Noism1最新作 プレス向け公開リハーサル&囲み取材に参加してきました

2017年1月12日(木)の新潟はNoism1新作チラシに2度言及されている「雪」の予報。
そして冬の仄暗さのなか、
あたかも天気予報が律儀に約束を履行しようとでもするかのように小雪がちらつく午後1時、
プレス向け公開リハーサル(スタジオB)とその後の囲み取材(練習室5)に参加してきました。

  

午後1時からのプレス向け公開リハーサルで見せて貰ったのは、
前回、本ブログで「まだ見ぬ第1部」と書いた、
近代童話劇シリーズvol.2『マッチ売りの話』の一部でした。

どうやら日本であるらしい、古風な、しかし金色の卓袱台が鎮座する家の「内」と
これも古めかしい形状の街灯を付けた電信柱が屹立する「外」が同居し、
更に幾つかの時間が混在する、不可思議な時空間。

 

少女、女性、娼婦、おばあちゃん、双子、弟、遺影、犬・・・そして仮面・・・???
今回も目に飛び込んでくる情報量は多めで、同時に様々なことが起こっているようです。
アンデルセンの童話というよりも、別役実による同名の不条理劇的要素が濃厚に感じられました。

生来のぼんやりゆえ、「筋」らしきものは辿れませんでしたが、
「昭和」を思わせる、幾分か大袈裟で古臭い感じの音楽が流れるなか、
同シリーズの1作目『箱入り娘』同様に、
コミカルで、ユーモラスな動きが楽しい、
「見ることの愉悦」に溢れた第1部と言えるでしょう。

午後1時30分、公開リハーサルに続き、
場所を隣の練習室5に移して、金森さんの囲み取材が行われました。
交わされた質疑応答のなかから、今作鑑賞のヒントになりそうな
金森さんの言葉を要約して幾つかご紹介します。

「タイトルを『少女』ではなく『話』としたのは、
本作はアンデルセンと別役実を下敷きにしたオリジナル作品であって、
アンデルセンだと思ってこられると訳がわからなくなってしまうだろうから。」

「物語舞踊の第1部と抽象舞踊の第2部を、休憩を挟まず地続き(70分間)でお見せするのは、
多様な価値観が云々される現代、本来共存し得ないものを同時に受け入れ、
その共通項だったり、同時に見ることで何かを感じて欲しいという思いから。
是非混乱しよう。(笑) そしてその後で何を感じるか。
混乱しながら、これを読み解いて欲しい。」

「仮面の使用は一番最後にきたもの。
そう言えば『ホフマン物語』の仮面があるよね、と。
もう一個抽象化して、『私でもあり得る、あなたでもあり得る、誰でもあり得る私』へ飛躍させようと。
また、舞踊家にとって仮面を付けて踊るのは難しいことではあるが、欧州では誰もが通る必須の課程でもある。
私たちは普段いかに表情にごまかされているか。
それを封じて、舞踊家の身体的なものに置き換えたい。」

「見渡せば、あちらでもこちらでもポピュリズム(大衆迎合)が大手を振って罷り通っている。
そうした困難な時代に生きている私たち。この困難な時代に何を作るのか。
目指すのは、答えを出すことではなく、考えるきっかけを与えること。
何となく幸せな気分に浸っていたければ、劇場になんか来ない方が良い。(笑)
舞踊家集団として抱く疑問を提示していきたい。」等々。

最後は、金森さんの「俺が言うと、何か変だけど、今回は2回は観て欲しい。1回ではわからない。(笑)」
という言葉をもって、囲み取材は和やかな空気感のうちに閉じられました。

金森さんの「1回ではわからない」発言への対策のひとつとして、
明日夜19:00開催のリーディングイベント、
★★声に出して読む、不条理劇 別役実「マッチ売りの少女」★★ などは如何でしょうか。
----------------------------------------------
日時:2017年1月13日(金)19:00~21:00
会場:kaffa 蒼紫~パルム(新潟市中央区古町6、萬松堂向かいの小路を入った2階 電話025-228-2050)
定員:25名  参加費:1,000円(資料代&ワンドリンク代)
申込:「新潟でリーディングを楽しむ会」/電話・ショートメール090-8615-9942
----------------------------------------------
ナビゲーター・市川明美さん(月刊ウインド編集部 制作長)の手ほどきで予習すれば
心強いこと間違いありません。
期日が迫っておりますので、ご連絡はお早めに。

・・・こちら、私は残念ながらどうやっても参加できそうにない日程だったため、
代わりに、りゅーとぴあからの帰路、ほんぽーと新潟市立中央図書館に寄って、
別役実『マッチ売りの少女』を収めた『現代日本戯曲大系・7』(三一書房刊)を借りてきました。

いずれにしても、Noism1新作・近代童話劇シリーズvol.2『マッチ売りの話』+『passacaglia』公開を来週末に控えて、
ワクワクが募って仕方ありません。
今は一刻も早く「混乱したい」気持ちです。(笑)
皆さん、是非、一緒に金森さんの企てで「混乱」しましょう!(笑)  (shin)

「Noism1最新作 プレス向け公開リハーサル&囲み取材に参加してきました」への4件のフィードバック

  1. この日、午後9時過ぎ、fullmoonさんからメールにて、
    明日のリーディングイベントについてお知らせ頂きました。

    >>今のところ申し込みは11名なので、当日直接でも大丈夫です。

    定員は25名とのことですから、お時間の都合の付く方は
    ご検討下さい。 (shin)

    1. shinさま

      どうもありがとうございました!

      まさに「マッチ売りの少女」リーディングにぴったりとなった今夜の新潟市。
      降り積もっていく雪が、寒さが、読み進むほどに身に沁みました。

      暖冬の新潟市に突然の雪!
      この雪でご予約の3名が欠席するも、新たに3名がご参加で、さすが懐が深い新潟です。
      市川明美さんの名ナビゲートで、別役実「マッチ売りの少女」、無事読了しました。
      市川さん、どうもありがとうございました♪

      さて、リーディング第2弾、同じく別役実「マッチ売りの少女」!
      1月26日(木)夜7時~、新潟市中央区「ブルーカフェ」で開催。
      詳細は後日、当ブログでお知らせしますね。 
      皆様ぜひどうぞ。 (fullmoon)

      1. 「匿名」のfullmoonさま、荒天のなか、お疲れ様でした。
        そしてご報告、有難うございました。

        前日までとはうって変わった天気は
        まさに「(この)無常なる時の中」(チラシより)のことであり、
        アンデルセン的な意味で「マッチ売り」日和でもあるのでしょうか。
        しかし、新潟に今降り積もる雪も「泡沫なもの」(チラシより)であって欲しいものです。

        それにしても、別役実「マッチ売りの少女」読了とは流石です。
        私はまだほとんど手つかずなのですが、
        リーディング第2弾には参加したいと思っていますので、・・・頑張ります。(汗)

        でも、今はマッチを擦るように、いい夢でも見たいと思います。 
        おやすみなさい。  (shin)

  2. 今週末、Noism1新作公演をご覧になるため、県外から新潟・りゅーとぴあまでお越しの方々へ。
    先週からの大雪は一段落しておりますが、まだまだ一部歩きにくいところもありますし、今後、また雪の予報もあります。踵の高い履き物は避け、暖かい身なりでお越し頂くことをお薦めします。老婆心ながら。(shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA