Noism1『Liebestod −愛の死』プレス向け公開リハーサル&囲み取材に行って来ました

Noism1ダブルビル公演の初日を8日後に控えた2017年5月18日(木)、
りゅーとぴあ・劇場での新作『Liebestod – 愛の死』プレス向け公開リハーサルと
それに引き続いて行われた、金森さんの囲み取材に参加して来ました。

午後3時を少しまわり、劇場内へと促され、
客席に腰を落ち着けて前方を見やると、
既にふたりの舞踊家はステージ上にいて、
動きや立ち位置を確認していました。

正面奥の金色(こんじき)の手前、黒い床面の上、
金色の髪に白い衣裳、或いは黒髪に白い衣裳が目を奪います。
今回、大役を務める若い舞踊家(吉﨑さん)が目や口を思いっきり広げ、
表情筋を大きく動かすことで、緊張や体をほぐそうとするなら、
成熟した舞踊家(井関さん)は照明スタッフに語りかけ、
両手を腰にあてて大きく頷いています。

客席に身を沈めた金森さんの「いきましょう」と囁く声が聞こえたかと思うと、
本番さながらの照明と音楽が訪れ、通しの公開リハーサルが始まりました。

リハーサルなら、先日もスタジオBで見せて貰っていましたが、
衣裳と照明とが加わると、やはり別物。
ふたりの舞踊家による「愛と死」を巡る舞踊は
「ふたりきり」の舞踊であるということが嘘のような
壮大なスケールをもって胸に迫って来ました。
その迫力ある非日常の美しさを伝える言葉など見つけるべくもありません。
是非ともご自分の目で観て、圧倒されて欲しいものです。
このうえなく豪華で、このうえなく濃密な20分間であることだけは確かです。

リハーサル後はホワイエに場所を移して、
金森さんの囲み取材がありました。
新潟の報道各社が揃って参加していたことに、
Noism1新作へと注がれる関心の高さが窺え、
嬉しく感じました。

質疑応答の形で金森さんが語った事柄のなかから一部紹介させて頂きます。

〇今、この作品を作る意味について
「現代の社会は決して明るいものではない。
未来に対して希望を抱けない若者も多いと聞く。
それだけに、人を愛することや、生きることに、
純粋に真っ直ぐ向き合う非日常的な感動が必要な時代なのだと言える。」

〇光を用いた表現について
「そもそも光がなければ何も見えないのだし、
光は舞台にとって最も不可欠な要素。」
「それは生と死、或いはその境界のメタファーであり、
影は実存のメタファーでもある。」

〇吉﨑さんのキャスティングについて
「最初は驚いただろうけど、嬉しかったと思う。
彼は野心もあるし。どんどん良くなってきている。」
「身長も高く、筋力にも恵まれていて、今回のハードな役にはうってつけ。」
「自分がここまでひとりの舞踊家にエネルギーと愛情を注いだことはないくらい。
今までにない吉﨑裕哉をお見せできるはず。」
「彼を念頭に置いた『あて振り』もあるし、敢えて全く別のものを求めた部分もある。」
「若い舞踊家(吉﨑さん)と成熟した舞踊家(井関さん)が描く愛の姿を観て欲しい。」

〇ダブルビル、もう一本の山田勇気さんの『Painted Desert』について
「ほとんど見ていない。見ると何か言いたくなっちゃうから。
舞踊家たちは、山田勇気という自分(金森さん)とは違う振付家にどう向き合うかが問われている。」
「金森穣以外の作品をどういうふうに踊れるか。
そして、お客さんが観て、今までにない発見があるのでなければ、
(Noism)1がやる意味はない。」・・・等々。

到底、紹介し切れるものではありませんが、
ここはひとまず、「最近、あまり感動してないなと思ったら、劇場に来てください。
劇場に来れば感動します」
(金森さん)という言葉をもって締めくくりとします。

金森さんが18歳のときに魅了されたワーグナーの楽曲、それ以来、25年。
今、ここに機が熟するかたちで届けられる
Noism1最新作『Liebestod – 愛の死』、その世界初演。
新潟は来週末、埼玉はその翌週。チケット好評発売中。

是非、純粋な「感動」が待つ劇場へ。
心が震えます。
ただひと言、必見とだけ。
もうそれで充分なはずです。 (shin)

「Noism1『Liebestod −愛の死』プレス向け公開リハーサル&囲み取材に行って来ました」への5件のフィードバック

  1. shinさん、ブログアップありがとうございました!
    劇場でのリハーサル、すばらしかったですね~♪♪
    私は久しぶりの写真撮影担当で緊張しました。
    本番がますます楽しみです!
    感動の舞台、まさに必見!!  (fullmoon)

    1. fullmoon さま
      画像の提供、どうも有難うございました。
      画像が入ると、レポートも迫力が違いますね、やはり。

      井関さんと吉﨑さん、
      冒頭、ふたりがただそれぞれに斜め上方を見ながら立つ姿だけで、
      「歓喜」と「末期」の別が表象されてしまっていて、
      そのふたつの立ち姿のみで既に心は鷲掴みにされてしまってました。
      あと、「成熟」の舞踊家・井関さんが「歓喜」で、
      「若い」舞踊家の吉﨑さんが「末期」というのも配役の妙ですしね。

      クリエイションはまだこの先、照明の調整などを残していて、
      現在は「7割」程度の完成度(金森さん)とのことでしたから、
      末恐ろしい名作が誕生することになりそうですね。

      チケットの動きも加速してきたようで、
      「良い席はお早めに」というところでしょうか。
      世界初演まで、あと7日。
      期待はいやがうえにも募りますね。 (shin)

      1. shinさま、コメントご返信ありがとうございます。
        井関さんと吉﨑さん、ホントその通りですね!
        カメラを構えつつ、もう~、惹き込まれてしまいました。
        本番どうなるでしょう。ドキドキです♪

        今、怒涛の公演広報がすごいですね。
        昨日のリハーサル映像等もあり、ここまで出すかと驚きましたが、最後の場面はヒ・ミ・ツ。
        黄泉の国で結ばれる二人。ラストシーンもどうぞお楽しみに。(fullmoon)

        1. fullmoon さま
          最近の全方位の情報ラッシュ、凄いものがありますよね。
          アンテナを張っていても、なかなかカバーし切れないほどです。
          「あれは一体どこで目にしたんだっけ?」ってくらい。
          それでも、ラストはヴェールに包まれたままなので、
          昨日のプレス向け公開リハは特権的な時空だった訳ですよね。

          それにしても、たったふたりに人間全てを表象させたうえ、
          その周囲に宇宙的な広がりを感じさせる「舞台」などというのも
          そう滅多矢鱈とお目にかかれるものではない筈です。

          或いは、ワーグナーの壮大さを相手に、
          一歩もひけを足らないばかりか、
          更にデモーニッシュな空気感を重ね塗りして可視化するのに
          ほんのふたりしか要さないとは!

          おっと、書き過ぎてはいけませんね。
          でも、期待値を上げるだけ上げて公演を待ったとしても、
          その期待は決して裏切られたりはしないでしょう。
          今はそう言うに留めることにします。 (shin)

  2. 本ブログをご覧の皆様、
    Noism1ダブルビル公演までのカウントダウンも
    いよいよ残り3日となりました。
    もうチケットの手配はお済みでしょうか。
    待ち遠しいですね。
    公演レポもあげていきますので、
    皆様のご感想などもコメントにお寄せ頂けましたら幸いです。
    ワクワクしながら、まずは金曜日の初日を待つことといたしましょう。 (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA