『Liebestodー愛の死』 会員特典 公開リハーサルに行ってきました!

ワーグナーのオペラ「トリスタンとイゾルデ」から、前奏曲と終曲による、究極の愛の踊り。

二人の愛に不安を隠せないトリスタン(吉崎裕哉)。微笑むイゾルデ(井関佐和子)。叶わぬ愛、不可能の愛、しかし二人は激しく魅かれ合う。

圧倒的な音楽に圧倒的な踊り。デュオの超絶振付の連続に目を奪われ、井関佐和子のソロに魂を奪われます。

衣裳もとても美しく、現世では成就しない二人の愛を表しているかのよう。

上演時間20分。音楽に歌唱は入りません。金森穣渾身の新作に渾身で応える舞踊家2名。

公開リハーサルで拍手が出ることはあまりないのですが、今回は自然に拍手が起こりました。

『Painted Desert』出演のNoism1メンバー8名もスタジオの2階から拍手を送っていました。

Noism1
新作『Liebestod-愛の死』
レパートリー『Painted Desert』


新潟公演
日時:2017年5月26日 19:00、27日 17:00、28日 15:00
会場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
電話:025-224-5521(りゅーとぴあチケット専用ダイヤル)
入場料:一般 S席4000円 / A席3000円 / 25歳以下S席3200円 / 25歳以下A席2400円

埼玉公演
日時:2017年6月2日 19:00、6月3日 17:00、6月4日 15:00
会場:彩の国さいたま芸術劇場・大ホール
電話:0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター)
入場料:一般 5500円 / 25歳以下 3500円

チケット好評発売中!
皆様ぜひご覧くださいね!!(fullmoon)

「『Liebestodー愛の死』 会員特典 公開リハーサルに行ってきました!」への5件のフィードバック

  1. fullmoon さま
    今日の公開リハ、素敵でしたね。(いつものことですけど。)
    ワーグナーの愛と死の宇宙を、ふたつの身体が見事に可視化する様に
    涙腺は刺激されっ放しでした。
    fullmoonさんが井関さんのことをお書きですから、
    私は吉﨑さんについて触れます。
    この新鮮なデュオ、吉﨑さんの力強さによるところも大と見ました。
    あんなにも「委ねる」井関さんは今まで観たことがない程です。
    そして、衣裳。
    今日目にしたのは、まだ白い布を繋いで留めただけのものにも拘わらず、
    私も心惹かれました。
    そちらも予想を遥かに超えるものが出来上がってくるのでしょうね。
    この後、更に錬磨されて世界初演を迎える日が今から待ち遠しい限りです。
    至福の20分間、間違いなし。
    風格ある大傑作誕生の予感が漂っていました。
    5月末から6月初、新潟と埼玉は特権的な都市になること請け合いです。
    必見!心して待て、って感じです。  (shin)

    1. shinさん、コメントありがとうございました!
      ホント、すばらしかったですね!!
      本番まであと3週間。ますます刮目の舞台、間違いなしです。
      (fullmoon)

    1. モンちゃさん、コメントありがとうございました!
      ツイートもありがとうございます♪
      もう~~感動!!ですよね。
      皆様、本番をご覧の時はハンカチのご用意をお忘れなく。 
      (fullmoon)

  2. 「20分」という尺など、
    一時間に3つ含まれる程の短さでしかありませんし、
    人は1日に正確に72回もそれを有します。
    しかし、その「20分」が芳しい光輝に満ちて、
    人生において気が遠くなるほど繰り返される他の数多の「20分」を凌駕して、生涯忘れることの出来ない「20分」になるとしたら・・・。

    勿論、Noism1新作『Liebestod – 愛の死』のことです。
    井関さんと吉崎さんを得て、ワーグナーが金森さんに憑依したのか、
    或いはその逆か、音楽を目で観るが如き体験が約束されることでしょう。
    5月末の新潟と6月初の埼玉は、世界が羨望の眼差しを注ぐ特権的な都市となるはずです。
    それを見逃す手はありません。
    ダブルビル、もう一本の山田勇気作『Painted Desert』もファンの多い名作です。
    皆様、期待値を上げるだけ上げて、世界初演を待つことに致しましょう。 (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA