Noism2定期公演vol.9、いよいよ3日後に迫る

これを書いている今日は1/23(火)。
今夜から明日にかけて、
この冬最強クラスの寒気が訪れるという予報に
気が気ではないところですが、そちらは宮沢賢治的心持ちで乗り切るとして、
もうひとつ、気もそぞろになる材料、「慾」はあります。
Noism2の定期公演vol.9が3日後に迫っているためです。
楽しみでなりません。

初日1/26(金)と翌1/27(土)の公演はチケット完売ということですが、
最終日1/28(日)の2公演(13:30~ / 17:00~)はまだ残席があるとのこと。

金森さんが本日午前、次のようにツイートしています。

今日からNoismは午後シフト。開演時間に合わせて朝のクラス時間がシフトする。
Noism2の定期公演は現在4公演(設立当初は3)だが、日曜日が未だ売り切れていないという。
せめて7公演はさせてあげたい。人目に晒される事でしか、気付き得ない感覚がある。
欧州と比べはしないけど、年間50は公演を。

Noism2の定期公演というのは、
素晴らしいパフォーマンスに触れながら、
そのこと自体、若手舞踊家を育てることにも繋がる機会です。
「今」に眼差しを向けつつ、「未来」の飛躍を信じて夢見つつ…。

是非とも満席のスタジオBで踊って頂きたいものだと切に思います。
それもまた叶えたい「慾」のひとつ。
今度の日曜日、まだ予定のない方、
是非りゅーとぴあ・スタジオBに足を運んで、
客席から伸びしろ豊かな若手舞踊家たちに熱視線を注いで欲しいものです。
お席は全席自由、2,000円となります。

なお、最新のチケット販売状況はこちら(Noism Web Site)でご確認ください。

http://noism.jp/n2_teiki_9_tktsinfo/

では、週末、りゅーとぴあのスタジオBでお会いしましょう。

[追記]
下の画像は、1/26(金)早朝(6:46)の新潟市南区付近の広域農道。
地吹雪で完全にホワイトアウトしてしまってます。
こんなに酷い地吹雪は経験がありません。
自動車でお越しになられる方はどれだけ気をつけても充分過ぎることはないくらいです。
どうぞ、くれぐれも最大限の安全運転で。

[追記(その2)] (1/26午後2時の路面状況について)
日中、やや太陽の光も差したことで、車道が顔を見せているところも出てきました。
その意味ではやや寒波も落ち着いてきているのかもしれませんが、
まだ路面は濡れています。
それがこのあとの気温低下で再び凍る「ブラックアイスバーン」になると厄介です。
これ、Noism的な洒落たネーミングに聞こえるかもしれませんが、
路面が、ぱっと見、少し濡れているだけで、凍っているようには見えないため、
事故が起きやすい凍り方で、とても危険な道路状況なのです。
スピードを出していると確実に滑りますし、急ブレーキも厳禁です。
また、ところによっては歩道が雪で覆われていて、
歩行者が車道を歩かざるを得ないこともあります。
スピードは抑えて、気は抜かず、安全運転を心掛けましょう。

なお、「ブラックアイスバーン」についてはこちらを参考にして下さい。
https://matome.naver.jp/m/odai/2139045901725099301

(shin)

「Noism2定期公演vol.9、いよいよ3日後に迫る」への4件のフィードバック

  1. 1/28(日)の13:30からの公演は無事、
    前売り完売になったとのことです。
    あと、残席があるのはラストの
    1/28(日)17:00からの公演のみとなりました。
    こうなりましたからには全公演完売といきましょう。
    皆さま、是非お買い求めください♪
    (shin)

  2. shinさま
    いよいよNoism2公演目前ですね!
    ここにきてまたもや凄い寒波襲来ですが、皆様ぜひどうぞご参集ください。
    メディア公開リハの時、緊張するメンバーに、
    「視線を喜びに感じなければ。」
    と励ます山田勇気さんの言葉が印象的でした。
    成長著しい2メンバーの、今ならではの踊りをぜひともご覧ください!
    (fullmoon)

  3. 年間50公演(本番50回)できればいいですねえ。
    Kバレエが公称年間50公演・観客動員10万人と言っていて、実際に暦年で2016年・17年とも本公演だけで41本番やってます。その他の公演を入れたら実際に50回行ってるんでしょう。
    新国立が曖昧な形でバレエ公演を始めた当初は「目指せ年間50公演」とか言ってたような気もしますが、17/18シーズンは本公演が5本24回(ほかに子供向け公演が1本8回)、18/19シーズンが6本36回ですから、まだ到達できていません。あそこは自分ちを飛び出しさえすればもっとできるはずですが、「それをやると『民業圧迫』だと非難される」などとつまらない言い訳をするばかりで、決して出て行こうとしません。
    それはともかくNoism1はと言えば、14th Seasonは本公演以外の本番も含めて富山からロミジュリまでで24回(9月の埼玉公演3回を含む)ですね。50本番と言うと今の倍ですが、Noism2の公演もカウントに入れてよければ、手の届く範囲にあると思います。ただし観客も自分だけが楽しんでばかりいないで、友人知人を誘ってお客を増やす努力をしないと到達できませんね。
    それにNoism2は2012年から15年までは定期公演の県内巡回がありましたが、16年以降は途絶えてしまいました。これはぜひ復活してもらいたいですねえ。金曜ソワレ、土日にマチソワ、巡回2箇所で7本番がいいですね。

    ところで明日のチケット買ってあるんですが、天気予報サイトを見ると「暴風雪」とか「大雪」などと書いてあります。私は新潟まで到達できるんだろうか? 途中引き返しはまだしも、山の中で車中閉じ込めとかは避けたい…

  4. あおやぎ さま
    精緻なリサーチに基づく、詳細にして丁寧なコメント、
    有難うございました。勉強になりました。

    ところで、現在の新潟市界隈の天気と道路の状況ですが、
    この度は降雪や積雪というよりは、強風による地吹雪や吹き溜まり、
    それと気温低下による路面凍結が特徴と言えます。
    そのため、市街地も全域、自動車はノロノロ運転になっています。
    車を運転することに尋常ではない緊張感が伴うため、
    正直、「運転するのが怖い。運転などしないで済むのならしたくない」という日々が続いています。(涙)
    県境付近では、そこに大雪が加わっているものとも思われます。(汗)
    スピードを出すことは禁物です。
    時間に余裕を持たれて、安全運転でお越し下さい。
    また、お歩きになる場合も、踏み固められた圧雪がツルツルに凍っているところが多いため、滑りにくい靴をお履きになり、足場を選びながら、歩幅小さめで転ばぬよう、お気をつけてお歩き下さい。
    (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA