『愛と精霊の家』さいたま公演に行ってきました!

美しい音楽、美しい照明、美しい井関佐和子さん。 極上の舞台!!

冒頭、金森さんのソロに魅了され、別世界へと引き込まれます。もっともっと見たい、長く踊ってほしいと願うも、 奥野さんが語るイヨネスコの謎の言葉に導かれ、物語は進みます。  人形、舞踊家、妻、母、を踊る佐和子さんの美しさ、表現力にうっとり。 鏡の場面の山田勇気さん、佐和子さんと共に踊る小㞍健太さん、目が離せません。 映像シーン、コミカルシーンもありますが、全編ため息が出るような抒情性です。    そして感動のラスト。

詩情あふれる大人の舞台に我を忘れ、満足感がこみあげてきます。

今回、1日目は少し見づらい席で残念でしたが、2日目は幸い良席に恵まれ、濃密な舞台を堪能。 感動で心身が浄化されました。

観たばかりなのに早くも10/7の新潟公演が待ち遠しいです。 (fullmoon)

「『愛と精霊の家』さいたま公演に行ってきました!」への2件のフィードバック

  1. さいたま公演、観たかったです。ますます新潟公演が楽しみになってきました‼︎

  2. 公演を観てからすでに1週間近くが過ぎようとしていますが、今もふとあるシーンが突然頭に浮かんだり、音楽が頭の中を流れたり。
    出演された皆さんはもちろんのこと、音楽やら照明やら(印象的過ぎないのにいつまでも頭に残る!)すべてがすてきで、作品の世界にまるごと引き込まれた2日間でした。
    特に2日目は幕が下りてからも、すぐに席を立つことができませんでした。
    仕事の都合で新潟に行けないのが、とても残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA