観客に挑む、Noism1『NINA ー物質化する生け贄』新潟公演初日

19時からのりゅーとぴあ・劇場の座席に身を沈めるために、
新幹線に乗った人も多かった筈の2017年12月15日(金)。
この日から続く3日間、国内各所から目的地として目指される価値を有する
一地方都市、新潟市。

関東以南からのお客様にとってさえ、
この日の気温はさして堪えるほどのものではなかったのではないでしょうか。
しかし、それにも拘わらず、
これを書いている私は身震いを覚えていたのですが、
それは紛れもなく、NIDF2017最後の演目、Noism1『NINA』に臨む
気持ちの昂ぶりのなせる業だったと言えます。

開演時刻を5分ほど過ぎて、客電が落ち、緞帳が上がります。
飾り気がなく白い、病室のそれを思わせるベッドがひとつ。
そこに腰かける井関さんを、上から存在感あるペンダントライトが照らします。
急遽決まった約15分の新作『The Dream of The Swan』。
これまた白く、柔らかい衣裳の裾を揺らしながら井関さんが舞います。
苦悩するように、抗うように、呻吟するように、そして求めるように、…。
「まさに瀕死の白鳥です」と金森さん。
ラスト、見事な幕切れには呆気にとられ、快哉を叫びたい気分でした。
その場面、中日、楽日に、どうかご自分の目でご覧になってください。

休憩はなく、何度かのカーテンコールの後、
遂に、国内では9年振りとなる『NINA -物質化する生け贄』の幕が上がりました。

今回一新された衣裳は、文字通り「第二の皮膚」。
見事に舞踊家の身体の強度に呼応して存在感を放ちます。
更に、照明の息をのむ美しさには目を射抜かれました。
このふたつは2017年版『NINA』の大きな特徴と言えるものでしょう。

…で、『NINA』。
私事で恐縮ですが、
Noism歴の浅い身にとって、諸兄姉が口を揃えて「Noismの代表作」と語る『NINA』、
それを生で観ていなかったことは永らく大きな「欠損」として
常に身中で疼いておりました。
今回、初めてそれに向き合い、大きな衝撃を受けました。
「凄いものを観てしまった」と。

ここに至るまで、初演時のDVDを買い、時々観てはいたのですが、
正直、緊張感を途切れさせることなく観続けることは決して容易なことではありません。
舞踊家の身体が発するエネルギー、
その強度に拮抗し得る眼差しを送り続けることは
映像相手ではなかなか難しかったのです。

でも、やはり生の舞台は違っていました。
初めて踊る8人を含む、今回の『NINA』、
舞踊家全員がギリギリの力演を示し、「観客との闘い」(金森さん)に臨んでいたと思います。
女性5名、男性5名。見知った筈の身体がその相貌を異にし、
寸時も途切れることなくエネルギーを発し続けるさまを目撃する劇場。
周囲の空気がぴんと張り詰めるなか、
舞台の上の舞踊家、更には金森さんに切って捨てられてしまわぬように、
自分も知らず知らずのうちに前のめりになって目を凝らしていました。
体は強張りを覚えていましたし、瞬きすることも忘れていたのでしょう。
観終わったときには、総身からの疲労感が一気に押し寄せたばかりか、
両目もドライアイ症状を呈していましたから。

この日いらっしゃっていた元Noismの真下恵さんが、少し前に、
「『NINA』は観る方も体力を要する作品」と仰っていたのを思い出しましたし、
金森さんが、「『NINA』にはリラックスはないんだよ」と言っていたのは、
観客も含めてのことだったのですね、納得です。
心血を注いで創りあげた舞台であることは一目瞭然。
観る者の魂を揺さぶる『NINA』、まさに圧巻です。

終演後、緊張感を解き放たれたのは客席も同じ。
緞帳がおりた瞬間、劇場に深い静寂が訪れました。
そして再び緞帳が上がり、踊り切った10人の舞踊家が一列に並ぶのを視認すると、
今度は割れんばかりの拍手と飛び交う「ブラボー!」の声が谺しました。
60分間の驚異を見せてくれた舞踊家たちに対して、
敬意や感謝、或いは労いを示さないではいられないとばかりに、
熱く、激しく、そして心から、いつまでも、いつまでも…。

ここからは初日のアフタートークに関して書き記しておきます。
まず、金森さんの口から、
「これだけ、半年間も、同じ舞踊家にエネルギーを注いだことは
後にも先にもなかった。
少なからず、客席には届いていたのかなと思う。
ここから彼らの『NINA』が始まるのだなと」、
或いは「2作品とも、今のNoismのすべてが出ている」の言葉。

韓国のホン・スンヨプ氏がさきに上演した演目『Mosaic』について、
「一般向けに」構成したと語っていたが、
金森さんも同様なことはあるか、との問いに、
「ございません」と一言のもとにあっさり否定した金森さん。
続けて、「観客一人ひとり、全く異なる人生を送っている人たちで、
それを『一般』という語では括れない」と説明。
すると、井関さんも「逆に、『一般』って、何かわからない。
だいいち、Noismを観に来る時点で既に『一般』ではない」(笑)
で、金森さんも「おかしな人たちだよね」(笑)
更に「伝わると思ったものが伝わらなかったり、
反対に、これはどうかなというのが伝わっていたり、わからないもの」と。

また、人と物に関しては、次のような興味深い発言。
「違いは生きているか、死んでいるか。
しかし、舞台上では、その境界はどこにあるのか。
たとえ、物であったとしても、得も言われぬものを想起させることがあるのだし、
要は、観る者がそれを人と思うか、物と思うかに過ぎない」

海外(欧米)のカンパニーが『NINA』をやったりはしないのかという質問に対しては、
「ないですね。興味を持っても、これをやろうという話にはならない。
動きをマスターするだけでも相当時間がかかる。
体の在り様が違うし、それ以前に精神的なものが違う。
観てみたい気もあるけど、
例えば、フランス人なんかだとすぐ『しんどい』とか文句を言い始めるだろうし、
そこが大変かなと」(笑)
「『で、じゃあ、どうして(やるんだ)?』と聞かれれば、
『(観客に)届くからさ』ということになる」

振付と音楽を一体化させる過程についての質問には、
「『NINA』では、振りを8割がた先に作っておいた。
作曲家(トン・タッ・アン氏)から音楽が届くのが遅くて、
『これはヤバイぞ』と。
ところが、実際、音楽が届き、『当てたら、合うじゃん』となった。
アンとは考えていること、間の取り方とか合うんだよね、不思議に」との答え。

井関さんの『The Dream of The Swan』を上演するきっかけについては、
「当初、(井関さんが)出ないかたちで進んでいたんだけど、
舞踊家が舞台に立たないっていうのは、
謂ってみれば、存在意義がないってくらいのことだし、
隣で(井関さんを)見ていたら、
『このままじゃ死んじゃうな』と思って、ああいう作品になった。
だから『瀕死の白鳥』なんですよ」と。

一緒にアフタートークに登場した井関さんからは、
「『NINA』は舞踊家にとっては、本当に嫌な作品で、
できれば逃げ出したいと毎回思ってきた。
特に女性は体力的にもしんどいし、
ちょっとのグラツキも許されないなど
精神的にも追い詰められている。
だから、上演の前には『この一時間を乗り切れますように』といつも祈った。
で、終わった時には倒れているのだが、次の日にはまた踊りたいと思うなんて、
おかしい人」(笑)と打ち明けるなか、
金森さんからは「あなたは100回くらい踊っているよね」(笑)のツッコミ。
井関さん「パートナーを恨みましたね」(笑)
金森さん「やめなさい」(笑)という『NINA』の鬼気迫る側面を
まるっとオブラートで包んだやりとりに至っては場内の爆笑を誘っていました。

また、今回の『NINA』で苦労したことを訊ねられて、
「教えられないってことがあるんだというのが、一番苦労した点。
与えられるものは与えようと思ってきたし、身体がよくなることは可能。
しかし、精神は教えられない。この瞬間を生きられるかどうか、
舞踊家としての意識が問われる」との答え。
すると、金森さんも、「教えられたものとしてやるのと、
自分たちで見つけたものとしてやるのとの違いは大きい」と補足。

…まだまだ興味深いお話がたくさん飛び出し、書き漏らしていることも多いのですが、
ここまででも相当な分量になってしまっているので、そろそろ終わりにいたします。

さあ、2017年版『NINA -物質化する生け贄』新潟公演が始まりました。
まだこれからご覧になる方も多くいらっしゃる訳ですし、
公演内容にはあまり踏み込まずに、
主にアフタートークでのやりとりを取り込むことで書いてきましたが、
勿論、「公設の舞踊団としての覚悟のほどを示す」(金森さん)に足る舞台であり、
今年を締め括る必見の舞台だと言い切りましょう。
見逃したら、この先、痛手となること必至でしょう。
新潟中日、楽日とも、まだお席にゆとりがあるようですし、
お誘い合わせの上、多くの方から是非その覚悟と切り結んで欲しいものです。
それでは、りゅーとぴあ・劇場でお会いしましょう。

【追記】
今回、ホワイエでは新しいNoismTシャツが2色展開で販売されています。
価格は1枚2,500円。(私は2色とも購入しました。)
それを纏って、「NINA歩き」を真似してみるのも良いかもです。(笑)
ご検討ください。
(shin)

『NINA -物質化する生け贄』メディア向け公開リハーサル&囲み取材に行ってきました♪

今週火曜日の雪は殆ど融けてなくなったものの、
新潟公演前日まで並ぶ「雪だるまマーク」に備える風情の新潟市は
2017年12月8日、金曜日。
「実はまだ続いてるんですけど」(金森さん)というNIDF2017への参加作品
『NINA -物質化する生け贄』のメディア向け公開リハーサルへ行って参りました。

 

シンボルのクリスマスツリーのほか、幾つものリースがこの季節に花を添える
午後3時のりゅーとぴあ・劇場。
「じゃあいきましょうか」という金森さんの声がかかると、
それまで舞台上でアップをしていた舞踊家たちが両袖に消え、
客電が落ち、改めて緞帳が上がると、
温かみのある照明のもと、
5人の女性舞踊家それぞれの背後に5人の男性舞踊家がつき、
5組のペアを組みながら、「あの足運び」で前に出てくるところから、
作品の後半部分が踊られました。

女性舞踊家が纏う、廣川玉枝さんによって一新された今回の衣裳。
「第二の皮膚」たる衣裳の意匠も、
目を凝らして逐一じっくりご覧になることをお勧めします。

♪トンタ、トンタ、トタトタトタトタ
トンタ、トンタ、トタトタトタトタ…♪
トン・タッ・アンさんによる音楽も様々な場面を提出しながら、
それに隙なくシンクロする舞踊家の身体を一層際立たせていきます。

照明が変わり、衣裳や曲調も変わるなか、
終始、舞台に漲る張り詰める緊迫感だけは変わりません…。
30分間のリハーサルを身を乗り出して食い入るように眺めていたことは
言うまでもありません。

金森さんの「はいはい、OK。じゃあ公開はここまでになります」で客電が入り、
この日の公開リハーサルは終わりました。
…一言、酔いしれました。

   ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

続いて、ホワイエにて金森さんの囲み取材(15分間)です。
そこでのやりとりから少しご紹介いたします。
まず、今の出来栄えについて問われると、
「本音と建前とどちらがいい?」と最初はおどけて始めた金森さん。
しかし、答えの本質は常に大マジ。
「舞台芸術は一期一会。よくできましたと点がつくものじゃない。キリがないもの。」
「彼らが努力してきたのを見ているので、ある程度のところまできたと言いたい」と言ったのち、
自ら「や~さしい~」とツッコミを入れて、笑いをとったりもしましたけれど、
更に続けて、「頑張っているのは事実。しかし、客席から頑張っているように見えるのではなく、
エネルギーが空間に解き放たれ、客席を魅了する域までいく必要がある。
震えるほどのエネルギーを感じることができる、強度のある作品。
それが『NINA』なのだから」と。

また、廣川さんの衣裳についての質問には、
廣川さんが東アジアツアーはほぼ皆勤で同行され、
その都度、色味の変化を続けてくれたこと、
skinシリーズにはインスピレーションを感じていたので、いつか使いたいと思っていて、
今回、『NINA』をやることになったとき、
以前のレオタードから変えてみたいということで採用した、との答えが返ってきました。

『NINA』という作品そのものについては、
「30才のときの作品で、客観的に見て、演出の面では拙いな、と。
しかし、強度のある大切な作品だということも再認識した。
今回、彼らにアジャストする意味で、照明を少しいじっているし、
変えようと思えばいくらでも変えられるのだが、
『NINA』という作品を汚そうとは思っていない」
そして、「『NINA』はこれまで何度も踊り継がれてきた作品であるため、
舞踊家にとっては自由を感じにくい側面もあると思うが、
そもそも舞踊には広大な自由が拡がっているもの。
舞踊家は内側にエネルギーを宿しているが、
彼ら自身が自らを拘束してしまうのではなく、
踊ることの自由を感じることができるようであって欲しい。
そのためには頑張るしかないんだけど」という言葉のなかに、
舞踊家を率い、否、舞踊家をして現状に満足することなく、
絶えず更なる高みを追求せしめる揺るぎない姿勢の一端を垣間見る思いがしました。
また同時に、舞踊家にとって「『NINA』の場合、客席が埋まって、
そちら側から発せられるエネルギーも大切。
まだ観たことがないなら、一回くらいはこんな変なもの、観に来たらどうですかと
言いたい」という思いも口にされました。

最後に、井関さんのソロ『The Dream of the Swan』についての質問が出され、
「39才、今の井関佐和子を観に来て欲しい。
少し悲しい作品ではあるが、彼女の今の生き様を観て欲しい」
という金森さんの言葉をもって囲み取材は締め括られました。

その後、Noismスタッフの方に伺ったところによると、
『NINA -物質化する生け贄』は時間にして60分で、
新潟公演では、その前に、
井関さんのソロ『The Dream of the Swan』(15分)が置かれるのですが、
そのふたつは休憩なしで続けて踊られるのだそうです。
だとすると、現段階では井関さんのソロがあるとされていない埼玉公演とは、
かなり趣が異なるものになるかもしれず、
是非ともNoismのホーム・りゅーとぴあでの鑑賞をお勧めしたい所以です。

7,6,5,4,3,2,1…
「照明など、色々大変だった」(金森さん)という東アジアツアーを経て、
いよいよ『NINA -物質化される生け贄』新潟公演にむけての
ファイナル・カウントダウンが始まったという実感があります。
今のNoism1が名作『NINA』とどう対峙し、客席に何を放つのか、
しかと見届けたいと思います。
う~む、早く観たいぞ。
(shin)

 

12/3(SUN.)「Noism Day」レポート

朝、快晴だった時間があり、晴天のまま推移することを期待するも、
天気は一転し、お昼前には雨模様となった2017年12月3日、日曜日。

この時期としては、雪ではなかったこと、
そして厳しい寒さでもなかったことが救いでしたが、
どんな天候であっても、その以前に、
午後からの新潟市のりゅーとぴあは、まさしく「Noism Day」。
まず、14時半から15時半は、活動支援者及びサポーターズ会員対象の
『NINA』公開リハーサル(スタジオB)。
そして、16時から18時は第17回「柳都会」(能楽堂)。
『NINA』新潟公演を待ちわびる人々にとって
少し早い「前夜祭」的な一日でした。
ここにふたつまとめて報告させていただきます。

(1)Noism1『NINA―物質化する生け贄』公開リハーサル

今回、約30人の見学者は、スタジオB正面の鏡の前と両側面の壁の入口寄りに、
例えるなら「ホチキスの針」形状とでも言えそうなかたちに配置されたパイプ椅子に腰かけて、
冒頭部(全員)、池ヶ谷さんのソロから井本さんとのデュオ、そしてメンズ中心のパートと、
3つのパートを順に見せていただきました。

各パートごとに、金森さんと井関さんおふたりからの細かなチェックが入り、
動きが精緻に練り上げられていきます。
最高の動きを求めて、各舞踊家の限界ギリギリのところで行われる
一切の妥協を許さないクリエイションに、
見る側にも自然と緊張感が拡がっていったほどです。
「マジックがない」「抜けている」「ぬるい」と鋭いダメ出しが行われ、
「抗うんだよ」「『NINA』にはリラックスはないよ」
「ためる技術がないから、早くいっちゃうんだよ」「で、今度は遅い。パッと」
「imaginationが足りないんだよ」「もっと対峙しろよ」
「『あなたがこれやりました。次に私がこれやります』じゃないんだよ。
エネルギーが繋がっていくんだよ」等々、
火傷しそうなほど熱を帯びる厳しさに、見る側も息を詰めつつ、見守る、見守る…
この厳しさからしか生み出せないもの、
それが名作の名作たる所以なのだと承知しました。

時間を延長しながら、切れの良いところまで見せていただいたあと、
金森さんから、新潟公演での井関さんのソロ演目について、
「今の井関佐和子のために振り付けました。楽しみにしていてください」
との言及があり、公開リハーサルは締めくくられました。
時に、15時40分に近かったはずです。

(2)第17回「柳都会」 ゲスト・廣川玉枝氏(SOMA DESIGN)

さして時を置かず、定刻の16時ぴったりに、能楽堂の舞台奥から
スーツに着替えた金森さんとエレガントな装いのゲスト廣川玉枝さんが登場し、
「柳都会」が始まりました。
今回、新たに『NINA』の衣裳を担当されたのが廣川さん。
その廣川さんが用意してきたタイトルは「身体の夢 ファッションデザインの拡張」。
「レクチャー+対談」という形式ではなく、
主に廣川さんがプロジェクターを使ってご自身のこれまでのお仕事・作品を紹介するなか、
その都度、金森さんからの質問や発言に応答して、説明を加えていくスタイルをとり、
休憩は挟まず、会は進行していきました。
以下に、金森さんの発言も取り込んだかたちで廣川さんのお話をご紹介いたします。

☆クリエイティブ集団・SOMA DESIGN
自身が独立するとき、デザイナーの役割は今後変わっていくのではないかと直感。
衣服だけではなく、デザインの可能性を拡げる仕事をしたいという思いから、
ファッションブランドSOMARTAと並行して、
仲間を取り込み、仲間を増やしながらやってきたもの。

★衣服と「第二の皮膚」
衣服には、精神的なものや視認的なものを変える力がある。
その衣服の可能性の根源的なものを探りたい。人類としての根源。
原始からの身体装飾。(祭りや神事)
ボディペインティングなど、自然を超越した何か(神)に向けられたものが、
どこかの次元で、自己表現になっていったもの。(←金森さんの発言に共感した部分)
第一の皮膚の上に「第二の皮膚」を纏うかたちで、
脱ぎ着のできる皮膚が「skin」シリーズ。
360°伸びる、伸縮性に優れた「網」の構造をもつ。
1990年代後半というタイミング、「無縫製」で作る機械の存在。(日本では島精機)
技術はあっても、デザインする人がいないと進歩していかない。
デザイナー: 昔あったものを今の時代に落とし込んでいく役割も大きい。
デジタル+職人による新しいクチュール(仕立て・縫製)の創造。
また、デジタルの技術によって、時間の短縮に留まらず、
職人の仕事の質が変わってくる側面もある。

☆衣服にとどまらない展開
私たちの周囲は様々な「ボディ」で溢れかえっている。
身体を離れたskinのデザインへ。
*スキン・ボーンチェア:
骨組みとしてのガーデンチェアに皮膚を着せた、着替えのできる椅子。
*自動車のボディに対する「ファッション」の依頼(レクサス、smart)ほか:
「覆う」→二律双生。車と身体の融合。
*電動アシスト車椅子(YAMAHAとのコラボ):
足の不自由な女性がパーティーに出られるようなデザイン。
毎日乗るものとして身体とのの一体感があり、更に、「着る車椅子」的なコンセプト。
ヒールのイメージすら有する、ファッションとしての車椅子。
「ないから乗れない」「マーケットが小さいから必要ない」ではなく、
「作ってみないとわからない」。「コンセプトモデル」の必要性。

★ニットとの出会い
就職後、配属された部署での偶然の出会いだった。
平面的な中に立体的なものを取り込んでいく可能性に「楽しい」と感じた。
型紙を用いて立体的に作る西洋的な仕立てではなく、
例えば、表地・裏地の境界線もなくし、ポケットも一体成型してしまうような
新しいジャケットの作り方。

☆MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも収蔵された「skin」シリーズ
「ニュー・プロトタイプ」(新しい原型)という範疇での選出。(「111のアイテム」)
キュレーターからは収蔵理由の説明を一切受けていないのだが、
自分では「遠くにあってもそれが何であるか言えるもの・視認できるもの」と理解。
また、当初から「これはビジネスとしても成功するぞ」という思いはあった。
「Artをやりたい」信念と「売りたい」思いの矛盾。その真ん中、或いは「交差点」を通ってきた感じ。

★会場からの質問と回答
Q.「第二の皮膚」を纏うとき、皮膚呼吸はどうなるのか。
---A.穴が開いていることで伸縮もする。イメージは蜜柑のネット。熱も逃がせる。
Q.無縫製のニット、破れたりもしたとのこと。どう修繕するのか。
---A.手で繕うしかない。かがった。爪を立てたりすると破れやすい。着る際には
注意が必要。また、ダンサーの動きで一番力がかかるポイントは脇の下部分と知り、
相応の対処を施した。
Q.360°無縫製の制作とは、頭の中でどんなことを考えているのか。
---A.編み方に関しては詳しくないし、自分一人ではできない。職人との協働。
また、どちらか一方だけでは進化はない。二者間の関係性が重要。
突飛なこと、無茶なことなど、外部からの刺激がないと次の段階には行けない。
↑この件に関しては、金森さんも「ポイントだね」と指摘
Q.「skin」を構成している「組織」という言葉が意味するものとは。
---A.部分部分の「編み」の編まれ方とでも言えるもののこと。
Q.様々な「組織」の境界部分はダメージを受けやすかったりしないのか。
---A.編み方の特徴によって弱い部分もあるが、特に境界部分がということはない。
但し、伸びる組織と縮む組織の境目が「ぽこっ」としてしまうようなことはある。
Q.「皮膚」のデザインを志したきっかけはどういうことか。
---A.服飾を学んだ文化服装学院には、人体解剖学といった科目もあり、興味を覚えた。
以前から理科は好きだったうえ、レオナルド・ダヴィンチによる解剖図も。
また、折からの「人体の不思議展」(上野)にも惹かれた。
Q.初めて観た舞台作品は何だったか。(金森さんからの質問)
---A.思い出せないが、イリ・キリアンやNDTに誘ってくれる友だち(宮前義之さん)の
存在があった。

レディ・ガガをも虜にする廣川さんの「skin」シリーズ。
それがNoismダンサーの身体と相俟つとき、どんな光景が展開されるのか。
想像するだけでワクワクを禁じ得ません。
両の眼で『NINA -物質化する生贄』をしっかり受け止めたいと思いました。

ラスト、こちらでも金森さんから「先週あたりに決まった」新潟限定・井関さんの
ソロへの言及をもって、「柳都会」は17時25分、大きな拍手の中、閉じられました。

ここまで、抜け落ちも多い、非常に雑駁なレポートになってしまいましたが、
そこは報告者の力量不足ゆえ、ご寛恕を請うよりほかありません。
少しでもイメージが伝わっていたなら幸いです。

厳しさと楽しさ。
弥が上にも、身の裡の『NINA -物質化する生贄』への期待値は上昇し、
火照りにも似た熱を閉じ込めながら帰路につくことで、
そぼ降る雨のなか、新潟市の「Noism Day」は暮れていきました。

【追記】この日はまた、茂木健一郎氏をお迎えする次回・第18回「柳都会」の申し込み開始日でもありました。
詳細は、こちらから。 http://noism.jp/npe/ryutokai_18/
次回「柳都会」(2018/02/04)も楽しみです。
(shin)

サクッとNIDF2017 その3(10/15:中国・香港・城市当代舞踊団(CCDC))

NIDF2017前半最後の公演は2017年10月15日(日)中国・香港の城市当代舞踊団(CCDC)。
開場時間(17時)少し前の劇場入り口付近は、お向かいのコンサートホールでの催し
河瀨直美演出のプッチーニ『トスカ』が終わって間もない時間帯だったため、
人々の動きが輻輳し、賑やかで華やぎのある様子を見せていました。
しかし、「混雑」までいかなかったのは幸いでした。

そんななか、個人的な事柄で恐縮ですが、
かく言う私もコンサートホールを出て、劇場へ移動し、
大興奮『トスカ』からのNIDF2017という流れで、
パフォーミングアーツ三昧の1日を過ごした組でした。
(長丁場となりましたので、それなりに脳は痺れましたけれど。(汗))

この日の城市当代舞踊団の演目は、『Amidst the Wind』(風のさなかに)と題された
オムニバスもので、5人の振付家による10作品からの抜粋作品とのことです。
(会場で配付されたペラ1枚のプログラムには
より細かく14ヶのフラグメントとして記載されています。)

緞帳があがると、舞台やや下手に横たわる男性がひとり。
身体に掛けられていた布が上手側に飛ばされてしまうと、起き上がり、
半裸の衣裳で自らも上手袖へと歩いて姿を消していく第1フラグメント。

そこから次々繰り出されたのは、音楽も、衣裳も、踊る人数も、
そして勿論、ダンスのテイストも、悉くその趣を異にするオムニバスでした。
身体性に特化した作品があったかと思えば、コメディーリリーフのようなものもあり、
現代的なものもあれば、伝統的な文物が前面に押し出されたものも。
はたまた、機械的な動きに見えるものから、恋愛や苦悩する心情を表現したものまで、
といった具合に、城市当代舞踊団というカンパニーを俯瞰できる
バラエティに富んだ演目だったと思います。

いずれにしても、ひとつのフラグメントから次へ移る際の衣裳替えは
さぞや大変だったろうと思うくらい、敢えて脈絡ではなく、
多様性を志向するかたちで編まれた作品でした。

個人的に惹かれたのは、2番目の、男女とも色鮮やかで厚手のスカートを纏って、
くるくる独楽のように回転する作品(”Fragile Beauty”)、
また、赤いケミカルのトップスを身につけて、
どんどん加速していくリズムに合わせて動きを刻む作品(タイトル不明)、
そして後半、緑の照明のもと、スーパーマリオを思わせる緑のキャスケット帽と、
緑の襟付きベスト+緑のチュチュに身を包み、オモチャの兵士然とした風情で
各々がキビキビとメカニカルに、その身体性を見せつけて踊る作品
(”Sexing Three Millenia”)でした。

前のフラグメントのダンサーが未だ舞台からはけてしまわないうちに、
重なるようにして、次が始まってしまう形の繋ぎが多かったため、(余計に脳が痺れて、)
途中で、「今、何番目なのか」については頭から追い払って舞台に向き合いました。
そのため、上のように、各タイトルが判然としないことになってしまいました。(汗)
そんな約80分間に及ぶ多彩な抜粋作品は、
シャツの裾をルーズに出した黒のスーツ姿
+チャップリンでお馴染みのボーラー・ハットで、
『コーラスライン』のような、或いは、一昔前の某金融会社CM(!)のような群舞を
敢えて殊更にスローで踊る作品で締め括られ、
投げ上げられたハットを舞台に残し、緞帳が下りました。
(以上、個人の印象です。)

今回も、終演後に行われた城市当代舞踊団の創設者にして芸術監督のウィリー・ツァオ氏と
金森さんの間で行われたアフタートークについて記します。

---2年前(NIDF2015)と違って、今回はオムニバス作品だが、それについて
☆振付家ひとり2作品ずつ選んでいる。動き中心のもの、物語を伝えるもの等、
多岐にわたるため、ダンサーにとっては厳しいものがある。
構成・順番は自分(以下、ウィリー・ツァオ氏)が決めた。’weird(奇妙)’なものが好き。
★香港返還から20年、英国色が強く、多様性に富んだ香港市民だった日々から、
背後に本土・中国の存在感・圧力を感じる現在へ。
☆過去→現在→そして未来、香港の人々の感情、アイデンティティも大きな変化を被っている。
そうしたロジックもこの作品に込めている。

---中国におけるコンテンポラリーダンスの立ち位置はどのようなものか?
★「オープンドア・ポリシー」の許、社会やコミュニティの変化、
アート・フォームの変化を受け入れようとしている。
☆この10年というもの、政府も、クラシックダンスや民族的舞踊だけでなく、
コンテンポラリーダンスを認めるように変化してきている。
その需要の広がりを認め、プロジェクト・ベースでのサポートも増している。
★5年ほど前から、上海、北京のみならず、22市で、独立したダンスカンパニーが出来ている。
☆各カンパニーは、稽古の環境の不備など、それぞれが様々な問題に直面しているが、
シーン全体には高揚感が感じられる。

---どのようにしてカンパニーを率いているのか?
★アート・フォームについてはオープンであることを重視し、
方向性をひとつにしてしまわないようにしている。
☆カンパニーはアーティストにとってのプラットフォームのようなものであって、
常に様々な要求に対応できるようであることを求めている。
★コンテンポラリーダンスは多様であるべきで、フリーなものだという信念は変わらない。

---振付家や、主催するフェスティバルに招聘する舞踊団の選択の基準は?
☆たとえ有名であったとしても、性格に難のある人は避ける。関係性のいい人と仕事がしたい。
★また、違ったものを持つ人と仕事することも多い。

---城市当代舞踊団(CCDC)の次のビジョンはどんなものか?
☆社会は急速に変化している。スタイルを定めることなく、できるだけオープンにと考えている。
★「ゴール」を定めると、他のものが見えなくなり、見失うものも出てくる。
☆香港は元々オープンな街、出来るだけオープンに、と・・・  等々。

ウィリー・ツァオ氏の一貫した「多様性」志向の精神には、
金森さんが「Noism」の名に込めた思いと重なる部分も多いはずと感じながら、
おふたりのやりとりに耳を傾けていました。

いよいよ、NIDF2017も大詰め。
我らがNoism1が、『NINA -物質化する生け贄』を引っさげて、
来週は韓国公演、来月には、杭州と香港で公演を打ったのち、
待ちに待った新潟公演(12月)でフィナーレを迎え、
その後の埼玉公演(来年2月)へと引き継がれます。
本日、新潟公演チケットの一般発売が始まりましたが、
Noism初期の代表作の、満を持しての登場ですから、
期待はますます募りますね。
良いお席はお早めにお求めください。  (shin)

サクッとNIDF2017 その2(10/8:シンガポール・T.H.E ダンスカンパニー)

NIDF2017第二弾のこの日、2017年10月8日(日)は朝から晴れて、気温も上昇。
新潟市内のあちこちで様々なイベントがあったようですが、
どれもお天気の心配がないことに、主催者は揃って安堵したことでしょう。
汗ばむような晴天の下、そんな混み合う道路を進み、りゅーとぴあまで。

この日は元Noism後田恵さんも名を連ねるT.H.E ダンスカンパニーの公演ということもあり、
興味を掻き立てられ、舞台に向かうワクワク感は弥が上にも募りました。

定刻の15時をやや過ぎて、先般リニューアルされた緞帳があがると、
60分の作品『As It Fades』の開演です。

舞台やや奥の方、横一列に並んだ6つのセットが目に飛び込んできました。
切っ先鋭いガラスの破片を思わせるポリカーボネートを幾枚も斑にあしらって構成された
上方が先細りで、歪な「棘」のようにも見える曇った透明の衝立とでも言いましょうか。
で、それを通して、その向こう、中央奥に、木製で背もたれの高い椅子が一脚見えます。
人は座っていません。
しかし、座面には「何か」が載っています。視認出来ませんでしたけれど。
---無音。

衝立の向こう、上手奥から現れたダンサーが、ゆっくり、まっすぐに椅子へと歩み寄り、
しゃがんで、その「何か」を操作すると、
スクラッチ音とともに古風な楽の音が小さく聞こえてきました。
そうは見えませんが、どうやら「蓄音機」に見立てられているようです。
衝立のこちら側では、その音に合わせて踊るダンサーがひとり、またひとりと増えていき、
全員「黒」に身を包んだ女性3名、男性4名の都合7名でのダンスとなります。
継ぎ接ぎだらけでありながら、それで大過なかった社会を象徴する衝立のこちら側、
作品劈頭のダンスは、その後との比較で言えば、個性ミニマムなものと言えます。
衝立の奥では、依然として「無人の中心」たる「玉座」(椅子)に
「集団的な記憶」を隠喩的に示す「蓄音機」が鎮座し、
それが統べる社会での一種整然としたダンスであるからです。
しかし聞こえてくる音楽以上にダンスは動的です。

やがて音は低音がズシンズシンと響く大音量に切り替わり、時が移ります。
それに呼応して、何かの胎動を内に宿すかのように、
ダンスも激しさを増しますが、かろうじて一体感は保たれているように見受けられました。

更に時代は下って、現代に。
7人のうち、男女一組が「黒」ではない普段着姿で登場し、
他の5人との調和を志向しない、極めて享楽的なダンスを繰り広げます。
揺るぎないものに映っていた衝立に手がかけられ、遂に動かされたかと思うと、
その奥に鎮座する椅子が舞台中央まで移動させられるのですが、
このとき、椅子の上の「何か」はもはや「蓄音機」ではなく、
この上なくパーソナルな音のデバイス、「携帯電話」を表象するでしょう。
それは元々大きさから言えば、掌中に収まる程度の「何か」なのでしたし。

やがてどのダンサーも、他に一瞥もくれることがなくなり、
一人ひとりが過度に自らの「今、ここ」に耽るあまり、
例えば、動く度に「This one time!」と連呼する男性ダンサーの姿が雄弁に物語るように、
各々のダンスは、他とは没交渉で、お互いにすっかり分断された
断絶感の顕著なものに成り果ててしまいます。
伴って、ダンサーの衣裳も、てんでんバラバラな普段着になってしまっている一方、
衝立は、6枚がその表側を内向きにして空間を閉ざす形で集まると、
その中にダンサーを飲み込んでしまい、
「中心」を欠きながらも、閉塞感の強い極小の世界像を露わにします。

しかし、そこに希望が点されます。
閉ざされた狭苦しい空間から出て、再び7人で踊るダンサーたち。
更に、踊り疲れたひとりの女性ダンサーの背後に
他の6人が無言で「あの椅子」を宛がい、
腰かけさせることで、彼女を転倒から救ったのです。
客席側に背面を見せて置かれるに至った衝立の脇、
いわば社会の裏面で、断絶を経て、身体を介して通じ合い、
この時代におけるコミュニケーションに辿り着いた若者たち。
その姿を、舞台を縦に貫く一筋の白い照明が眩しく照らしていました・・・。

以上、「サクッと」はお題目倒れで、個人の印象を長々連ねてしまってますが、
彼らが示した強靱なフィジカルが繰り出す圧倒的な運動量、
そのスピーディで、ときにスローな7人のダンスは
エネルギッシュで、力強さに溢れ、まさに目に突き刺さってくるかのようでした。

☆★☆   ☆★☆   ☆★☆

以下、終演後のクイック・スィ・ブン氏と金森さんによるアフタートークについても
簡単に記しておきます。
---本作『As It Fades』に関して
☆初演の2011年以来、10ヶ国で上演しているが、
セットひとつのことがあったり、ショートバージョンがあったりと、
そのときの劇場の状況に応じて様々なスタイルをとっている。
今回は大きな劇場ということで、初演時と同じフルセット(6セット)を使った公演が出来た。
★初演時には14人で踊っていた作品を、今日は総勢7人で踊っている。
つまり、ひとりが「2人分」踊っていることになる。(「大変だ、それは」と金森さん)
☆美術・空間は自分(以下、クイック・スィ・ブン氏)が考えている。

---この作品の制作のきっかけは?
★欧州から戻った際の母との会話がきっかけ。
それまで意識しなかった「方言」、それって何なのだろうと思った。
同時に、言葉、文化、家族との関係性をも考えさせられた。

---途中で、英語や他の言語が使われているが、
サブタイトル(字幕)を用いようとは考えなかったか?

☆内容を理解してもらうことはさして重要なことだとは考えていない。
中国語のタイトルは「破砕、捻れ」を意味し、身体のツイストから感じて貰えるだろう。

---作品制作について
★「動き」は全て自分で作っている。
☆制作過程は2段階に分かれていて、①音楽、コンセプトの段階:間違いようがない段階。
②ダンサーとのコラボレーションの段階:「もっと優しくならなければならない」段階。
ダンサーからインスピレーションを受けることもあるが、どうしたら伝えられるかを考える過程。
しかし、ダンサーはみな異なる身体をしているので、それに応じた「動き」にすることもある。

---シンガポールにおけるコンテンポラリーダンスの状況はどんなものか?
★気運が高まっていて「動いている」感じがあるが、まだまだここ20年くらいの伝統しかない
「若い国」であり、成熟していくのを忍耐強く待つしかない部分がある。

---欧州とアジアの文化の融合に関して思うところは?
☆当初は、欧州で自分が得てきたもの、正しさをぶつけようとして疲れた。
今はなるようにしかならないと思っている。
シンガポールは多民族・多文化の国。自らと異なるものも受け入れるようでありたい。
★世界は残念なことに、民族主義的な色彩が色濃くなっていると感じる。
それだけに、いつもオープンなマインドセット(心的態度)でいる必要があると思う。

以下は会場からの質問
---主役と見えるラストで「椅子に座るダンサー」を選考した理由は何か?
☆初演時に、動きが速い女性ダンサーが演じていた役どころで、それを踏襲した。

---作品中、気合い声を響かせる部分があったが、よく用いているのか?
★今回は、広い舞台に負けないように、エネルギーを出して貰う意味から用いた。
「発声」に関しては普段のトレーニングシステムにも組み込んでいる。
アジアの武道などに見られるアジア的なもので、欧州ではやっていなかったが、
今では多くのダンサーが取り入れているように感じる。  等々。

☆★☆   ☆★☆   ☆★☆

この日のT.H.E ダンスカンパニーの公演は、
ダンサーが舞台狭しと走り回っては、回転やリフトを繰り出すといった
極めてエッジの利いたパフォーマンスだったのですが、
例えば、終演時、カーテンコールでは、
スラリとした長身に、凛とした雰囲気を纏って新潟の地に「凱旋」し、
私たちを大いに魅了してくれた元Noismの後田恵さんに対して、
ひときわ大きな拍手と「けいちゃ~ん♪」という掛け声が飛び、
また例えば、アフタートークの結びでは、
金森さんからの「いつかNoismにも振り付けて欲しい」との言葉に、
クイック・スィ・ブン氏も少したじろいで、
おどけながら、「大きなプレッシャーですね」と返すなど、
終始アットホームな空気が会場全体に漂っていて、
それがもたらした多幸感を心ゆくまで堪能し、会場を後にしました。

NIDF2017、第三弾は一週間後の10月15日(日)、
中国・香港の城市当代舞踊団の公演(17時半開演)。
ますますの盛り上がりを見せてきましたし、大いに楽しみなところです。
ただ、その日は、同じりゅーとぴあ内、お向かいのコンサートホールにて、
河瀨直美演出によるプッチーニのオペラ『トスカ』(14時開演)もあり、
時間的な重なりはありませんが、混雑が予想されます。
(『トスカ』終演が17時の予定で、丁度、劇場の開場時間となっています。)
お時間に余裕をもってお出ましください。  

そう、そう、明日(10/9・月)も新潟シティマラソンのさなか、
クイック・スィ・ブン氏のワークショップ(11時~12時半)がありますから、
参加された方からコメントなどをお寄せ頂けましたら幸いです。 (shin)

サクッとNIDF2017 その1(9/29:韓国・大邱市立舞踊団)

2年前に初めて開催されたNIDF2015では、
Noism0『愛と精霊の家』以外足を運ばなかった生来の「不勉強者」なのですが、
ここ数日、今年2回目を迎えるNIDFについての金森さんのインタビュー記事を読むうちに、
「せっかく金森さんが、新潟にいながらにして、
様々な舞踊に触れる機会を用意してくれているのだから」と思うようになり、
本日2017年9月29日(金)、「フェス」初参戦して参りました。(笑)

幕開けのこの夕、ステージに立ったのは、
韓国・大邱の大邱市立舞踊団。
過度の緊張を強いることのない自由な作風の演目は、
まず、シリアスあり、コミカルあり、リリカルあり、即興あり、組み体操風ありと
ボキャブラリー豊富で、ユニークな「動き」の多い『Mosaic』(40分)と、
10分間の休憩を挟んで、円卓ではなく、舞台奥へ縦に伸びる2本の白い床の上、
上半身は赤、下は黒の衣裳を纏った女性ふたりで踊られ、
ラスト、ぴたり決まる「脱力感」が意表を突く『Bolero』(20分)の2作。

同舞踊団の芸術監督ホン・スンヨプ氏と金森さんのアフタートークで、
金森さん(一部、会場から)の質問に答えて語られたホン・スンヨプ氏の発言を
サクッとご紹介したいと思います。

---『Mosaic』について
★通常一作品が60分越えになることが多く、それではキツイため、
一般のお客さんが楽しめるものを作りたいと思い、
過去の作品からの抜粋を再構成して作った作品。
一番古いものとしては2006年作品からのものが含まれている。

---振付に関して
☆はっきりとした「動き」は全て自分(以下、ホン・スンヨプ氏)が振り付けている。
★振付をする前に、2ヶ月間、「動き」のバリエーションを約20ケ程作り続ける。
☆それぞれは約1分~1分30秒ほどの短いもので、作品の中でどう使われるかは自分でも
わからない。
★時には音楽に合った「動き」を作ることもあるが、「動き」を作って音に嵌めていくことが
多い。
☆そして場面にあわせて「動き」を変形させていく。
★常に「振付ノート」を携行していて、何か感じたら書き付けるようにしている。
☆新しい「動き」には常に心を開いた状態でいなければならない。
★最初から「何をしなきゃいけない」とかいうふうには考えずに、
「自分自身が何をしたいのか」をじっくりと観察しようと努めている。

---『Bolero』について
☆ラヴェルの『Bolero』に合わせて作ったものと思われているのだろうが、逆で、
自分が作った15ケ程の「動き」のバリエーションを音楽に嵌めていく形で振り付けた。
★これも最初に「動き」を作り、それから『Bolero』、その後に「テーマ」が来るという、
普通考えられるスタイルとは逆の順番を辿って作られた作品である。
---ならば「他のテーマ」でも良かったのか?
☆自分が霊感を受けた順番に作っていった。(←それ以上の明確な回答はなし。
はぐらかされたのか、はたまた、通じなかったのか。)
---「女性ふたりでいこう」と決めたのはいつか?
★振付を考え始める頃には「女性ふたり」と決めていた。
☆これもやはり「動き」のバリエーションを先に作って、団員全員が練習した。
最初、女性と男性も良いかなと思ったのだが、自分が最も大事に思う「動き」を
男性ダンサーがうまく消化できなかったことも大きく関係している。
★韓国の男性コンテンポラリーダンサーには若干バレエの基盤が弱い部分があり、… 等々。

一貫して「動き」を先に作っていくと語ったホン・スンヨプ氏。
そして、時に茶目っ気を覗かせながら、
そうした「逆コース」の創作過程について興味深げに質問をする金森さん。
そんなやりとりを聞いていると、自然と頭をよぎったのは、
少し前に読んだインタビュー記事のなかで、金森さんが語っていたこと、
…Noismとは異なる別の舞踊を観ることで、Noismの独自性がまた見えてくる…、
それをしかと感じる舞台、並びにアフタートークでした。

「フェス」第2弾、10月8日(日)のシンガポール・T.H.E.ダンスカンパニー公演を
待ち遠しく感じながら、家路につきました。
まだまだ良いお席もあるようですし、皆様も是非♪  (shin)

Noism1『砕波』、「かわみなと」新潟を描く   @「開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会」全体会議Ⅰ

2017年9月1日(金)、夏に別れを告げたかのような涼しいここ数日から一転、
鱗雲が浮かぶ、秋めく高い空ながら、気持ちよい暑さが戻ってきた新潟市中央区は、
萬代橋のほとり、新潟日報メディアシップ2Fの日報ホール。

来年度(再来年)に開港150周年を迎える新潟市で、
「開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会」が開かれ、
その全体会議Iにおいて、他の4都市からの来訪を歓迎する意味合いから、
新潟市が誇る「文化資産」Noismによる新作『砕波(さいは)』がこの日披露されました。

開会時間14時の約1時間前に着いてみると、
既に見知った顔が開場を待っているのが目に飛び込んできました。
その後、一緒に並んでいる間も、開場して席に着いてからも、
みんなの顔は内心の期待値を反映してみるみる上気していきます。

予定時刻ちょうどに開会が宣言されると、
新潟大会実行委員長の挨拶、
篠田昭・新潟市長の挨拶を経て、
十数分後、Noismの特別パフォーマンスが始まりました。

先ず、5分弱、スライドを使って、Noismがどのような舞踊団であるのか駆け足で紹介され、
それが投影されていた電動スクリーンが上方に片付けられると、
照明が消え、両脇から人が入ってくる気配。

ホール前方のスペースに、飾り気のない簡素な照明が入ると、
黒いジャケットと黒いパンツに身を包んだ9人が凛々しい立ち姿で一列に並んでいます。
女性5名、男性4名、井関さんを除いたNoism1メンバーと準メンバーです。

聞こえてくる波の音に合わせて、左右に緩やかに体を揺らせる同調性と
それを乱すかのようにひとりから発しては拡がるまた別の動き。
しかし、やがてそれもまた全体に吞み込まれていきます。
それはまるで、凪いだ海と静かに寄せる波。
更に時折、タイトル通りに砕ける波の激しさも見せます。
過去「裏日本」と呼ばれもした暗い海(日本海)を表象する滑り出しです。

音は変わり、樽砧、やがて太鼓の律動へ。
更に雅なる箏と横笛へと引き継がれていきます。
それらは新潟を取り込みつつ、全て純日本風な響きと調べ。
対する9人、ジャケットを脱ぎ去ると、タンクトップ或いはTシャツもまたまた黒。
そのダンスは一貫して、概ねとてもソリッドです。
しかし、常に硬質な日本海の波のようであるだけでなく、
途中、港町で暮らす人を描いているようでもあり、
着物を着た女性の粋、「しゃなりしゃなり」を思わせるユーモラスさなども顔を覗かせるなど、
その変幻自在振りに目は釘付けになるより他ありません。

とりわけ、「よさこい」風に、「はっ!」とか「よっ!」という掛け声を発しながら
激しく踊られた「和」テイスト濃厚の群舞はNoismでも珍しい光景だったと思います。

開港5都市中、唯一日本海に面した港湾都市「新潟」がNoism流に可視化されていきます。
Noismを目にするのは初めてだった(かもしれない)他の4都市から来られた方々同様に、
Noismを見慣れている筈の私たちにとっても、
それは「新潟」を踊る、目新しいNoismを目撃する貴重な時間だったと言えます。

9人がその体を床に横たえ静止すると、今度は、下手側から白い衣裳の井関さんの登場です。
井関さんのソロパートはそれまでとは対称的に、光が射すように、とても優美な印象で、
精霊を思わせるその手足のしなやかな長さが見つめる者の目をことごとく射貫いていきました。

それは冬を越えた春の到来であるのか、
はたまた、それを再生と見るか、開かれる新たな一頁と見るか。
井関さんから生命力が伝播したかのように、横たわっていた9人は順次立ち上がり、
井関さんの方は下手に退場します。
冒頭と同じ波の音が聞こえるなか、9人がやはり冒頭と同じ横一列を作ると、
照明が落ち、約15分の作品が終わりました。

客席からは、大きな拍手と「ブラボー!」の掛け声、
更に井関さんにブーケが手渡されるなど、
観る者全てに大きな印象を残してNoismの特別パフォーマンスは締め括られました。
直前に篠田・新潟市長がその挨拶で触れた「新潟の文化発信力」、
それを先頭に立って引っ張るNoismの面目躍如たるところを示せたものと思います。

そして、上にも書きましたが、いつも様々な「遠い世界」を見せてくれるNoismが、
この日は、私たちにとって身近過ぎて、意識にものぼらない「新潟」を題材に、
新作を見せてくれた訳ですから、それはとても貴重で誇らしい時間だったと言えるでしょう。
****  ****  ****  ****  ****  ****

この日のお目当てだったNoism『砕波』の後の全体会議Ⅰでは、
まず、参加5都市からの活動報告が行われ、
休憩を挟んで、卜部厚志氏(新潟大学)と野内隆裕氏(路地連新潟)を講師に迎えた
基調講演「砂丘のある港町・新潟~ブラタモリ新潟を深く掘る」があり、
予定された17時まで、日本最大級の砂丘の街・「かわみなと」新潟について、
存分に愉しい学びの時間を過ごすことが出来ました。
しかし、そちらは私の手に余る内容ですし、
このブログの趣旨からも外れますしで、
「それはまた、別のお話」ということにさせていただきたいと存じます。m(__)m
(shin)

中川賢さん、「故郷に錦を飾る」富山県射水市・高周波文化ホールの巻

2017年8月11日(金)、祝日「山の日」の富山県射水市、高周波文化ホール。
この日、富山県芸術文化協会等が主催し、開催された芸術鑑賞・洋舞公演は、
中川賢さんが当地の和田朝子舞踊研究所出身ということで実現した1日限りの特別公演。

予定された16時を少しまわり、和田朝子舞踊研究所による第1部が始まる頃には、大ホール(1220席)の客席は満席。
やがて聞き覚えのある華麗な楽の音が響き、緞帳が上がります。最初の演目は『チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲』。名曲に合わせたクラシックバレエ・スタイルの、華やかで美しい作品でした。もう一人前のバレリーナといった趣の女性たちに混じって、まだ幼いプチバレリーナちゃんたちが元気一杯に登場してくるのを見ていると、ついつい保護者目線になってしまい、目尻が下がり、頬が緩んでくるのを禁じ得ませんでした。

続く2番目の演目は『握手の魔法』。「けんかしてても大丈夫 握手しようよ」と、子どもたちの純真さ・溌剌さが眩しい作品だったのですが、大勢の女の子のなかに唯一人、半ズボンをはいた男の子が含まれていました。一旦、その子を目に留めると、幼い日の中川さんもこんなふうだったのかしら、と勝手に想像してしまい、微笑ましくて、そこからはもうその子の姿を追うことになっていました。

その後も、今回の公演ポスター&チラシにその画像が用いられた、下村由理恵さん、柳下規夫さんら5人による大人テイストの意欲作『金糸雀(カナリア) 最後に見る夢は…』に至るまで、第1部和田朝子舞踊研究所パートは全7作品、様々なタイプの舞踊作品が並ぶ充実したラインナップで、どの作品にも場内から大きな拍手が送られていました。

*****  *****  *****  *****  *****  *****

20分間の休憩をはさんで、第2部、Noism1(8名)による『Painted Desert』です。「高周波文化ホール」という名前とは関係ないのでしょうが、りゅーとぴあで観るときより音圧が高いように感じられる音響が、会場全体に、休憩前とは全く違う空気感を作り出すと、闇のなか、滑るように緞帳が上がっていきます。
第1部の出演者の家族、親戚縁者、友人、知人も多く含まれていたのだろう会場は、安心して自らを委ねることができるメロディが不在で、代わりに発せられる途切れることのないノイズの渦中で繰り広げられる舞踊に接し、最初、少しそわそわしている感もありましたが、Noism1のメンバーたちがその突出した身体性でねじ伏せていきます。白1色と影だけによる抑圧的、静的な時間が続いたあと、舞台が次々美しい色を纏うようになる頃には、観客たちも揃って自らを作品に同調させることが完了していたようです。

本作のクライマックス、池ケ谷さんと中川さんのお互いコンタクトのみを頼りにした盲目のパドドゥと、その後、目を開いてからのコンタクトなしのパドドゥが、この大きな会場の後方の席でもキチンと見えていたのならいいのですが、そのあたり、どうだったでしょうか。しかし、たとえそれらが判別し難かったにせよ、ふたつの身体が発する緊張感に圧倒されて、客席はみじろきもせず、固唾を飲んで見入るより他ないようでした。

ラスト、池ケ谷さんが口の動きのみでゆっくりとタイトルを伝えると、スルスル下りてくる緞帳。終演。一瞬の静寂の後、鳴りやまぬ大きな拍手。そしてカーテンコール。メンバーから手招きされて、振付家・山田勇気さんが舞台に上がると、喝采は一段大きなものとなりました。

また、客席からは「ブラボー!」の声のほかに、「さとしさ~ん!」という黄色い声も聞かれます。「さすが中川さんの故郷だ」などと感心し、納得していると、今度は舞台上手袖から赤の洋装の女性が大きな花束を手に満面の笑顔で登場し、舞台中央に進み出て、中川さんにそれを手渡しました。若き日の中川さんを指導されていた和田朝子さんです。中川さんがハグを返してまた大きな拍手。「半ズボン」の少年(恐らく)の立派過ぎる凱旋に対して会場中から送られた拍手は心のこもった温かいものでした。「ちょっと遠かったけれど、心温まる、とてもいい舞台だった」、そんな思いを胸に会場を後にしました。 (shin)

8/9(水) NHK-BSプレミアム『京都異界中継』 ご覧になりましたか

2017年8月9日(水)19時からNHK-BSプレミアムで放送された『京都異界中継』

「あなたの知らないもう一つの京都」がある。
夏の夜、京都の街にある「異界」への入り口から
4時間に渡って生中継。
貴船神社、伏見稲荷大社、名だたる伝説の地から送る!

そう銘打たれた NHK-BS この夏屈指の大型企画「スーパープレミアム」、
みなさん、ご覧になりましたか。

放送に先立って井関さんがSNSで、その登場を知らせてくれた3つの時刻、
19時23分、20時45分、そして22時00分をターゲットにしながら、
この日取り上げられた多様な怪異譚「百物語」を追うことで、
歴史が幾重にも折りたたまれた「古都」京都の奥深さを楽しみました。

**********************
以下、ネタバレを含みますので、
この後、録画で番組をご覧になるという方は
ご覧になってからお読み頂きたいと思います。
**********************

以下に、Noism関連パートについて記します。
その一。まず、予告された時間を若干遅れた19時29分、伏見稲荷大社からの中継。
百物語の第七話「柱の穴より 児(ちご)の手がまねくこと」(平安「今昔物語集」より)
女優の中嶋朋子さんが「夜な夜なひらひらひらと手招きする」と語るその奥、
赤い鳥居の間から、スッと直線的に伸ばされた不気味な上向きの右手による手招き。
語りの進行に合わせて、自然な色合いからやがて青みがかった緑色に染まるのは下向きの左手。
「矢を一本ぶすりと穴に突き入れた」の件に至り、
こわばる苦悶のその手は右手だったはずが、やがて左手に入れ替わっています。
なんとも表情豊かな井関さんの手、そして腕。

その二。20時46分、「白狐の住む山」のタイトルからの伏見稲荷大社、再び。
第四十八話「ある男 女狐の化けた美女と会うこと」(鎌倉「古今著聞集」より)
左右に分かれる千本鳥居の手前、赤い衣裳の井関さんと白い面を付けた吉﨑さんが
妖しく絡み、ふわりと妖しく回ります。
「おつきあいすれば、あなたは死にます」と言い出す女。
「あなたの代わりにわたくしが死ねばそれで済むこと」とも。そして女は扇をねだる。
ーーー逢瀬の顛末。広げた扇の下の狐の亡骸、法華経、そして一度だけ夢に現れて消えた女。
夢と現(うつつ)、そのあわいをたゆたう摩訶不思議な感覚。
ラスト、吉﨑さんの面を外し、自ら付ける井関さん。
語りを終えた中嶋朋子さんの背後に留まる井関さんの白い面が
妖しい雰囲気を醸し出したまま締め括られました。

その三。22時00分、「戦国リアル残酷」というタイトルから三たびの伏見稲荷大社。
第八十四話「伏見稲荷炎上」(室町「経覚私要鈔」「応仁記」)
語りは文楽の豊竹咲甫太夫(とよたけさきほだゆう)さん。
このパートの井関さんと吉﨑さんですが、
ちょっと見では、見知ったはずの「人」の身体とは捉え難い、
均整を欠いた禍々しさが目を撃つ姿で登場してきます。
まず、右側の鳥居の奥から、面を付け、黒い布の下に赤い衣裳、剥き出しの両足。
やや体を縮ませた前屈みの姿勢だというだけでなく、
全身のプロポーション中、頭部の存在感が突出した、
異様で、アンバランスな身体で踊る井関さん。
代わって今度は、左の鳥居奥から、やはり面を付け、如何にも偉丈夫な立ち姿ながら、
動きにどこか異様なぎこちなさを漂わせた吉﨑さんが現れます。
ほどなく、彼が体を回転させると、
その動きの異様さは面を後ろ頭に付けていたからだとわかります。
一方、カメラが再度、井関さんを捉えます。すると、「えええっ!?」
ろくろ首のお化けのように首が伸びて、頭部が上方にあがっていくではありませんか。
時を置かず、伸びた首の下にもうひとつ、笑みを浮かべた井関さんの頭部が現れ、
ふたつの頭部が並んで、こちらも種明かし。
伸びた首は井関さんの右腕、上方に移動した頭部はその先にあったことがわかります。
けれん味たっぷりに「異形」が可視化されるパートでした。

以上、井関さんと吉﨑さんの登場シーンは合わせても10分程度の短いものでしたが、
3つが3つとも肌合いを異にするパフォーマンスだったことで、大いに楽しめましたし、
4時間の生中継のなかで、際だって「異界」を見せてくれていたように思いました。
私は、特に3番目(第八十四話)、「異形」が生々しく顕現する様にゾッとさせられました。
みなさんはどうご覧になりましたか。 (shin)

Noism2『よるのち』楽日、1日2公演を満喫

2017年6月25日(日)、Noism2特別公演『よるのち』楽日。
この日は早くから購入していた18:00の回に加えて、
頑張って20:00の回の当日券も手に入れ、2回観てきました。
否、単に観るだけの側が「頑張って…」などと書いたりするのは、
ホントおこがましいくらいに、大熱演の2公演でした。

前日(中日)18:00の回を観て帰路に着く私の心に、
何か後ろ髪を引かれるような思いが残ってしまっていたのです。
その正体とは、あれだけの舞台を1時間後にもう一度上演するなら、
「本当の『よる』」の時刻に『よるのち』を観てみたい、という血の騒ぎ。
同時に、20:00の回を見ようと入場していく人たちへの嫉妬心に似た気持ち。
それは、私だけでなく、多くの人に共通するものだったようです。
楽日、2公演の客席には、同じ顔ぶれが何人も見受けられたことが
如実にそれを物語っていました。
平原慎太郎さんと若き8人の「吸血鬼」に
嬉々として自らの血を差し出そうとする
まさに「被吸血鬼」の群れと言えそうです。(笑)

さて、話は少し脇へ逸れますが、
数多の「吸血鬼」もの映画が描いてきた、最も恐ろしい場面といえば、
いたいけで疑いを知らぬ美少女を捉えたカットに
背後から「吸血鬼」がフレームインしてくる場面と言い切って
間違いないでしょう。
そのシーンを成立させているのは、情報のギャップです。
「誰が『吸血鬼』なのか」という情報に辿り着けずにいる少女を、
とりあえず情報を手にし得る立場にある観客が見詰めることで、
そこにサスペンスが生まれることに説明は不要でしょう。

今回の『よるのち』の観客についてはどうでしょうか。
選んだ席によって見える場面もあれば、見えない場面もある。
それがかなり重要な鍵を握る場面であったとしてもです。
それこそまさに情報のギャップ。
私たち観客も、安穏として観ていられなかった筈です。
つまり、作品世界の時空が、私たちの現実世界を巻き込み、
浸食して拡がっていたのだと言えます。
私たちは作品の後半、鳥羽絢美さんが操る「妖力」の類いに
しっかり捉えられてしまっていたのではないでしょうか。
そのため、何度も進んで自らの血を差し出そうと
あの洋館に通い詰めた(或いは、通い詰めたくなった)のです。

初夏の怪奇譚。
全5公演中の4回、
彼女たちが示した、研修生カンパニーという以上の
見事なパフォーマンスを心ゆくまで堪能しました。
(細かいことですが、楽日20:00からの公演を観て、
早い回と遅い回とでは、カーテンの使い方が
違っていることも確認できましたし。)

しかし、あの「吸血鬼」たちであれば、
「またすぐにでも血を差し出したい」と、
なかなか血のたぎりが鎮まらないのは私だけではない筈です。(笑)
再演は難しいかも、ですけど。 (shin)