静岡公演 最終日、行ってきました & さわさわ会静岡懇親会 & 月刊にいがた情報

7月23,24日、バヤデール静岡公演に行ってきました!会場のグランシップ・SPAC静岡芸術劇場がある東静岡駅は、静岡駅の一つ東寄りの駅。構内にはバヤデールの看板がありました♪

untitled

駅を出るとすぐグランシップがあります。shinさんも写真アップしていましたね。静岡芸術劇場はこの建物の一番奥にあります。

untitled

静岡公演2日目、満員御礼となった千秋楽の舞台。宮前さん、田根さんの姿もお見かけしました。さすがは最終日です。

開演の前に、大沢真幸さんのプレトークがありました。バヤデールの見どころということで、内容解説をしてくださいました。

そして開演。今日も本当にすばらしい!!もう観ていてドーパミンが出まくりです。今回は5列目(前日は3階席)で観ました。静岡芸術劇場の座席は前の席の人の頭が全く邪魔にならないようになっていて、これは感激です! どこの劇場に行っても前の人のせいでよく見えなかったりすることがありますよね(私の後ろの人、すみません)。ところが静岡芸術劇場はそういうことはありません。すばらしい会場です!

ということで、広々とした視界でたっぷりと堪能させていただきました。しあわせ♪

ミラン、バートル、ポーヤン、俳優さんたちはもとより、どの役のメンバーも一人一人がすばらしく、生き生きと輝いていました。このメンバーが揃っていたからこそ実現したバヤデールであり、まさに感動の舞台!!

幕が下り、拍手と歓声の嵐、そしてスタンディングオベーション。新潟公演にも勝るどよめきがうれしい♪

終演後のアーティストトークはまず最初に金森監督が登場し、司会の大岡淳さんと、平田オリザ脚本についての経緯、言語を用いるということについて、発語における身体の専門性(SPAC)、Noismの社会化(大衆化ではない)、舞踊も言語と同じように何かを伝えることができる、というようなお話をしていると、俳優の貴島さん、奥野さん、たきいさんが登場。

舞踊家と同じ舞台に立ってのご感想を一人ずつ話されました。貴島さんは、舞踊家のエネルギーと対峙するためには言語だけでは無理で、舞台に立つ身体がどういうものでなければならないか、身体自体の存在感が必要と話されました。

奥野さんは、舞踊家たちが自分自身の可能性を追求し続ける厳しい姿を見て、自分の原点に立ち帰る思いがしたそうです。エネルギーを最大にしなければならない、プリミティブで原始的なエネルギー、鈴木忠志氏に叩きこまれた、これ以上やると空中分解してしまうギリギリまでやるという教え、そして何かを演じるのに無駄な演技でそれらしくするのではなく、呼吸を深くして言葉だけをしっかり発話することを指導されたこと、等を話されました。

たきいさんは、稽古を始める前は、舞踊家たちは発話しないということで、どうなるか不安だったそうですが、最初に一緒に合わせてすぐ、舞踊家たちは言葉ではない言語をもっているとわかり、セリフがなくても大丈夫と安心したそうです。自分のセリフについては自分で言って傷つくセリフが多かったそうです。

金森さんによると、平田オリザさん的な「ええ、まあ」とか「はい」というセリフはすべて省いたそうです。そのほか、新潟公演に比べて、セリフや振りがシンプルになっていきました。

この作品は記憶と慰霊がテーマであり、世代間の記憶の共有や、ある種の慰霊を表すことができるのが舞台芸術ではないかというお話でした。

また、金森さんは演劇にもとても興味があり、今度は半々(舞踊家10名、俳優10名)で創作してみたいとも話されました。

NoismとSPACは分野は違えど日本で二つしかない公立劇場専属プロ集団であり、今後も交流を深め、新潟と静岡で育まれている文化を、これからも世界に発信していくという共通認識でアフタートークは締めくくられました。

そのあとは、さわさわ会静岡懇親会!劇場2階のカフェシンデレラで開催。佐和子さんおつかれさまでした!

齋藤正行会長から「世界のお茶コンクール金賞受賞」の静岡茶と「こころを込めて」という静岡茶が花束の代わりに渡されます(参加者には笹団子も)。

untitled

バヤデール、ほんと大金賞です。佐和子さんと和やかに話したり、サインをしてもらったり、写真を撮ったりと楽しいひとときでした♪

佐和子さんのブログ更新されましたね。長い長いツアー、本当におつかれさまでした。http://www.niigata-nippo.co.jp/blog/iseki/

翌日新潟に帰り、バヤデール興奮が冷めやらぬ私に、月刊にいがたの情報が・・・143ページNoismメンバーリレーコラムによると、「Noismでの3年の活動を終え台湾に戻るリンさん。」と書いてあります。ショック。。リンさんやめちゃうの!?  「穣さんを目標に振付家という夢に向かって頑張ります。」というリンさんのコメントもあります。 残念ですが、ますますのご活躍を期待しています。

そして、バヤデール鳥取公演情報も! 9月24日(土)16:00開演予定、 チケット:8月3日(水)発売予定、会場:米子市文化ホール、問合せ:BeSeTo演劇祭 問い合わせ窓口(鳥の劇場内)tel.0857-84-3268

鳥取公演にはリンさんも出演するみたいです♪ (fullmoon)

「静岡公演 最終日、行ってきました & さわさわ会静岡懇親会 & 月刊にいがた情報」への4件のフィードバック

  1. fullmoon さん、レポート有難うございました。
    静岡公演が大感動のうちに閉幕した様子がわかり、嬉しいです。

    そして、留まることを知らない「劇的舞踊」、
    次なるかたちは「舞踊家10名、俳優10名」あたりですか。
    同じ「劇的舞踊」という括りであっても、全て異なるスタイルによることになりますね。
    また、私たちの期待を心地よく裏切る舞台が観られるものと確信しております。

    で、リンさんの件、残念ですが、
    それだけに鳥取公演、観なきゃなんですね。・・・行けないけど。(涙) (shin)

  2. 静岡の2公演を鑑賞しました。
    横浜での変更にも気づけなかった不注意な私ですが、回を重ねるにしたがって、出演者の方たちが変化されていくのを感じることはできました。
    そういう余白のある作品なのだなぁ、と。
    この作品に接して演劇とダンスの違いってなんだろうと、これは新潟で最初に鑑賞した時から考えていたことです。
    なので金森さんの「今度は半々で」という発言を、とても興味深く聞きました。
    これからも観つづけようと改めて思った一夜になりました。

  3. 新潟の3公演だけでしたが、見応えがありました。公演を経るうちに、少しずつ変化があったと聞くと、もっと見たかったという思いが大きくなります。
    リンさん…もっと観たい思いでいっぱい…残念です。今後のご活躍を祈念します。

  4. 『ラ・バヤデール』ツアーが大好評のうちに幕を下ろした、このタイミングで、
    金森さんが、『カルメン』の演出に対して、
    第24回読売演劇大賞の上半期演出家ベスト5に選出されるという
    ビッグ・ニュースが飛び込んできましたね。
    誇らしい限りです。こちらもどうぞ。  (shin)
    http://noism.jp/%e9%87%91%e6%a3%ae%e7%a9%a3%e3%80%8c%e7%ac%ac24%e5%9b%9e%e8%aa%ad%e5%a3%b2%e6%bc%94%e5%8a%87%e5%a4%a7%e8%b3%9e%e3%80%8d%e4%b8%8a%e5%8d%8a%e6%9c%9f%e6%bc%94%e5%87%ba%e5%ae%b6%e8%b3%9e%e3%83%99%e3%82%b9/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA