「Noism2 初体験!」(サポーター 公演感想)

☆Noism2定期公演vol.10『金森穣振付Noismレパートリー』+『BOW!!!』

Noism2 初体験しました。ハートウォーミングな気持ちになりました。

Noism1は『カルメン』から観ていて、もうお馴染みなのですが、先日は『R.O.O.M.』の公開リハで「ん♪⁈」となり、公演は期待を裏切らず三回観ました。

公開リハ見たさに支援会員にもなった私。これは勢いでNoism2も観るか!

ということで足を運んでみた。
感動しました! 技術も年齢も若いけど、その時期にしか発散しないエネルギーを感じました。応援したい気持ちがフツフツと湧いて来て、ノイズム作品の最中はニコニコしてエールを送りながら観てました。ダンサー達に届いてたらいいなあ。

バッハの『solo for 2』ではクラシックが基礎にあってこそのコンテンポラリーというのをしっかり見せていました。『R.O.O.M.』のコンポーザーRyoji Ikeda(池田亮司)さんの『Training Piece』は好感の持てるリズミックなコンテで大好き。”フィジカル”ですね。(3/16アフタートークでTraining 「Place」 と言ってしまった …ごめんなさい)

Ryoji Ikeda『supercodex』

平原作品は力作力演よくやったと思います。いつも予備知識なしに観るのでBOWは挨拶(バウ)だと思ってました。が、違った。

ボウという音で連想されるもののカオスの世界。確かに若い暴力的なパワーを感じました。さすがラッパー。

観終わった後、これからも見守っていきたいと思った夜でした。札幌公演も頑張ってくださいね!
(たーしゃ)

「「Noism2 初体験!」(サポーター 公演感想)」への2件のフィードバック

  1. たーしゃ さま
    Noism2公演ご感想、どうもありがとうございました!
    あたたかいお気持ち、うれしいです♪

    支援会員にもなっていただき、ありがたいです。
    これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

    たーしゃさんは、ターシャ チューダーがお好きなのですね。
    晴耕雨読&Noism鑑賞で、どうぞ豊かな生活をご堪能ください。
    (fullmoon)

  2. たーしゃ さま
    fullmoon さま
    Noism2を観る喜びって確実に存在しますよね。
    で、それを知ったら、もう抜けられないというか。

    今回の2作品も、彼女ら+彼が、聳え立つ高いハードルに挑む作品
    (山田さんによる『金森譲振付Noismレパートリー』)と、
    彼女ら+彼の身体、血肉を必要とし、その参加を待って出来上がる作品
    (平原さんの『BOW!!!』)という
    まったく逆向きと言ってよいベクトルを示すもので、
    それだけに、尚更、見応えがあった感じですよね。

    Noism2、変に「老成」してしまうことなく、
    若さを武器にガンガン行って欲しいものです。
    志と覚悟を胸に。
    次の公演、そして更にその先がホント楽しみですね。
    (shin)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA