『ラ・バヤデールー幻の国』のチラシができました!

ラ・バヤデール

Noism劇的舞踊vol.3、大きなA3サイズのチラシです!『カルメン』と同じくハガキもあります♪

「Noism最新作は、舞踊×演劇で描き出す“幻の国”。」

「年老いた一人の男ムラカミは、曖昧な記憶を辿りながら、かつて存在した草原の国マランシュについて語り始める。偽りの協和のもとに築かれた”幻の帝国”は憎しみと裏切りによって崩壊していく。そこに生きたはずの人々の声は、今誰に届くのか。記憶と歴史、語り継がれる慰霊の物語。

総勢20名の舞踊家に加え、ゲスト俳優3名が出演。建築・ファッションなど各分野のプロフェッショナル達と共にジャンルを超えて挑む、舞踊×演劇の最新作、開幕!!」

ーーーチラシより

公演日、公演会場、チケット発売日等、詳細は当ホームページメニュー「Noism公演情報」をご覧ください!

『バヤデール』衣裳担当の宮前義之さんと金森さんのトーク(4/9国立新美術館)は定員260名に達したため申し込みを締め切っています。

そしてその3日前、4/6(水)18:30ー19:30、代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペースにて、金森穣×篠山紀信×後藤繁雄  写真集『JO KANAMORI / NOISM by KISHIN』刊行記念トークショー開催!http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2016/03/jo-kanamori-noism-by-kishin.html

そしてそして、『バヤデール』空間担当の建築家、田根剛さん、3/27(日)夜11時、TBS「情熱大陸」に登場します!http://www.mbs.jp/jounetsu/2016/03_27.shtml

楽しみがたくさん♪

(fullmoon)

「『ラ・バヤデールー幻の国』のチラシができました!」への3件のフィードバック

  1. ブルーが素敵ですね。
    そしてそのブルーに重なるようにして、
    色々な言葉が散りばめられていることに今気付きました。
    それら言葉に触発されて、妄想が膨らんでいきます。
    待ち遠しい、待ち遠しい。
    様々妄想しながらその日を待つしかありませんね。  (shin)

  2. 前作『カルメン(再演)』から引き続きの今回のハガキもとても素敵♪
    栞にして常に携帯しながら、公演を待とうと思います。 
    皆さんはもう手に入れましたか。 (shin)

    1. shinさん、発送作業お手伝いありがとうございました!
      お菓子もおいしかったです、ありがとうございます。和みました~♪
      本文もどんどん書いてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA