仰天どころじゃない『R.O.O.M.』/琴線に触れるどころじゃない『鏡~』第3クール最終日(新潟公演10日目)

2019年2月11日(月)「建国記念の日」祝日、
Noism1実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』第3クール最終日の舞台を観るべく、
中一日でスタジオBへ行ってきました。
この日の客席には、近作『ロミジュリ(複)』に出演されていたSPACの舘野百代さん、
元Noism2の牧野彩季さん、そして前新潟市長の篠田昭さんのお姿がありました。
皆さん、お忙しい時間を割いて、他のお客様と同様、自らチケットをお買いになられてのご鑑賞とお伺いしました。それぞれ、Noismに対して並々ならぬ関心をお持ちだということが窺われ、胸が熱くなりました。皆さんそれぞれにご挨拶できてよかったです。

雪も収まったりゅーとぴあ界隈

そして、この日の公演です。
第3クールも最終日となり、舞踊家は揃って圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。
どの動きも「自家薬籠中のもの」に映り、一瞬の淀みもありません。(当然と言えば、当然なのでしょう。)私たちの目を釘付けにして舞台は進みます。
『R.O.O.M.』も『鏡の中の鏡』どちらも、観るのが初めてでも、何度目かでも、
そんなことは大差ないとでも言わんばかりに、会場中の一人残らずを圧倒し、
虜にして、魅了し尽くしていきます。
客席には、どちらも息を殺して見詰めた後、最後の暗転に至り、
漸く思い出したかのように大きく息をつく者しかいないようでした。

話が先へ進み過ぎました。
先ず『R.O.O.M.』で触れておかなければならない事柄に戻ります。
一昨日、このクールに入って、ある印象的で効果絶大なる要素の「追加」があったことは
既に記しました
その際、驚きのあまり、やや落ち着きを欠いたまま観てしまったため、
この日は「ガン見せねば」との思いで、その場面を迎えました。
すると、またしても「えええっ!」「一昨日観たのと違う!」
「いや、待てよ。気のせいか、若しくは、一昨日は見落としていたのかも?」
仰天し、落ち着きを失うこと再び。
しかし、その真偽を確かめるべくもありません。
仕方ないので、他に(心許ない)記憶とは違う細部もちらほらあったような気がしたことから、
3月3日の「アフターアフタートーク」の折にでも訊いてみようかと切り替えることで、
なんとか気持ちを落ち着けることが出来ました。
後半のクライマックスでは、西澤真耶さんが視線を定める一点が私の席と重なり、
その微動だにしない凛とした目の力強さに打たれたことも書き記しておきます。
そして、音楽、照明、舞踊の全てが渾然一体となって作り出す、
あの切れ味鋭いナイフのような幕切れに至り、
この日も、まるで初めて観るかのように圧倒されてしまったのでした。
毎度のことですが、あれよあれよと一気見してしまい、
50分もある作品だということが俄かには信じられない程です。
けだし、50分間の「驚異」と。

休憩後の『鏡の中の鏡』。
同じ「箱」がほんの15分を挟んで、全くの別物に見えるのはいつもの通りです。
先ずは金森さんのソロ。切ない導入です。
空気がそっくり入れ替わったのかと見紛うばかりの切なさが瞳に届いてきます。暗転。
続いて井関さんのソロ。
さっきまで『R.O.O.M.』を踊っていたのが嘘のような別人がそこにいて、
切なさを増幅、展開させていきます。暗転。
音楽も装いを変えると、今度はふたりのパ・ド・ドゥ。
何という情緒でしょう。何故にこれほど胸を打つのでしょう。
恐らく、そのパには観る者の数だけ「物語」が重ねられるのでしょうが、
重ねられる「物語」は異なっても、
胸が締め付けられ、息苦しくなるのは観る者すべてに共通のようです。
「琴線に触れる」などという生易しいレベルではありません。
事実、私が涙腺に来たなどというのはまだ序の口に過ぎず、
隣の女性は肩を震わせて必死に嗚咽を堪えようとしていたほどです。
他にも涙を流していた方も大勢いらっしゃった様子で、
誰一人として、呼吸を整えることなしに、拍手などできよう筈もありませんでした。
いつものことながら、ふたつの身体が見せる信じ難い程の表現の深さを
目の当たりにしては、僅か20分の作品だということが信じられません。
まさしく、20分間の「奇跡」かと。

どちらも最後の暗転の後、
カーテンコールを待って、「ブラボー!」の声が飛び交いましたし、
大きな拍手のなか、スタンディングオベーションせずにはいられないお客様も何人もいらっしゃいました。
(私も気が付くと立っていましたけれど…。)

終演後、立ち去り難い思いを抱えていますと、
Noismを介して知り合った方々も数名、同じ思いだったらしく、
音楽文化会館側の2階出入り口付近で、意識して語るでも、意識して語らぬでもないまま、
自然と輪ができて、お互いの満足し切って、紅潮した表情を見ながら、
言葉にもならない思いを下手な言葉に乗せて口にしていたのは、
やはりみんな直ぐには立ち去り難かったからに過ぎなかったのでしょうが、
そんな私たちの心を察した「舞踊の神様」が微笑んでくださったのでしょう。
50分+20分を踊り終えた井関さんが通りかかり、なんと足を止めてくれるではないですか!
なんという僥倖♪
お疲れにも拘わらず、笑顔で、「皆さん、舞台から見えましたよ」などとおっしゃってくれるのに気をよくして、「お訊きしたいことがあるのですけれど」「いいですよ。何でも訊いて下さい」
その流れから件の真偽を確かめました。すると、「あれは昨日からです。穣さんが別のを試してみようと言うので」と教えてくださり、一昨日観たのとは違っていたことが確かめられた訳です。で、思ったのは「金森さん、やってくれるなぁ!」
その他にも幾つかお訊ねしていると、誰からともなく、「即席アフタートークですね」の声。
みんなで一斉に笑ったところで「お開き」となりました。
井関さん、お疲れのところ、本当に有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。

傑出した舞踊家と気さくに言葉を交わせる、
そんなほとんど奇跡のようなことが現実に起きる街・新潟市。
Noismはやはり私たちの「宝物」です。

圧倒的な訴求力で私たちを一人残らず虜にしてしまう、
今回の実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』。
はや、新潟公演も3公演を残すのみとなりました。
いずれも前売りは完売ながら、各公演とも当日券の販売が予定されています。
公演時間の1時間前から、おひとり様1枚、お求めになれるチャンスがあります。
未見の方は是非一度、既にご覧になられた方ももう一度、ご覧になるというのは如何でしょうか。後々、後悔の念に苛まれぬよう、くれぐれもお見逃しなく、とだけ。
で、かく言う私も、千秋楽のチケットは買っていますが、
別の日も検討してみようかと思ったりしているような次第です。
(shin)

「仰天どころじゃない『R.O.O.M.』/琴線に触れるどころじゃない『鏡~』第3クール最終日(新潟公演10日目)」への3件のフィードバック

  1. shinさま
    今日もよかったですね~♪
    夢見心地です。

    公演後にりゅーとぴあに残っていると、いいことがあるみたいですね~
    井関さんとお話ししたなんて、うらやましい~!

    3日後は第4クール!
    ますます楽しみです♪
    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      コメント有難うございます。
      公演10日目、またしても大興奮いたしました。
      そして、そう、良いことありました。
      あれは嬉しかったです、ホントに。

      で、井関さんからお聞きしたことをもうひとつご紹介しますね。
      私たちの前に現れた井関さんに、
      「顔が小さくなりましたね。大丈夫ですか」とお訊きしたところ、
      「食べてはいるんですけど、舞台に立つと、脳内のアドレナリンが一気に放出されるのか、痩せてしまうんです。
      だから、穣さんと『この2日間はバカ食いしようね』って話してるんです」と笑顔を浮かべながらのお答え。
      とにかく、次の公演まで少し「らっくり」「じょんのび」(←新潟の方言)して欲しいです。
      恐らく、演じる方も、観る方も、双方ますますヒートアップして、
      胸熱の「最終」第4クールになる筈ですから。
      (shin)

    2. fullmoon さま
      新潟公演「最終」第4クール初日、
      新たな追加やら変更やらありましたか?
      (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA