『NINA』埼玉公演チケット発売! さわさわ会新潟懇親会11/19(日)開催! 月刊ウインド11月号必読!

本日10/28(土)から、Noism1『NINA-物質化する生け贄』埼玉公演、SAFメンバーズ先行発売開始!一般発売は11/4(土)です。

『NINA』埼玉公演
2018年2月17日17:00/18日15:00 会場:彩の国さいたま芸術劇場
http://noism.jp/npe/n1_nina2017_saitama/

今日さいたま芸術劇場で行われる、バットシェバ舞踊団『LAST WORK』の会場でもチケット先行販売! 行きたかったなあ。

●NoismサポーターズUnofficial新潟懇親会「公演感想を語り合う会」は、『NINA』新潟公演中日12/16(土)公演・アフタートーク終了後19:00頃~、りゅーとぴあリバージュで開催します。(9/25の当ブログに掲載 → こちらからご覧いただけます
それに先立ち、

さわさわ会 新潟懇親会 開催!

日時:2017年11月19日(日)
   18:45~19:00 総会(受付開始18:30)
   19:00~20:30 懇親会・佐和子さん誕生会(井関佐和子さん、金森穣さんご来場)
会場:イタリアンBit 3F(新潟市中央区新島町通1ノ町1977)
会費:5,000円(フリードリンク)
申込:11月12日(日)までに事務局TEL:090-8615-9942 
E-mail:info.sawasawa@gmail.comへお申し込みください。

※当日は新入会の受付もいたします。お誘い合わせてお申し込み、ご来場ください。
http://www.sawasawa-kai.com/info/
ご参加は会員のみとなります。どうぞご入会ください。年会費3,000円

月刊ウインド11月号 32周年祭特別号 発行!

シネ・ウインドはNoism活動支援 法人会員として、Noismの活動をこれまで以上に応援してくださいます!
11月号もNoism関係記事がたっぷり♪

新たな月刊ウインドコラムとして「Voice of Noism」が始まりました!
Vol1.は井関佐和子さん登場。ヨーロッパに住んでいた頃の映画館の思い出や、文章タイトル「映画200円だよ!」の直筆印刷題字が掲載されています♪

そして注目!Noism1メンバー座談会が2ページに渡り掲載!
本日からシネ・ウインドで上映開始の、「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」http://www.uplink.co.jp/dancer/
の試写を見ての談話、そして『NINA』についてのお話、メンバー写真等が掲載されています。

そのほか、「レオナール・フジタとモデルたち展」Noism1特別パフォーマンス『DoGoDo』の感想も。「追っかけさん、集合!」コーナーでは、なんと不肖この私めが、Noismの追っかけとして写真付きで載っております。。

映画のこと、新潟のこと、そのほか情報満載の、シネ・ウインド発 文化フォーラムマガジン「月刊ウインド」11月号、ぜひお読みください!
定価319円。シネ・ウインドネットショップで通信販売もしています。
https://www.cinewind.com/monthlywind/2017-11-386-32/

(fullmoon)

「『NINA』埼玉公演チケット発売! さわさわ会新潟懇親会11/19(日)開催! 月刊ウインド11月号必読!」への5件のフィードバック

  1. fullmoon さま
    シネ・ウインドさんといえば、
    「さわさわ会」立ち上げに大きく関わっていたりと、
    これまでもNoismとの繋がりには濃いものがありましたけれど、
    この度、Noism活動支援・法人会員にとの由、
    「新潟の誇り」同士が正式にタッグを組んだことになり、
    心強いというか、胸躍るものがありますよね。
    どちらも更に盛り上げていきたいという思いを強くしました。

    で、「リンク」欄にシネ・ウインドさんを加えてみましたので、
    本ブログご訪問の方には是非そちらもクリックして
    覗いて頂けたらと思います。
    (shin)

  2. shinさま
    コメントありがとうございました。ほんと、うれしいですよね。
    そして、シネ・ウインドさんのリンク欄追加、どうもありがとうございます!
    タグ付けに続き大感謝です♪
    (fullmoon)

  3. > バットシェバ舞踊団『LAST WORK』の会場でもチケット先行販売! 行きたかったなあ。
     さいたま公演のチケットを買いそびれたので愛知公演に行ったんですが、全編この振付家ナハリンの (バレエを含む) ダンスに対するオマージュと、たとえ戦争に起因するような表現に対する抑圧があったとしても決して負けないぞ、みたいな強いメッセージが示されていた作品でした。
     Noism や NDT もそうですが、まず身体性ありき、その上で様々なメッセージをもたらしてくれるカンパニーやその作品には、私として共感するところ大です。たとえ緩慢な動きの部分が長くても、最後に全体を見返して、飽きません。

  4. あおやぎさま
    コメントありがとうございました。
    バットシェバ舞踊団『LAST WORK』愛知公演をご覧になったのですね。すごい!
    「まず身体性ありき」、同感です。
    それにしても残念。。観たかった~。
    (fullmoon)

  5. fullmoon さま
    大変に御多忙なところ、
    素敵な「さわさわ会新潟懇親会」を企画・開催して頂き、
    この上なく愉しい時間を過ごすことが出来ました。
    ご苦労様でした。有難うございました。

    2018年のNoismの展開についての金森さんの言及や、
    ラスト、佐和子さんからのサプライズなども含めて、
    まさに特権的な時間・空間でしたよね、あの宵のBit。

    そして何より会全体が和気藹々としていて、
    その日、新潟市を見舞った暴風雪を吹き飛ばすほどの
    温もりと笑顔に満ちた心地よいものでした。
    実際、終わって外に出てみると、
    荒れ狂っていたはずの風も凪いでいて、
    傘を差すこともなく、気持ちよく歩けてしまったという…。
    夢見心地のまま、新潟駅までふわふわ歩きました。
    本当に素敵な時間を有難うございました。 
    (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA