Noism15周年記念公演・新潟2日目および交流会のことなど

2019年7月20日(土)、この日は朝から落ち着かない天候で、基本、雨模様ながら、ほぼ数分ごとに止んだり降ったりを繰り返すため、それに合わせて傘を閉じたり開いたりと忙しいうえ、蒸し暑いのは前日同様で、とにかく、始末に負えない天気の新潟市でした。

それ以外にも、あらゆる種類の「始末に負えなさ」を越えて、私たちに突き刺さってきたもの、それがNoismの15周年記念公演(中日)であったことは説明を要しますまい。

りゅーとぴあ・劇場の舞台で展開されたのは、始末に負えない天候やら、その他、始末に負えない個人的な事情やらとは隔絶した、いわば普遍的な敬意やオマージュ、更には普遍的な祈りの舞踊。

体感温度的に言うなら、震えたり、胸が熱くなったり、舞台を見詰める身体は、実際の寒暖計が示す数値をよそに、それとはまったく無縁の温度を体感し続ける65分間(『Mirrroring Memories-それは尊き光のごとく』)だったり、15分間(『Fratres I』)だったりした訳です。あるときは凍えたり、またあるときは熱く滾ったり。これ、Noismの舞台を観ているときには、極々自然なことに過ぎません。

前日に比して、割とおとなしめだった2日目の客席でしたが、『Fratres I』が終わった後、カーテンコールを重ねるうちに、この日も「ブラボー!」やらスタンディングオベーションやらは拡がりを見せましたし、新潟市の観客も変わってきているなとの印象を持ちました。そして豊かな情感を体感した人の表情は例外なく幸福そうな笑顔になるものです。終演後のホワイエに溢れていたのはまさしくそうした笑顔に他ならず、Tシャツを求めようとサイズを思案する姿や、活動支援申し込みのブースで書類に必要事項を書き込む姿が多数見られたことも特記しておきたいと思います。

とかく「わかる/わからない」で語られがちですけれど、それを越えて、更に深いところで観た者を揺さぶる存在、それがNoismなのです。観た者の心に深く食い込むNoism、一人でも多くの方に、是非とも「生」の舞台の凄さを体感していただきたいと思います。たとえ、頭では容易に整理がつかなかったにせよ、身体的に物凄い側面を目撃し続けたことで、確実に何かが伝わってくる筈です。驚くに値することかもしれませんが、これ、Noismでは特段珍しいことではありません。

Noismに注いだまなざしは、想像を超えるほどに大きな感情の奔流と化してあなたに戻ってくることでしょう。あなたに送り返されるもの、それは未だ経験されたことがない未踏の感情と言えるかもしれません。それはひとり優れた芸術のみが可能とするところであり、Noismは、15年の長きにわたり、一貫して、そうしたことをなし得る稀有な存在であり続けているのです。

かように、観終わると語りたくなるのがNoismです。そしてその反面、なかなかうまくは語り得ないのもまたNoismです。

そんな思いを抑えきれない者たちが、この日の公演後、オリエントイタリアン「Iry(イリィ)」に集いました。NoismサポーターズUnofficialとさわさわ会の合同交流会です。遠くは横浜からの参加者も交え、美味しいお料理と飲み物をいただきながら、それぞれが金森さんとNoism、或いは井関佐和子さんへの熱い思いを語り、頷き、共感したり、新たな発見をしたりと、とても幸福で有意義な時間を過ごすことができたと思います。今回、都合がつかず、参加を見送った方も、次回は参加を検討してみてください。愛情が深まること間違いなしです。

で、早くも新潟公演は楽日を迎えます。あれほど待ち遠しかった公演も、いざ幕が上がると、あっという間ですね。

終演後には、金森さんのアフタートークも予定されております。この際、どんなことも金森さんに訊いちゃいましょう。きっと、金森さんは丁寧に答えてくださる筈で、翻って、もっともっとNoismを身近に感じられるようになる筈です。新潟楽日、是非ともお運びください。

(shin)

「Noism15周年記念公演・新潟2日目および交流会のことなど」への2件のフィードバック

  1. shinさま
    2日目詳細ありがとうございます!
    私は緊張の初日から、少し後方、脇に下がり、ちょっとリラックスモードで、素晴らしい舞台を楽しみました♪
    『Mirroring・・・』終幕直後に絶妙のブラボーが!
    そして『Fratres I』後のカーテンコールも盛り上がりましたね!

    Noismの素晴らしさをどう伝えたらいいのか!?
    悩ましいです。
    でもこれからも伝え続け、訴え続けていかなければ。

    公演後の交流会では、参加者の方々の熱い思いをお聴きし、皆さん語り合い、とても楽しく有意義な時間でした。
    ありがとうございました。

    次回の合同交流会は、Noism1次回新作公演12月13,14,15日の中日、12月14日(土)を予定しています。
    どうぞご参加くださいね♪

    今日は新潟公演最終日!
    新潟市長もご覧になるそうです。
    金森さんのアフタートークもあります。

    そして、昨日は交流会があったので行かれませんでしたが。
    今日、明日はNoism1メンバー有志出演の「オドルフク」上映@シネ・ウインド、見に行きますよ。
    こちらも楽しみです♪
    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      いつも有難うございます。

      昨日は前から2列目で、『Mirroring …』直後に飛ばした「ブラボー!」もはまった感じで良かったです。
      一昨日は『Fratres I』向きの中ほどの席から、昨日は『Mirroring …』好適の前方からと、距離感の異なる観賞を楽しみました。本日は一昨日よりもややさがりますが、落ち着いて観られるものと思います。
      昨日は職場の同僚が夫妻で初めてNoismを観に来てくれました。公演後に会えなかったので、明日、感想を聞くのが楽しみです。

      Noismに纏わる輪が拡がっている感覚もあります。更に、更に、ですね。

      また、昨夜の交流会もお世話さまでした。皆さんから色々なお話を伺って、とても楽しい時間になりました。どうも有難うございました。
      (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA