『ROMEO & JULIETS』驚愕の世界初演、その初日!

九州、中国地方をはじめ、西日本で猛威を振るい続ける記録的な大雨と台風、
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、一日も早く平穏な日常が戻ってくることをお祈り致します。

全国を覆う何やら怪しい雲行きが、やはりと言うか、
夕方を前に多量の雨を降らせた、2018年7月6日(金)の新潟市にあって、
信濃川沿いのりゅーとぴあ・劇場にも
400年の昔に書かれた「あの戯曲」が人心を騒がせる風雲を運んできました。
「大時代的」とも称されかねない古典「ロミオとジュリエット」が、装いも一新。
現代的な肌感覚にも違和感のない「ロミオとジュリエットたち」として現前したのです。

客電が落ちる前から響きだすプロコフィエフによる「前奏曲」がその入り口です。
そこからはまさに怒涛の足し算の連続。

河合祥一郎訳による台詞、
過去作の記憶と綯い交ぜになりつつ「再利用」(金森さん)される舞台装置、
舞踊家と拮抗する役者、
或いは、役者と拮抗する舞踊家、
言葉、身体、手話、
語る者、語らない者、
「不在」にして言葉を押し付ける存在、
キャピュレットとモンタギューの二項の構図とそれを更に包摂する収容・監視・支配の構図、
文字、映像、
身体に散りばめられて輝く暖色(赤)と寒色(青)、
そして「原作者」シェイクスピア譲り饒舌なロミオに対し、
時間感覚を引き延ばす効果を伴う5人のジュリエットたち、等々。

ひとりのインスピレーションから創られた舞台とは俄かには信じられない程の
情報量と高密度で圧倒的なボリュームは
観る者の度肝を抜き、観る者をして驚愕させずにはおかないことでしょう。
(実演家一人ひとりの熱演をダイレクトに受け止めることができる
前方のお席もさることながら、
今回の作品では、少し引いたお席からのご鑑賞も
充分お薦めできるように思いました。)

また、目に飛び込んでくる実演の舞台作品として、
渾然一体となって演じる舞踊家たちと役者たちの姿も驚きでした。
Noismを語るとき、真っ先に浮かぶ単語、身体性。
それを共有し、台詞や所作に込めるSPACの俳優たちの表現力。
その2者互角で遜色のない舞台上での「綱引き」こそが、
金森さん言うところの「舞踊とも演劇とも名状し難い」がまでの
今回の劇的舞踊を顕現させていると言える筈です。
新潟と静岡にあって、
ともに専門的に鍛錬と研鑽を積む環境にあるふたつの集団があればこそ、
世に送り出せる作品であることは言うまでもありません。

そして、「演劇なのか、舞踊なのか」です。
観た人それぞれで答えは異なるものと思われますが、
そもそも、この問いをたてること自体、
今回の野心的な創作、既に大変な衝撃作、或いは問題作でもある証。
どちらかと言うと、「演劇」寄りで観に来る感覚でいた方が
自然に受け止められるのかもしれません。

しかし、勿論、舞踊的にも見どころはたくさんあります。
上にも触れた5人で踊られるジュリエットたちなどはやはりその筆頭で、
時間の「遅延」振りの見事な可視化を楽しむことが出来るでしょうし、
ここでは他にもうひとつだけ、過度のネタバレを避ける意味合いから、
ゆる~く紹介させて貰います。
それは休憩後の二幕冒頭に置かれたあの人とあの人のデュエット。
この「新作」を読み解く鍵を握るものであるばかりでなく、
(上野の森バレエホリディの記憶なども呼び覚ましながら、)
瞬きするのも惜しいほどの見せ場を作っているとだけ。
これではなんのことやらわかりませんね。
でも、乞うご期待、ということで。(笑)

今回は金森さんも出演されるということで、
入場時にご挨拶に立つ姿はありません。
でも、あそこで出てくるのか!
舞台に登場してくる際のオーラを受け止める楽しみに変えて、お待ちください。

なお、今公演では、ホワイエにて、
通常のNoismロゴ入りTシャツの他に、
右画像のようなNoism×SPAC特別仕様の公演Tシャツ(白・黒、1枚各2500円)の販売もございます。
腰の部分には公演日の記載もありますので、鑑賞の記念にはよろしいかとも。
劇場入口のドア脇で、購入したばかりのTシャツに着替えてから入場する方もいらっしゃったくらいです。
これも要チェックですね。
ご検討ください。(笑)

さて、世界初演の初日の幕があけたNoism×SPAC版の
劇的舞踊『ロミオとジュリエットたち』、
皆さんの目にはどう届いた(届く)のでしょうか。
この日のアフタートークは、Noismから3名(金森さん、井関さん、山田さん)、
SPACからも3名(貴島さん、武石さん、舘野さん)が登壇され、
初日を終えたあとの和やかな雰囲気のうちに行われたことも記しておきましょう。
新潟公演はあと二日。
フルハウスのりゅーとぴあ・劇場で、
渾身、衝撃の野心作を是非とも目撃してください。
(shin)

「『ROMEO & JULIETS』驚愕の世界初演、その初日!」への3件のフィードバック

  1. 皆さま
    『ロミジュリ(複)』世界初演、初日の幕開けに先行するかたちで、
    Noism Webの方に、前日7/5の日付で、
    準メンバーだった鳥羽絢美さんの
    Noism1への昇格が発表されているのを見ました。
    こちらもまた嬉しいお知らせでした。
    これからもますます磨かれていく鳥羽さんの踊りを
    見続けていくことができます。
    ああ、よかった♪
    (shin)

  2. shinさま
    詳細どうもありがとうございました!
    世界初演、びっくりしました!!
    いろいろな意味で、まさに驚愕の舞台!!!

    アフタートークで金森さんが、
    「今日はびっくりして、明日は少し慣れて(落ち着いて)、3日目は楽しんでください」
    というようなことを話されていましたね。
    結末を知ってこその伏線がぐっと楽しめると思います。
    やはり何度も観なくては。

    鳥羽さん、おめでとう!
    (fullmoon)

  3. fullmoon さま
    コメント、有難うございました。
    「驚き」でしたよね、まさに。
    「劇的舞踊」というフレーズは
    この作品のためだったのか、と思うくらい。
    バルコニー席にもお客さんがいる劇場は
    壮観でしたしね。
    今日は「3回は」の2回目、
    昨日の段階で、明日はここをじっくり見ようと決めた箇所もありましたし、
    また違った細部を見ることも楽しみにしております。
    後程、また劇場で♪
    (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA