また違った魅力に浸る、Noism1メンバー振付公演(初日)♪+α

2021年3月27日の新潟市は、曇天で、兆す春もやや控えめ、暖かさもいまひとつといった土曜日。その17時、りゅーとぴあのスタジオBでNoism1メンバー振付公演の初日を観てきました。

久し振りのメンバー振付公演です。しかも早々に完売となってしまった今回の公演。Noism1メンバーのうち7名が振り付けた作品が観られるということ以外は何もわからず、どんな感じかと胸を躍らせてりゅーとぴあを目指しました。

公演の詳細は下の画像をご覧下さい。

7つの演目はそれぞれ10分内外の作品で、演出振付と出演は以下の通りです。

1『The Eclipse』演出振付:チャーリー・リャン、出演:ジョフォア・ポプラヴスキー、チャーリー・リャン、鳥羽絢美西澤真耶

2『life, time for a life time』演出振付:カイ・トミオカ、出演:カイ・トミオカ、渡部梨乃

3『3,2,1』演出振付:スティーヴン・クィルダン、出演:樋浦瞳、池田穂乃香、カナール・ミラン・ハジメ (*タイトルについてですが、冒頭、「さん、に、いち」という音声が聞こえました。)

4『“うしろの正面”』演出振付:中尾洸太、出演:林田海里、杉田可林

5『Flight From The City』演出振付:林田海里、出演:鳥羽絢美、西澤真耶

6『Kol Nidrei』演出振付:三好綾音、出演:スティーヴン・クィルダン、三好綾音、杉野可林、坪田光、土屋景衣子

7『On the surface, there you lie.』演出振付:ジョフォア・ポプラヴスキー、出演:カイ・トミオカ、中尾洸太、中村友美

全て観終えてまず感じたことは、最近、多方面で露出が増し、とみに注目を集めている感のあるNoismにあって、その本体の活動とは別に、これらを創作することはなかなか大変だったのではないかということでした。いったいいつ、どのくらいの時間をかけて創作されたものなのでしょうか。そして、出演者はどうやって決めたのかってこともちょっと訊いてみたいですね。

それぞれの作品が、演出振付にあたったメンバーの普段とはまた違った一面を見せてくれて、とても興味深かったですし、様々なテイストを具現化するダンサーたちの熱演はまったく見飽きることがなく、あっという間に観終えてしまった、そんな感じでした。

また、手にしたプログラムには、それぞれ作品毎に演出振付を担当したメンバーの言葉が掲載されていましたので、幕間に少し明るくなると、「次はどんな作品だろう」「誰が踊るのだろう」と、客席のどこからもプログラムを手に取る際に生じる、紙が擦れる音が聞こえてくるのも印象的でした。

7人のメンバーによる7つの作品。バラエティ豊かな力作・力演揃いで、必ずそのなかにあなたの好きな作品が見つかるでしょう。因みに、私の好みはと言えば、…おっと、今は内緒です。

明日は追加発売された公演とあわせて2公演の日。メンバーたちはさぞかし大変でしょうが、観客としては、期待値をあげにあげても、決して裏切られることなどないと保証しましょう。どうぞお楽しみに♪

*各作品について私が抱いた印象は翌3/28付けの記事をご覧下さい。

ところで、時間前にりゅーとぴあに着いたので、珈琲でも飲もうと、6F展望ラウンジ(旬彩・柳葉亭)にあがったら、嬉しい驚きがありました。りゅーとぴあを訪れたなら是非見て欲しいものがひとつ増えたと言いましょう。それは6F壁面に設置された「RYUTOPIA INFO BOX」というコーナーです。皆さん、ご存知でしたか。

「りゅーとぴあに眠る宝物を集めました」の言葉通り、「音楽」「古典」「演劇」「舞踊」、併せて30を超す、様々興味深い品々が展示されています。『Fratres』のあの場面がフィーチャーされた「舞踊」コーナーには、勿論、Noism関連の「お宝」が6つ並び、目を惹きます。

あれとかこれとか、ハンディな解説入りで展示されていますから、先ずは必見ですね。で、何が並んでいるかと言いますと、…おっと、ご自分の目でご覧になるのが一番ですね。お楽しみに♪

という訳で、今回のブログはまだまだ書かない方が良いものが多く、なんとも思わせぶりなものとなってしまいました。スミマセンです。(汗)+(笑)

(shin)

「また違った魅力に浸る、Noism1メンバー振付公演(初日)♪+α」への3件のフィードバック

  1. shinさま
    思わせぶりブログ、ありがとうございました。
    なんとも魅力的な公演で驚きました!
    明日はどうぞご遠慮なく、いろいろ書いてくださいね。
    それと、6Fに新コーナーができたとのこと。
    明日、早速行ってみます♪
    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      コメント、有難うございました。
      まだ、ほとんど何も書けませんが、
      ひとつだけ書いておきたいことがあります。
      Noism1のなかの7名が振り付けた訳ですが、
      今回出演されなかった井本さんを除いて、
      あとのふたりの女性メンバー鳥羽さんと西澤さんのペアが、
      ダンサーとして、創作意欲を掻き立てるものがあったのではないかということです。
      彼女たちが出演した2作においてはふたりの魅力が炸裂していたように感じました。
      終演後、偶然、鳥羽さんにバッタリ出会い、素敵だったと言ったら、西澤さんとふたりで踊るのは『火の鳥』以来だと言ってましたけれど、ふたりのダンスが作り出す空気に見とれました。
      その他、私の印象に残ったものについては、明日また観てから、少し書きたいと思っています。

      さて、6Fの「INFO BOX」の件です。良いコーナーができたなぁと。(先日の『戦(場の)メリ(ークリスマス)』ポスターみたいにならないよう充分管理していて欲しいものです。)
      もしかして皆さんご存知だったりして、そうなると、こんなして書いちゃうのはみっともないなぁとも思ったんですけれど…。
      いつ出来たんでしょうね、あれ。『Fratres(I)』の図柄からして最近ですよね。もっと宣伝したらいいのにと思って、書いてみたものです。是非見に行って下さい。
      (shin)

  2. 皆さま
    りゅーとぴあ6F展望ラウンジに新設された「RYUTOPIA INFO BOX」ですが、本日、たまたま居合わせたスタッフの方にお訊きしたところ、3月11日にお目見えしたとのことでした。ですので、もう既に多くの方がご覧になられているように思いますが、まだの方は是非是非♪
    そしてその際、同スタッフの方には、出来れば、ある程度の期間をおいて展示替えなどしていただけたら、とお話ししたことも記しておきます。
    (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA