1/15『Duplex』メディア向け公開リハーサルに行ってきました

本日1月15日(金)、小正月。この時期には珍しく晴天で、気温も上がり、雪も少しは消えたでしょうか。 りゅーとぴあスタジオBで、メディア向け公開リハーサルと囲み取材が行われました。

公開リハは、森優貴さん新作『Das Zimmer』の冒頭部分でした。 森さんが細かく細かく指示を出しながら少しずつ進み、短い区切りで通します。ピアノのメロディが印象的です。 ヨーロッパ調のシックな衣裳を身に纏ったNoism1メンバー。指示に応えて何度もやり直します。 森さんの思い描くドラマにどこまで肉薄できるのか! 3,4シーン進んだところで時間切れになり、囲み取材です。

囲み取材は森さんと金森さん。 質問に応えての内容は概ね次の通りです。

森さん

  • どこまでが真実で、どこまでが架空なのか。不安と希望の狭間を生きる人の思いや感情を表したい。
  • 言葉は大切。動き一つ一つが言語であり、ダンサーたちには話すように動いてほしいと思う。
  • 『Das Zimmer』は「部屋」という意味。舞踊には、空間、場所、人が集まることが必要だが、それはすべて「いけないこと」になってしまった。 しかし「部屋」は破壊されない限り、そこに残っている。そこに存在していたという事実を残したいという思いがある。
  • 自分が帰国して、Noismに振付した(『Farben』)のが約1年前。そして、その1年前から日本にも新型ウイルスが忍び寄ってきていた。それから全ては変わり、自分の中にも壁ができてしまった。今回、前と同じメンバーがいるのはうれしいが、前年に引き続きという気持ちはない。前は前、今は今。こうして りゅーとぴあという劇場が機能し、リハーサルができていることは奇跡に近い。

金森さん

  • 今回、武満徹さん作曲の雅楽『秋庭歌一具』で創作した新作『残影の庭』は、ロームシアター京都の事業(依頼)によるもの。ロームシアターでの初演は伶楽舎との共演であり、舞台も大きかったが、スタジオ公演では同じ作品でも趣は違ってくる。舞踊のエッセンスがより凝縮されたものになると思う。
  • 目に見えているものは過ぎ去りし時の名残り。それは、感染症がもつ特殊な性格と同じで、時間を遡っていくものであり、今をどう過ごすかが未来に現れる。
  • 雅楽との共演は手応えがあった。その成果を「その先の芸術」として将来の作品に反映できればと思う。
  • この時節、自分たちは恵まれている。今後の文化芸術に影響を与える作品を創っていきたい。
取材に応じる森優貴さん(左)
と金森さん

新型ウイルスの影響は、計り知れないものがあります。無事の開幕を祈ります。

*翌日(1/16)の活動支援会員対象公開リハーサルに関しては、こちらからどうぞ。

(fullmoon)

祝!井関佐和子さん受賞「第2回 新潟女性活躍アワード2020」授賞式に行ってきました♪

井関さん、受賞おめでとうございます!!

12月20日(日)17:30~ ホテル日航新潟で開催の授賞式。雪がちらつく寒波の中、約100名の方が集まり、6名ずつの円卓に着席、静かに熱く、そして豪華に、お祝いの宴が繰り広げられました。詳細はNoism公式レポート(https://noism.jp/reports/niigatabijin2020/ )、井関さんのツイッター等をご覧ください。

「舞踊家 井関佐和子を応援する会 さわさわ会」&「NoismサポーターズUnofficial」では、井関さんにスタンド花と花束をお贈りしました♪

サポーターズとさわさわ会からのお花に笑顔の佐和子さん

司会はお笑い集団NAMARA代表の江口さんと、篠笛奏者の田村優子さん。オープニングは田村さんのしっとりとした篠笛演奏♪ 主催者挨拶(新潟美人実行委員会代表 栗山靖子さん)に続き、中原市長はじめ来賓の方々の祝辞、祝電披露、選考委員(12名)紹介、選考委員長(とまつ衣裳店 戸松茂雄さん)の講評、そして受賞者3名の表彰。 受賞者表彰のプレゼンター、昨年の受賞者のおひとり古町芸妓のあおいさんから3名の受賞者に記念の楯が贈られました。

スピーチに立つ佐和子さん

そして受賞者挨拶。井関さんは高知出身ですが、新潟に住んで16年になります。新潟の女性として認められ、表彰された喜びと感謝を述べられました。そして、『井関佐和子「新潟女性活躍アワード2020」受賞特別ムービー』を上映! 3分の間に次々と名場面が上映されます!youtubeにアップされた動画をご覧下さい。 https://www.youtube.com/watch?v=1IrSRfRCZgA こちら、無音になっていますが、当日は音響もバッチリで、ため息が出るような美しさに、皆さんうっとり♪

受賞者3名の挨拶のあとは特別賞の公益社団法人 新潟県看護協会の表彰・挨拶。代表の方は医療現場の厳しい現状を切々と述べられました。代表の方の後ろにいらっしゃる3万人の看護職の方々に、全員が起立して感謝の拍手を送りました。

授賞式が終わると、ステージには素早く金屏風が立てられ、新潟古町芸妓の舞が始まりました。地方さんの唄と三味線で、あおいさんが踊ります。そしてもうひとり振袖さんも踊りに加わり、会場は華やかな雰囲気に。

ここまで約1時間ほど。ディナー(フルコース)が始まります。乾杯酒は、昨年受賞のおひとり小畑留美子さんご提供の佐渡小畑酒造「真野鶴」。静かに静かに小声で乾杯します。円卓の隣りの人とは透明アクリル板で仕切られています。ドリンク類は、水・お茶はペットボトルがテーブルに置かれていますが、アルコール類は取りに行き、瓶ビール・お銚子は手酌です。ワインは岩の原ワインさんから「深雪花」、赤白グラスでご提供。

祝宴のメニュー♪

ディナーが始まってすぐ、ステージに注目! 新潟出身の、ハープ山宮るり子さん・フルート金子由香利さんの演奏が始まります。プロとして活躍中のお二人、素晴らしい演奏です♪ その後は、ものづくりや園芸関係の人たちのお話が続きます。 20:00になると、選考委員のおひとりエステティシャンの庭山仁美さんの迫力ある一本締めで終宴。

これで流れ解散かと思いきや、会場は照明が落ち、ステージに歌手のアマリアさんが登場!楽しいクリスマスソングに場が和みます♪ 楽しい気持ちで閉会。

この時節、大人数の会はどうなのだろうかとも思いましたが、感染症対策への配慮が行き届き、参加者も節度を持って行動していたと思います。 会員さんや、おなじみの皆さんともお会いできて楽しい会でした。 主催者の皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました!

パチリ、記念撮影♪

(fullmoon)

りゅーとぴあマガジンに、shinさんご家族 登場!

2020年10月1日発行のRYUTOPIA MAGAZINE vol.62 2020 Autumnに、我らがshinさんとご家族が登場しました(写真はshinさんだけ)! 「偏愛、Noism」のコーナー、7ページです♪ ぜひご覧くださいね!!

(fullmoon)

Noism2定期公演vol.11 初日!

*今も列島に甚大な被害をもたらし続けている「令和2年7月豪雨」。被災された方々に心よりお見舞いを申し上げますと同時に、一日も早く平穏な日常が戻ってきますようお祈り申し上げます。

2020年7月10日(金)19時のスタジオB。本来ならば、3月6,7,8日に開催されるはずだったNoism2公演。まずは本日、無事 初日が明けたことを喜びたいと思います。

とはいえ、観客はもちろんマスク着用+消毒・検温があり、座席はソーシャルディスタンスで予想以上の席数減(わずか35席)! たくさんの人に観てほしいのに…(涙)

開場前はいつも人で溢れるスタジオBのホワイエも、寂しいほどひっそりとしています… それにアフタートークも中止とのこと。残念です。

さて、開演! Noismレパートリーから、劇的舞踊『ホフマン物語』(2010年)より、『Nameless Handsー人形の家』(2008年)より、『NINA-物質化する生け贄』(2005年)より、が続けて上演されます。(20分)

目の前で躍動する眩しい身体に重なって、これらの作品を踊った何人ものメンバーたちの姿が思い出されます。

休憩15分の後は、山田勇気さんの新作『黒い象/Black Elephant』(45分)。この作品は、「私たちは何を見た/触れたのか」ということが主題になっているそうです。

ドキッとする幕開け。暗く深い闇の舞台でうごめくメンバーたち。観客は盲人になったかのようです。夢の中のような音楽(On Time Out of Time)が絶えず流れ、明るい音楽の中間部がありますが、静かに終わります。

惜しみない拍手! 『春の祭典』公開リハーサルにも出演したNoism2メンバー。一段と逞しさを増したようです♪ 4回公演もチケット完売です。座席数が少ないのが本当に残念です。 

明日からは 真打ち、shinさんが登場しますよ♪ どうぞお楽しみに!

(fullmoon)

Noism2公演 7月に延期

3月6,7,8日に予定されていたNoism2公演が7月に延期になりました。残念ですが楽しみに待ちましょう。

■Noism2定期公演vol.11

7/10(金)19:00

7/11(土)14:30/18:00

7/12(日)14:00

※全4回

「当初5公演 → 4公演に変更となるため、3月の公演チケットは払戻しになります。

チケットの払い戻し、延期公演のチケット発売日につきましては、詳細が確定しだい、Noismウェブサイトにてお知らせとなります。

ご購入のチケットについては大切に保管をお願いいたします。

※3月公演のチケットは7月公演にはお使いいただけませんのでご留意ください。」

Noismウェブサイト:

【公演延期のお知らせ】Noism2定期公演 vol.11

https://www.ryutopia.or.jp/information/news/15157/

(fullmoon)

Noism2定期公演vol.11 公開リハーサルに行ってきました!

春まだ浅い2月末。陽が差したり、曇ったり、雪が舞ったりと、冬の終わりらしいお天気の新潟市。

2/27(木)、りゅーとぴあスタジオBでのNoism2公開リハーサル(メディア+活動支援)に行ってきました。

■プレスリリース:https://noism.jp/noism2定期公演vol-11-プレスリリース/

Noism2リハーサル監督 山田勇気さん4年ぶりの新作となる『黒い象/Black Elephant』!

見応えあります!!

「研修生」とは言わせないゾ!という、メンバーと山田監督の意気込み・気迫が伝わってきます!

それもそのはず、現在のNoism2メンバーは、今年21歳(1名)、22歳(2名)、23歳(2名)、24歳(3名)になる8名です。まだまだ若いですが年齢的には大人。いつまでも、青春まっただなか、ではいられません。

これまでホワイトのイメージが強かった山田勇気Noism2ですが、今回はブラック。

これまでとは違う、大人なNoism2を感じました。 ぜひご堪能ください!

■山田勇気さん囲み取材より

「暗闇の象」「群盲の象」の故事を現代社会のことのようにずっと感じていた。創作のきっかけではあるものの、象は比喩。

・真実はひとつなのか、たくさんあるのか。

・黒い空間の中でいかに人間が光るか。

・触れること、見ること、を意識して創作した。

・黒い布を被っての移動はゾウではなくゴースト(お化け)。

・四つん這いの動きは動物というよりは、理性とは逆の本能的なもの。

・本番までの課題としては、今やっていることに対して、どのくらい理解し、感じているかということ。無意識に動いている時が多い。ある程度骨格ができたので、自分も含め、何をやっているのかわかって踊れるように熟していきたい。

・今のメンバーとは、お互いに特に遠慮もなく、自分と距離が近いと思う。

・創作を4年間休んでいたので、今回は落ち着いてやりたいことをやれた。

・音楽は、William Basinskiの「On Time Out of Time」。(ブラックホール同士の衝突をイメージした音楽だそうです。神秘的な曲。)

物事の本質を突いてくる、山田勇気さんの新作。メンバー一人ひとりの熱演も見どころです。どうぞお楽しみに!

同時上演の、山田勇気演出、金森穣振付Noismレパートリーは、劇的舞踊『ホフマン物語』、『Nameless hands ―人形の家』、 『NINA―物質化する生け贄』 より。こちらも楽しみですね♪

◆Noism2定期公演  https://noism.jp/npe/noism2_teiki_vol11/

3/6金 19:00 (前売チケット完売)

3/7土 14:30/18:00

3/8日 13:30/17:00  ※全5回

会場:りゅーとぴあ スタジオB

料金:2,000円(入場整理番号付自由席)

問い合わせ:チケット専用ダイヤルTel: 025-224-5521(11:00-19:00, 休館日除く)

※夕方の回は3回とも終演後に金森さん・山田さんによるアフタートークがあります。

不穏なウィルス状況ですが、新潟県は感染者ゼロ。公演は今のところ開催予定です。寒さもウィルスも吹き飛ばす Noism2公演、どうぞお運びください。

(fullmoon)

*同公演は、残念ながら延期が発表されております。こちらの記事も併せてご覧ください。

埼玉公演開幕!!

2020年1月17日(金)。待ちに待った埼玉公演、その初日!ああ、本当に行ってよかった!!新潟公演もとてもよかったけど、ますます素晴らしい。”極上”という言葉が浮かび上がります。堪能させていただきました。贅沢〜♪ 

この舞台をあと2回も観られて幸せでもあり、2回しか観られなくて残念でもあり・・・でもうれしい。生きていることを実感する。 

【余談】 今日の席はB列、つまり2列目なのですが、なんと、A列は撤去されていて、思いがけず最前列で観せていただきました♪

(fullmoon)

2月「Noism Company Niigataを応援する会」開催♪

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

昨秋、懸案だった活動延長も無事決まり、良い年越しができました。そして来る2月、その喜びのまま、標記の会が開催される運びとなりました。

新潟各界の方々にお声掛けしています。Noism活動支援会員、Noismサポーターズ会員、さわさわ会会員の方はどうぞご参加ください♪

詳細は以下の通りです。

「Noism Company Niigataを応援する会」

 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 さて、このたび りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館が運営する、国内唯一の公共劇場専属舞踊団『Noism Company Niigata(ノイズム・カンパニー・ニイガタ)』の2022年8月までの活動継続が決まりました。

 つきましては、これをお祝いするとともに、Noismの活動の更なる発展を願い、下記のとおり「Noism Company Niigataを応援する会」を開催したいと存じます。

 当日は、金森穣Noism芸術監督をはじめ、ダンサー、専属スタッフの皆さんからご参加いただくとともに、Noismの活動継続を決断された中原市長からもご出席いただく予定となっておりますので、本会の趣旨にご賛同いただき、多くの皆さまからご参加いただきますよう心よりお願い申し上げます。

発起人:  さわさわ会 会長/新潟・市民映画館 シネ・ウインド 代表 齋藤 正行

新潟商工会議所 会頭 福田 勝之

新潟経済同友会 代表幹事 山本 善政

新潟総踊り祭実行委員会 副実行委員長 能登 剛史

NoismサポーターズUnofficial 事務局長(代表) 越野 泉

  • 日時  令和2年2月2日(日)午後5時30分
  • 場所  新潟 ジョイア・ミーア -Gioia Mia Niigata-  (新潟市中央区東堀通7番町1016-1)
  • 会費  5,000円(立食パーティー形式)

お申込み・お問い合わせ: お手数ながら、当ホームページお問い合わせフォームからご連絡ください。Contact:  http://noism-supporters-unofficial.info/contact/

・・・以上です。

「Noism第2章」の幕開けを盛大にお祝いしたいと存じます。どうぞご検討ください。

(fullmoon)

Noism1メンバー出演! 好天に恵まれたUTOPIAファッションショー第2弾♪

11月24日(日)14時/17時半、新潟市関屋浜 Sea Point NIIGATAで開催された、UTOPIA2020春夏コレクション。

この時期の新潟の海っていつもなら。。。。。

【寒くて荒れている(?)】というイメージなのですが、この日は晴れて暖かく波も穏やか、気温は22度越え!

私は17時半の回に行きましたが、ホントに春夏の陽気で、夜になっても寒くない♪

14時の回はさぞ海がきれいだったことでしょう。

17時頃の海はうっすらと明るく、薄闇の中、会場付近にキャンドルがた~くさん灯っていて、すごくきれいでした(キャンドルは夜だけのお楽しみ)♪

靴を脱いで会場に入ると、通路を挟んで左右に部屋があり、右側は椅子席、左は床席です。通路には階段があります。左右の部屋を行き来してショーが進められるようです。階段や遮蔽物があるため、反対側の部屋の様子はほぼ見えません。

「汽船去る波打ち際」と題されたショー。春夏の海風に吹かれて船中の物語が始まります。

時間になると明りが落ち、照明は青い暗いライトに。夜の海でしょうか。薄暗闇の中、通路の奥からチャーリー・リャンさんと池ヶ谷奏さんが静かに登場し、左右の部屋へ分かれます。聞えてくる音楽はエリック・サティのジムノペティ。置いてあったトランクを持ち、二人は部屋を入れ替わり、トランクを枕にしてしばし横になり瞑想。ほどなくして場内は明るくなり音楽も変わり、池ヶ谷さんとリャンさんは左右の部屋でそれぞれ踊ります。池ヶ谷さんは、紺色の亀田縞のシャツ・パンツですが、半袖シャツの袖部分~背中の一部は五泉ニットのレースが使われています。お米ボタン。池ヶ谷さんは髪を一部赤く染めていてとてもきれいです。リャンさんは亀田縞生成りボーダーの上下です。

そのあと、ジョフォア・ポブラヴスキーさん(生成り上下 一部水色ボーダー、パンツの一部が小千谷縮みか)、井本星那さん(生成り上下、ノースリーブの上に羽織っているのが袖なしの小千谷縮み)、鳥羽絢美さん(黄色の五泉ニット上下、スカートはニットレース)が登場します。

メンバー5名が左右の部屋でそれぞれソロを踊ったので、見ているこちらは大満足♪

井本さん、鳥羽さんはUTOPIAラベルの袋に入ったえびせんをカモメにあげる仕草をしたり自分も食べたり、観客とも少し絡みます。二人ともとてもきれいでかわいらしかったです♪

ジョフォアさんは左の部屋でしばらく横になって、鳥羽さん、井本さんを眺めていたようですが、いよいよ踊り始めると、何か苦しいような、奇妙な動きの踊りを見せてくれました。存在感がありました。

そして、踊りの合間には数人のモデルさんたちが登場して、コレクションを披露します。そのモデルの一人に、なんと新メンバーのタイロン・ロビンソンさんが! 亀田縞の上下、紺色の長めの上着を羽織って、素敵ないでたちでした。

「旅する衣」をイメージしたUTOPIAファッション。今回は陸を離れ海へ。そして次の陸地へ。船に乗り込む人たち。それぞれの気持ちや思いを持って船の中の時間を一人で過ごし、また、他の人たちとも関わります。出会いと別れ。そんな想像や妄想が容易に膨らむ、踊りとファッションで綴る夢のような物語。

最後のシーンは、宴が終わったような静けさの中、再びのジムノペティ。最初と同じ青い暗い照明の中、池ヶ谷さんと(おそらく向こう側はチャーリーさん)がトランクを枕に横になり瞑想しています。

出演したNoism1メンバー5名

会場設定がぴったりでした。

前回の「オドルフク」に続き、大盛況、大成功おめでとうございます!

スタッフが大勢いました。その一人として、西澤麻耶さんもお手伝いしていたので付け加えておきますね♪

また次回、とても楽しみです。

(fullmoon)

『クワトロ フロマージュ』、…あの日、Noism2で…

夏の終わり、8月31日 、土曜日の夜。

新潟市中央区のコーヒーショップ「器(UTSUWA)」で、ダンス公演『クワトロ フロマージュ Quattro Fromage』が開催されました。

2016年9月から2018年7月までの2年間を Noism2 で共に過ごした5人のダンサーたちによる自主公演。

その5人。片山夏波さん (元 Noism 準メンバー)、門山楓 さん(元 Noism2)、西澤真耶さん (Noism1)、牧野彩季さん (元 Noism2)、三好綾音さん (Noism 準メンバー) です。

このメンバーだと『よるのち』(2017年6月)、『私を泣かせてください』(2018年1月) の印象が強いでしょうか。または、酷暑の『ゾーン』(2018年7月)を思い出される方も多いかもしれませんね。

この一夜限りの公演は、片山さん発案の企画で、東京に行く前、最後に、2年間一緒に闘った仲間たちと新潟で踊りたいという思いから、「器」のマスターに頼んで、実現したものなのだそうです。

バッハのピアノ曲ほか、さまざまな音楽で、さまざまな組み合わせで踊る彼女たち。三好さんはピアノ演奏もしていました。

約40分の作品。フィナーレは全員で。

終始、瑞々しい情感が溢れていました。

(fullmoon)