さんが、昨年一年間で上演した作品と出演者の中から印象に残った作品と舞踊家を選出する「ベストパフォーマンス&アーティスト」にNoism作品と井関佐和子さんを選んでくださいました!

【ベストパフォーマンス】
・ Noism 1『ASU~不可視への献身』(神奈川芸術劇場、1月)
・ ローザス『ドラミング』(東京芸術劇場、4月)
・ バットシェバ舞踊団『DECADANCE-デカダンス』(神奈川県民ホール大ホール、10月)

【ベストアーティスト】
・ 井関佐和子(Noism 1『ASU~不可視への献身』神奈川芸術劇場、1月)
・ 中村祥子(熊川哲也Kバレエカンパニー公演『海賊』オーチャードホール、5月)
・ 佐東利穂子(勅使川原三郎+KARAS アップデイトダンス『ペレアスとメリザンドⅡ』カラス アパラタス、11月)

金森穣の『ASU~不可視への献身』は、日本人の持つ独特の動きのニュアンスをみごとに結晶させたものだった。井関佐和子がその中心にいた。ローザスとバットシェバはいつもながらの楽しさいっぱいのダンスに好感。中村祥子、佐東利穂子は、共に動きの質の高さを買う。

とのこと。

そのほかの執筆ライターもベストアーティストに佐和子さんを選んでいます。

●折田 彩
・ 井関佐和子(Noism0『愛と精霊の家』、りゅーとぴあ・劇場、9月)
●隅田 有
・ 井関佐和子(《青山バレエフェスティバル Last Show》『Under the marron tree』青山劇場、1月)
http://www.dance-times.com/archives/5026089.html

そして、ダンスマガジン5月号では、乗越たかおさんの『カルメン』レビュー掲載!

「ダンスの充実で物語る 金森穣の冴える手腕」と題して、作品、出演者、舞台空間の見事さを書いてくださっています。

最後、「この内容の厚さと磨き上げ方は、作品ごとに人を集めるプロダクション方式ではまず不可能なことだ。日本唯一のレジデンス・カンパニーとして、その存在感と意義を見事に証明して見せた、マスターピースといえる作品である。」という、うれしい舞台評です♪

『バヤデール』も楽しみですね!(fullmoon)