『R.O.O.M.』/『鏡~』第2クール、快調な滑り出し♪(新潟公演4日目)

第1クール3日間から、中3日のインターバルをおいて迎える第2クールの4日間は、
期間中、最もバラエティに富んだ日程になっています。
お仕事の関係上、平日の方が観に来やすいという方々を念頭に組まれたもので、
木・金、そして日・月という4日間なのです。

そのクール初日・2019年1月31日(木)、みたびスタジオBに出向き、
『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』を観てきました。
わかっていたこととは言え、ワタシ的には「なんと!」の木曜日な訳で、
仕事帰りのため、観ているうちに、うっかり意識が飛んでしまったら…、
そんな心配が頭をかすめ、「身体を甘やかしてはならぬ」とばかり、
敢えて腰にかかる負荷を求めて、(初日と同じ)最前列の席を選んで腰を下ろしました。
この日の客席には、元メンバーの真下恵さん、チェン・リンイさん、
そして、Noism2とのクリエーションで新潟入りしている平原慎太郎さんの姿もあり、
私たちと一緒に「矩形」を見つめていたことも書き記しておきます。

で、結果、「意識が飛ぶかも」なんてことは杞憂に過ぎず、ド迫力の熱演を満喫しました。
例えば、『R.O.O.M.』、12人が横一列に並ぶ場面では、「近っ!」ってな具合で、
彼らが揺り動かした空気がこちらの身体にまでビシバシ届いてきましたし、
汗の雫さえ飛んできそうでした。
そして例えば、『鏡の中の鏡』、井関さんの、或いは、金森さんの苦悩が
まるで自分のものであるかのように感じられるほどでした。

金森さん、やりましたね。第1クールの最終日にも飾られていたのでしょうか、毎日芸術賞の賞状。誇らしいです、実に。

そして、金森さん、やってくれましたね、『R.O.O.M.』。休演期間を挟んで、第1クールを観たときにはなかった、とても印象的な「映像」がこの日は追加されていたのです。

そうきたか!ならば、この後も変わる可能性は否定できない訳で、第3クール、第4クール、そして吉祥寺シアターと度毎に観なきゃ気が済まなくなるじゃありませんか。(汗)

とりあえず、第1クールをご覧になった方は、少なくとももう一度はご覧になった方がよろしいかと。

舞踊家一人ひとりの動きがこなれてきて、一層の確信に満ちて展開される、楽しさが実に半端ない『R.O.O.M.』。衣裳も女性と男性で色が異なるだけでなく、よく見ると、描かれたペイントも一様ではないことがわかりました。

他方、哀切ここに極まれり、もう凄みさえ感じさせずにはおかないくらいの深い境地で魅せる『鏡の中の鏡』。救いはあるのか。ふたりの視線からは一瞬たりと目が離せません。


この2作、新潟の寒い冬に震える身体を、
内側から、それもそれぞれに全く別の角度から温めてくれるかのようです。
その証拠に、この舞台を観終えた人は例外なく、少し積もった雪さえものともしない幸福そのものといった表情を浮かべているのですから。
ならば、敢えて言いましょう。それはまさしく「舞台の奇跡」、或いは、「奇跡の舞台」と。
はたまた、日常を活性化する劇場の非日常、その力とも。
そんなの大袈裟だとか思ってませんか。ホントなんだなぁ、これが。
見逃したらアカンやろ。(←何故、大阪弁?)
是非、このもの凄い2本立て公演を堪能しに来てください。きっと震えがきますから。
りゅーとぴあ・スタジオBがあなたをお待ちしております。
(shin)

「『R.O.O.M.』/『鏡~』第2クール、快調な滑り出し♪(新潟公演4日目)」への5件のフィードバック

  1. shinさま
    今日もよかったですね~~♪
    木曜なのに満員でしたね~

    今日はちょうど真ん中あたりの席に座りました。
    一番前も一番後ろもいいけれど、真ん中もいいですね~♪
    素晴らしい舞台をたっぷり堪能させていただきました。
    しあわせ~♪
    まさに「舞台の奇跡」か「奇跡の舞台」か!
    有り難いことです。

    いちかっこジョバンニさんの、今日の公演についてのブログをご紹介します。
    ネタバレしないように配慮されていますよ。
    ご感想のタイトルは、
    「21世紀の舞曲集に乗って繰り広げられる鮮やかなダンスに目が釘付けになる」です。
    http://clothoiddiary.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      いつもコメント有難うございます。そして、この度も。m(__)m
      昨夜は、木曜日にも拘わらず、
      開演前、スタッフの方が「満席を予定しています」と告げたとき、
      工夫されたスケジュールの妙もあってのことですが、
      驚き混じりの喜びが込み上げてきました。

      圧倒的な50分と20分。そのどちらの終演後にも、
      客席から「箱」に向けて、鳴り止まない拍手と
      あちこちからの「ブラボー!」の掛け声が木霊したスタジオB。
      自らも昂揚した気持ちのまま、手を叩きつつ、
      そこに身を置いていると、
      Noismという新潟市発信の、
      世界に冠たる「劇場文化」がそこにあり、
      自分もそこにいることが、類い希なる僥倖に感じられてきて、
      もう感謝しかないような気分になりました。
      でも、そんな人、多い筈ですよね。

      日々進化することをやめない『R.O.O.M.』+『鏡の中の鏡』、
      未体験なら、驚く用意をして、スタジオBに駆けつけてみて下さい。
      想像の域を遥かに越える、傑出した舞台が待っています。
      (shin)

    2. fullmoon さま
      お訊ねしそびれたことが一件。
      金森さんが頂いた「毎日芸術賞」の賞状は
      この日が初お目見えだったのですか?
      それとも、第1クール最終日の1/27(日)には飾られていたのですか?
      そこのところを教えて下さい。
      (shin)

  2. shinさま
    お返事が遅くなってすみません。。
    「毎日芸術賞」の賞状は1/31(木)から飾られました。
    ニムラ賞の賞状と並んでいて、うれしく、誇らしいです♪
    (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      ご教示、有難うございます。
      そうなんですね、第2クールからの展示だったんですね。
      それにしても、ふたりの賞状を並べておける状況を作るなんて、神様も憎いことをしますね。ああ、なんとも誇らしい♪
      (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA