仰天どころじゃない『R.O.O.M.』/琴線に触れるどころじゃない『鏡~』第3クール最終日(新潟公演10日目)

2019年2月11日(月)「建国記念の日」祝日、
Noism1実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』第3クール最終日の舞台を観るべく、
中一日でスタジオBへ行ってきました。
この日の客席には、近作『ロミジュリ(複)』に出演されていたSPACの舘野百代さん、
元Noism2の牧野彩季さん、そして前新潟市長の篠田昭さんのお姿がありました。
皆さん、お忙しい時間を割いて、他のお客様と同様、自らチケットをお買いになられてのご鑑賞とお伺いしました。それぞれ、Noismに対して並々ならぬ関心をお持ちだということが窺われ、胸が熱くなりました。皆さんそれぞれにご挨拶できてよかったです。

雪も収まったりゅーとぴあ界隈

そして、この日の公演です。
第3クールも最終日となり、舞踊家は揃って圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。
どの動きも「自家薬籠中のもの」に映り、一瞬の淀みもありません。(当然と言えば、当然なのでしょう。)私たちの目を釘付けにして舞台は進みます。
『R.O.O.M.』も『鏡の中の鏡』どちらも、観るのが初めてでも、何度目かでも、
そんなことは大差ないとでも言わんばかりに、会場中の一人残らずを圧倒し、
虜にして、魅了し尽くしていきます。
客席には、どちらも息を殺して見詰めた後、最後の暗転に至り、
漸く思い出したかのように大きく息をつく者しかいないようでした。

話が先へ進み過ぎました。
先ず『R.O.O.M.』で触れておかなければならない事柄に戻ります。
一昨日、このクールに入って、ある印象的で効果絶大なる要素の「追加」があったことは
既に記しました
その際、驚きのあまり、やや落ち着きを欠いたまま観てしまったため、
この日は「ガン見せねば」との思いで、その場面を迎えました。
すると、またしても「えええっ!」「一昨日観たのと違う!」
「いや、待てよ。気のせいか、若しくは、一昨日は見落としていたのかも?」
仰天し、落ち着きを失うこと再び。
しかし、その真偽を確かめるべくもありません。
仕方ないので、他に(心許ない)記憶とは違う細部もちらほらあったような気がしたことから、
3月3日の「アフターアフタートーク」の折にでも訊いてみようかと切り替えることで、
なんとか気持ちを落ち着けることが出来ました。
後半のクライマックスでは、西澤真耶さんが視線を定める一点が私の席と重なり、
その微動だにしない凛とした目の力強さに打たれたことも書き記しておきます。
そして、音楽、照明、舞踊の全てが渾然一体となって作り出す、
あの切れ味鋭いナイフのような幕切れに至り、
この日も、まるで初めて観るかのように圧倒されてしまったのでした。
毎度のことですが、あれよあれよと一気見してしまい、
50分もある作品だということが俄かには信じられない程です。
けだし、50分間の「驚異」と。

休憩後の『鏡の中の鏡』。
同じ「箱」がほんの15分を挟んで、全くの別物に見えるのはいつもの通りです。
先ずは金森さんのソロ。切ない導入です。
空気がそっくり入れ替わったのかと見紛うばかりの切なさが瞳に届いてきます。暗転。
続いて井関さんのソロ。
さっきまで『R.O.O.M.』を踊っていたのが嘘のような別人がそこにいて、
切なさを増幅、展開させていきます。暗転。
音楽も装いを変えると、今度はふたりのパ・ド・ドゥ。
何という情緒でしょう。何故にこれほど胸を打つのでしょう。
恐らく、そのパには観る者の数だけ「物語」が重ねられるのでしょうが、
重ねられる「物語」は異なっても、
胸が締め付けられ、息苦しくなるのは観る者すべてに共通のようです。
「琴線に触れる」などという生易しいレベルではありません。
事実、私が涙腺に来たなどというのはまだ序の口に過ぎず、
隣の女性は肩を震わせて必死に嗚咽を堪えようとしていたほどです。
他にも涙を流していた方も大勢いらっしゃった様子で、
誰一人として、呼吸を整えることなしに、拍手などできよう筈もありませんでした。
いつものことながら、ふたつの身体が見せる信じ難い程の表現の深さを
目の当たりにしては、僅か20分の作品だということが信じられません。
まさしく、20分間の「奇跡」かと。

どちらも最後の暗転の後、
カーテンコールを待って、「ブラボー!」の声が飛び交いましたし、
大きな拍手のなか、スタンディングオベーションせずにはいられないお客様も何人もいらっしゃいました。
(私も気が付くと立っていましたけれど…。)

終演後、立ち去り難い思いを抱えていますと、
Noismを介して知り合った方々も数名、同じ思いだったらしく、
音楽文化会館側の2階出入り口付近で、意識して語るでも、意識して語らぬでもないまま、
自然と輪ができて、お互いの満足し切って、紅潮した表情を見ながら、
言葉にもならない思いを下手な言葉に乗せて口にしていたのは、
やはりみんな直ぐには立ち去り難かったからに過ぎなかったのでしょうが、
そんな私たちの心を察した「舞踊の神様」が微笑んでくださったのでしょう。
50分+20分を踊り終えた井関さんが通りかかり、なんと足を止めてくれるではないですか!
なんという僥倖♪
お疲れにも拘わらず、笑顔で、「皆さん、舞台から見えましたよ」などとおっしゃってくれるのに気をよくして、「お訊きしたいことがあるのですけれど」「いいですよ。何でも訊いて下さい」
その流れから件の真偽を確かめました。すると、「あれは昨日からです。穣さんが別のを試してみようと言うので」と教えてくださり、一昨日観たのとは違っていたことが確かめられた訳です。で、思ったのは「金森さん、やってくれるなぁ!」
その他にも幾つかお訊ねしていると、誰からともなく、「即席アフタートークですね」の声。
みんなで一斉に笑ったところで「お開き」となりました。
井関さん、お疲れのところ、本当に有難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。

傑出した舞踊家と気さくに言葉を交わせる、
そんなほとんど奇跡のようなことが現実に起きる街・新潟市。
Noismはやはり私たちの「宝物」です。

圧倒的な訴求力で私たちを一人残らず虜にしてしまう、
今回の実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』。
はや、新潟公演も3公演を残すのみとなりました。
いずれも前売りは完売ながら、各公演とも当日券の販売が予定されています。
公演時間の1時間前から、おひとり様1枚、お求めになれるチャンスがあります。
未見の方は是非一度、既にご覧になられた方ももう一度、ご覧になるというのは如何でしょうか。後々、後悔の念に苛まれぬよう、くれぐれもお見逃しなく、とだけ。
で、かく言う私も、千秋楽のチケットは買っていますが、
別の日も検討してみようかと思ったりしているような次第です。
(shin)

第3クールにも再び新趣向追加の『R.O.O.M.』と洗練の極み『鏡~』(新潟公演8日目)

前夜来、「観測史上最強レベル」の寒気が予報されるなか、空気は身を切るほどの冷たさながら、雪なく迎えた第3クール初日の実験舞踊Vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』は2019年2月9日(土)。

公演会場に着いてみますと、既に階段のところには、期待に胸を膨らませた制服姿の高校ダンス部員たち(男女)が並んで、入場を今や遅しと待っており、そんな光景も最近は珍しいものではないのですが、それもこれも新潟市に金森さんとNoismがあってのことなのですよね。

そんななか、(古い話で恐縮ですが、)昭和の人気番組の司会者に倣うなら、前回の鑑賞からほぼ「1週間のご無沙汰」で新潟公演8日目の舞台を観てきました。

このクオリティからして当然なことに過ぎないのですけれど、この日早く、SNS上にNoism PRから「全公演前売り完売」の報が伝えられ、それは即ち、(並んで当日券を入手する以外、)「観たくても観られない」状況が生じたことを意味するものであるため、繰り返し観ているという点で、未見の方には申し訳ない思いもあるにはあるのですが、そこは「舞台の一回性」ゆえ、ご寛恕を請う次第です。

金森さんのツイートを深読みする癖とこれまでのNoism鑑賞の経験とから、
この日の公演を迎えるにあたって、ある種の「胸騒ぎ」があったことは確かでした。
それは第2クール初日にもあったことですし…。
その正体ですが、休演日を挟んだことで、また何か変化があるやもしれないという、
そんな「胸騒ぎ」でした。

そして、それはこれまでの様々な作品において金森さんが示してきた姿勢から、
ほぼ確信にまで近いものに変わっていたと言えます。
それも全て、金森さんに「教育」されてきたことでしかない訳です。

果たして、その通りでした。
で、「やっぱりだ!」そう思いました。
『R.O.O.M.』のあのシーン、際立つ一層の美しさをもって、私たちを魅了しにかかってきます。華が段違いです。
しかし、その詳細については今はまだ書かないでおきます。
それは、恐らく、(殊に、既にご覧になられた)多くの方々にとって、
「嫉妬」を掻き立てずにはおかない「思わせ振り」な態度にも感じられるかとは存じますが、
公演はまだ続きますので、ご了承をお願いする次第です。
書ける時が来たら書くつもりでいますが、
今のところは「嫉妬」と闘っていていただくより他ありません。
もとより、観てはいながら、それでも「嫉妬」の対象となる舞台など、
そうそう多くはないのかもしれません。
その点、金森さんとNoismの舞台は公演期間を通して進化(深化)する一面を強く持ち合わせていますので、
続けて何度も足を運んでは、舞台に向き合わずにいられない心境になってしまうのです。
(そもそも人は「森羅万象」にアクセスできたりしないことは自明ですので、限界はありますが…。)
どうしても知りたくて我慢がならないという向きには、当日券をお求めに並ばれることをお薦めするのみです。申し訳ございません。m(_ _)m

そしてそれ(追加や変更)に関しては、この先の新潟公演・最終第4クールと、東京公演においても事情は同じなのかもしれません。
ますます目が離せないのですけれど、既に前売りは完売という状況で、…。
ですから、皆さんのお手許にあるのは間違いなく「プラチナ・チケット」と言って差し支えないものでしょう。お楽しみに♪

休憩後の『鏡の中の鏡』も、洗練の度を加え、切なさマックスで胸にド~ンと届いてきて、身震いを禁じ得ないものがありました。
井関さんと金森さんの激しい息遣いがダイレクトに届いてくる下手最前列で鑑賞したこともありましたが、こちら観る側は、反対に、息をすることさえ忘れて、おふたりの一挙手一投足に目を凝らしていたように思います。
心底痺れました。

どちらも終演後は、「ブラボー!」の掛け声が飛び、大きな拍手が途切れることはありませんでした。

スタジオ内が明るくなったのを潮に拍手も止んで後、
スタッフの方が「外は少し雪が積もりましたので、お気をつけてお帰り下さい」と注意を促してくれた際には、会場中が「!」となり、現実に引き戻された部分もありましたが、
外に出てみると、冷え込みはむしろ昼より和らぎ、雪もまだまだ「新潟」の本領発揮からは程遠いもので、こちら「新潟人」にしてみれば、滑らないように気をつけてさえいれば大丈夫、そんな感じでしたけれど、
県外から来られた方々にとっては如何だったでしょうか。
きっと、新潟市での鑑賞の思い出に「雪」も加えてお戻りになられたことでしょうね。ご苦労しておられなかったのなら良いのですが。

明日も雪の予報です。お気をつけてお越しください。
しかし、言うまでもなく、その価値は充分過ぎる程にあると断言致しましょう。
(shin)

何度観ても感動の嵐

Noismが発足する少し前、“トップランナー”に出演した金森穣さんが「もし自分の作品を観てくれるならば、前回観てよかったからとか、そういうものが好きだから観に行こうっていうのではなくて、何やるかわからないけど、何かやってくれそうだから観に行こうかと思ってもらいたい」と語っていた言葉。これまで、その言葉に裏切られたことは一度もなかったなぁと、しみじみ思い返しています。いつもNoismの新作が発表されるときにはドキドキとワクワクで心が踊り、その舞台は必ず新しい驚きや感動を与えてくれます。この15年間ずっと、常に進化し続けているNoism作品に魅了され続けています。

そんなNoism1の最新作、実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』は、全13回中、本日6回目の公演が終了しました。
ここ新潟で生まれ、歩み続けているNoismの作品は、Noismにしか表現できないものばかりだと言っても過言ではないと思うのですが、この最新作がこれまた凄いわけで・・・。
初日、最前列で『R.O.O.M.』を観終えて立ち上がれなくなり、『鏡の中の鏡』でグスグスに泣いていて、ブラボー!!スタンディングオベーションしたい!!の心境で感動の渦の中にありながらも立ち上がれず、フラフラになっていた私。
実は、その日の最前列の私の隣の方もそのまた隣の方もその隣方もまた、同じ状態だった様子でした。
その後、恩師をお連れして再度鑑賞したときにも、恩師から「新潟の宝だね」と称していただき、感動を分かち合ったのですが、「Noismの舞台をこれからも観続けていきたい。」と、その場で活動支援に申し込むと話してくれて、胸が熱くなりました。
とにかく、圧倒されるほどの感動の舞台。
どうか、見逃さないでいただきたいと思います。

今回の『R.O.O.M.』は、ストーリー性はありませんが、(何かしらのストーリーを見出したならば、それはそれで大正解だと思います!)もしも、わからないから難しいと思っている方がいたら、「わからなければ」と思わずに、目の前の舞台を観て生まれてくる自分の感性に自由になってみてください。
そして、その自由になった感性のまま『鏡の中の鏡』で感情を揺さぶられてみて欲しい。

同じく“トップランナー”での金森さんの言葉・・・
「振付とは、身体の可能性を探し、またそこにひとつの事実を作ること」

その事実が私達にもたらす感動の嵐。
本当に素晴らしい舞台を、今日もまた届けてくれました。
何度観ても感動しっぱなしです。

Noismの舞台が観れる幸せ、噛みしめてます。
明日からまた、頑張る!!

追伸 詳細レポはshinさんアップをご覧くださいませ。

aco



激熱の『R.O.O.M.』/『鏡~』、第2クール3日目(新潟公演6日目)

2019年2月3日(日)「節分」、第2クール唯一の休日公演となるこの日、
新潟市に冷え込みはなく、時折見事な青空が広がる下、
私たちにとっての「恵方」りゅーとぴあを目指し、
実験舞踊vol.1『R.O.O.M.』/『鏡の中の鏡』を観てきました。

私たちの「恵方」りゅーとぴあ

上記の通り、このクールの公演日程中、ただ一日の休日だったため、Noismを介して得た知己が東京、そして京都から遥々足を運んで、スタジオBに集ったのですから、もうこれは「恵方」という言い方も全く大袈裟ではなかった訳です。幸い、穏やかな天候に恵まれたのも「天の配剤」だったのでしょう。

前売り完売で迎えた、この日の公演。スタジオBには期待感が漲っているように感じました。

そして、15時を少し回った頃、
客電が落ち、真っ暗闇を経て、『R.O.O.M.』の幕が上がりました。
そこからはもう目を離せません。新潟公演も折り返しに近づき、
ここまで公演を重ねてきた舞踊家たちは動きもキレています。
特にこの日は新たにNoism1のメンバーとなった男性舞踊家たちが、
「これぞNoism!」とばかりの心境著しい動きを示していたように思います。
この複雑なテクスチャーで構成された作品をそれぞれが見事に身体化して踊り、
観る者の目を奪いました。

客席も激熱の舞台に応えます。
暗転して一旦幕が下り、それがカーテンコールで上がってからはもう、
「ブラボー!」の掛け声がいくつ飛んだでしょうか。
いったい幾人がスタンディングオベーションを捧げていたでしょうか。
スタジオBはまさに大興奮の坩堝と化した、そう言いましょう。
カーテンコールは繰り返され、
拍手と「ブラボー!」が響き渡り、立ち上がる人も増えてきます。
舞台に横一列に並ぶ12人の舞踊家たちに向かって、
観客一人ひとりがそれぞれ精一杯のやり方で身中の感動を伝えようとし、
その熱気が更に興奮を増幅していく…、そんな光景が展開されていました。

否が応にも膨らむ「次」への期待から、
客席は15分間の休憩さえ待ちきれないといった雰囲気で、
皆さん、早めに席に戻って、『鏡の中の鏡』に備えているように見受けられました。

休憩前とは全く趣を異にする音楽が流れ、
同じ「箱」もその表情を一変させます。いつものように。
うずくまる金森さん。いつものように。
しかし、『R.O.O.M.』の熱は確実に引き継がれていた、そんな様子で、
井関さんと金森さんならではの息をのむような「至芸」すら、
もしかしたら会場の興奮を受けて、昂進気味の情緒を示していたのではなかったでしょうか。
美しさも、切なさもマックスのソロとデュエットを前に、
顔が火照り、頭はボーッとしたうえ、涙腺は決壊寸前で、
あたかも心臓が早鐘を打つかのように激しい動悸に見舞われたのは私一人ではなかった筈です。
私たちの感動を伝える手段など数多くはありません。
拍手喝采も、「ブラボー!」も、スタンディングオベーションも、
この舞台を前にしたならば、当然至極なものでしかないのですが、
それしか出来ないというある種のもどかしさに抗い、
心からの敬意を込めて、私たちは手を叩き、声を発し、立ち上がっていたのです。
極めて自然ななりゆきとして。

終演後のホワイエ。
言葉にならないほどの大きな感動を胸に、
上気した顔で微笑むだけで、何を言うこともなく、
仮に同行者がいて、何か語ろうにも言葉が気持ちに追いつくことはなく、
そして何も口にせずとも、お互いに目を見合うだけでもう、
大満足だということが自ずと伝わってしまう…、
目に入ってくるのは、あちらもこちらも、例外なく、そんな光景ばかりでした。

翌日は「立春」、そして新潟公演の折り返し。
月曜日のお客様も、このエポックメイキングな舞台を目にしたら、
虜になること必定、そう確信します。
まだ少しお席に余裕があるようですから、
Noismとともに春を迎えられるというのは如何でしょうか。
明日もまた、大きな感動が、そして「福」が待つ
りゅーとぴあ・スタジオBへ!是非!
(shin)